トピックス

GWに行きたいソウル首都圏の注目イベント9選

  • Tag Event
  • 日付2018/04/24
  • Hit6680

今年も大型連休が近づいてきました!ゴールデンウィークを韓国で過ごされる方のために、この時期にソウル首都圏で開催されるイベント情報を集めました。宮中イベントや陶磁器祭り、花博など、この時期ならではのイベントが目白押しです!韓国で何をするかまだ決めていない方はぜひチェックしてみてください。※イベント情報は開催日順です。

1.威厳漂う宮中文化再現イベント「守門将交代儀式」

景福宮の守門将交代儀式

朝鮮時代の宮殿である景福宮(キョンボックン)徳寿宮(トクスグン)では、門の前で「守門将(スムンジャン)」の交代儀式が行われており、無料で見ることができます。守門将は鮮やかな原色の衣装が印象的。儀式終了後は守門将と並んで記念撮影も可能です。

景福宮守門将交代儀式

  • 時間:10:00~10:20、14:00~14:20/火曜日休演
  • 会場:景福宮光化門
  • アクセス:ソウル地下鉄3号線「景福宮(キョンボックン)駅」5番出口
  • 景福宮では他に光化門把守儀式、守門軍公開訓練も行われます。
  • 韓国文化財財団ホームページの守門将交代儀式案内(日本語)

徳寿宮守門将交代儀式

※公演時間は変更されることがあります
※雨天中止、極寒期・極暑期中止

2.週末が待ち遠しい!ソウルパムトッケビナイトマーケット

ソウルパムトッケビナイトマーケット

ハンドメイド作品や世界の食べ物など、週末になると屋台がずらりと並ぶソウルパムトッケビナイトマーケット。汝矣島漢江公園、盤浦漢江公園、東大門デザインプラザ(DDP)など、どの会場にも地下鉄で行けるのでアクセスも便利!

ソウルパムトッケビナイトマーケットのVisit Koreaニュースはこちら!⇒ソウルの夜をもっと楽しく!「2018パムトッケビナイトマーケット」オープン/イベント詳細が出ている公式ホームページはこちら!⇒ソウルパムトッケビナイトマーケットホームページ(日本語)

ソウルパムトッケビナイトマーケット

  • 期間:2018年3月30日(金)~10月28日(日) ※開催日は会場ごとに異なります
  • 会場:汝矣島漢江公園、盤浦漢江公園、東大門デザインプラザ(DDP)、清渓川、文化備蓄基地(ソウル特別市)

3.景福宮で王家のデザートが味わえる「生果房」

宮中餅菓(写真提供:韓国文化財財団)

景福宮に行ったならぜひ訪れてみたいのが生物房(センムルバン)です。生物房とは朝鮮時代に王家のデザートを作っていた殿閣で、ここで生果房(セングァバン)イベントが開催されています。イベントは有料の「薬茶&餅菓(餅と菓子)試食体験」と、無料の「宮中料理(餅菓)体験」「生果房宮中音楽会」があります。景福宮で歩き疲れたらここで優雅にティータイムを楽しんでみては?

■景福宮生果房(会場:景福宮生物房)

  • ①薬茶&餅菓試食体験
  • 期間:2018年4月4日(水)~11月30日(金) 10:00~17:00(火曜日休園/2018年4月28日(土)~5月6日(日)は休園日なし)
  • メニュー:宮中薬茶(6種のうちから1つ)5,000ウォン(茶菓子付き)、伝統薬茶(2種のうちから1つ)5,000ウォン(茶菓子付き)、伝統韓菓10,000ウォン、宮中餅菓20,000ウォン
  • ②宮中料理(餅菓)体験
  • 期間:2018年4月20日(金)~6月10日(日)、8月17日(金)~10月7日(日)の金曜日・土曜日・日曜日/1日3回(14:00、15:00、16:00)/所要時間30分
  • 申し込み方法:現地にて申し込み(毎回15人限定)
  • 料金:無料
  • ③生果房宮中音楽会
  • 期間:2018年4月6日(金)~5月27日(日)、9月1日(土)~9月30日(日)の金曜日・土曜日・日曜日/1日2回(12:20~12:50、13:20~13:50)
  • ※火曜日休園(2018年4月28日(土)~5月6日(日)は休園日なし)
  • 料金:無料
  • ※生果房のイベントに参加するには景福宮への入場料が別途必要です。景福宮の観覧時間や入場料はこちら
  • アクセス:ソウル地下鉄3号線「景福宮(キョンボックン)駅」5番出口
  • 韓国文化財財団ホームページの生果房案内(韓国語)

4.王の即位式などが行われていた「昌徳宮仁政殿」内部観覧

仁政殿内部(写真提供:文化財庁)

ユネスコ世界遺産である昌徳宮(チャンドックン)の正殿「仁政殿(インジョンジョン)」の内部を4月から10月まで特別に観覧できます。仁政殿は王の即位式や外国使臣の接見など、公式的な儀式が行われたところです。観覧希望者は当日現地で申し込み、ガイドとともにめぐります。

■昌徳宮仁政殿内部観覧

  • 期間:2018年4月~10月の木曜日・金曜日・土曜日
  • 申し込み方法:現地にて申し込み(受け付けは仁政殿の左側。観覧20分前から申し込み可能)
  • 観覧時間:10:30(英語)、11:00(韓国語)、14:00(韓国語)、14:30(韓国語)/所要時間20分
  • ※10:30の回は外国人を対象としており、人数制限はありません。10:15から始まる昌徳宮の英語ガイドツアーが10:30に仁政殿に到着し、一緒に内部を観覧します。10:15からの英語ガイドツアーに最初から参加するか、10:30までに仁政殿に行って内部観覧の申し込みをし、英語ガイドツアーの一行が来るのを待ちます(申し込み場所は仁政殿の左側。観覧20分前から受け付け)。
  • ※11:00、14:00、14:30の回は韓国人優先で毎回30人限定
  • ※雨天中止
  • ※室内に飲食物持ち込み禁止
  • ※室内の写真撮影は可能ですが、フラッシュは禁止
  • ※裸足は入室不可
  • ※室内で寝そべったり、他の人の迷惑になるような行為をしたりした場合は退場となります
  • 料金:無料(昌徳宮への入場料は別途必要です。昌徳宮の観覧時間や入場料はこちら
  • アクセス:ソウル地下鉄1・3・5号線「鍾路3街(チョンノサムガ)駅」6番出口より徒歩10分。またはソウル地下鉄3号線「安国(アングク)駅」3番出口より徒歩5分。
  • 文化財庁昌徳宮ホームページの仁政殿内部観覧案内(韓国語)

5.気分は朝鮮時代!韓国民俗村朝鮮文化祭り「朝鮮時代へようこそ」

韓国民俗村朝鮮文化祭り「朝鮮時代へようこそ」

朝鮮時代へようこそ」は個性的なキャラクターのいる朝鮮時代にタイムトリップするという韓国民俗村の春の恒例イベント。観光客が参加できるパフォーマンスや、朝鮮時代の生活文化体験など、楽しいイベントがもりだくさん!地下鉄1号線「水原(スウォン)駅」から韓国民俗村まで無料シャトルバスが出ているのでそれを利用すると楽に行けます(水原駅⇒韓国民俗村は1日3本、韓国民俗村⇒水原駅は1日2本なので出発時刻は要確認)。

韓国民俗村ホームページの「朝鮮時代へようこそ」(日本語)
韓国民俗村ホームページのアクセス情報(日本語)

■韓国民俗村朝鮮文化祭り「朝鮮時代へようこそ」

  • 期間:2018年4月7日(土)~6月24日(日)
  • 会場:韓国民俗村(京畿道 龍仁市)

6.すてきな焼き物が一堂に揃う利川陶磁器祭り

利川陶磁器祭り

利川(イチョン)陶磁器祭りは約1000年の陶磁器美術の歴史を持つ利川地域で開かれる代表的な陶磁器祭りです。焼き物の展示即売が行われる陶器市や、ろくろ・絵付け体験など、様々な催しが行われます。

■利川陶磁器祭り

  • 期間:2018年4月27日(金)~5月13日(日)
  • 会場:利川陶磁芸術村(京畿道 利川市)
  • 入場料:無料
  • アクセス
  • 祭り期間中、無料シャトルバスを2路線運行。
  • ①利川総合バスターミナル⇔祭り会場
  • ②京江線(首都圏電鉄)「新屯陶芸村(シンドゥンドイェチョン)駅」⇔祭り会場
  • 利川陶磁器祭りホームページのシャトルバス詳細(韓国語)

7.花の香りいっぱいの高陽国際花博覧会

高陽国際花博覧会

花好きな人におすすめしたいのがこの高陽(コヤン)国際花博覧会。36ヶ国・約320の花卉関連機関・団体・企業が参加するこの博覧会では、世界の花や、花の最新トレンドを知ることができます。展示場は屋内と屋外があり、屋内には世界花卉交流館が設けられ、屋外にはワールドフラワーフェスティバル、チューリップ庭園、カラフルフラワーランドなどの様々な庭園がつくられます。

■高陽国際花博覧会

  • 期間:2018年4月27日(金)~5月13日(日)
  • 会場:一山湖公園(京畿道 高陽市)
  • 入場料:当日12,000ウォン、特別割引(外国人)8,000ウォン(パスポートか外国人登録証持参)
  • アクセス:ソウル地下鉄3号線「鼎鉢山(チョンバルサン)駅」1番出口より徒歩10分

8.神秘的な古宮が鑑賞できる景福宮・昌慶宮夜間特別観覧

夜の景福宮

普段、夜間は古宮に入れませんが、毎年期間限定で景福宮昌慶宮(チャンギョングン)夜間特別観覧が行われており、ライトアップされた美しい古宮を鑑賞することができます。今年は4月28日(土)から11月3日(土)まで毎月第3・4週に夜間特別観覧が行われます(初日の4月28日は昌慶宮のみ夜間観覧可能)。チケットは先着順となっており、入場者多数によりチケット完売となってしまうこともありますのでご注意ください。なお、徳寿宮では常時、夜間観覧が行われています。

■景福宮夜間特別観覧

  • 日時(ゴールデンウィーク中):2018年4月29日(日)~5月6日(日)19:00~21:30(入場は20:30まで)
  • 上記期間以外の開催についてはこちら
  • ※火曜日休園(2018年4月28日(土)~5月6日(日)は休園日なし)
  • 料金:3,000ウォン
  • チケット購入方法:現地にて購入
  • ※外国人の場合1日先着500名、1人4枚まで購入可能、パスポートか外国人登録証持参
  • アクセス:ソウル地下鉄3号線「景福宮(キョンボックン)駅」5番出口

■昌慶宮夜間特別観覧

  • 日時(ゴールデンウィーク中):2018年4月28日(土)~5月6日(日)19:00~21:30(入場は20:30まで)
  • 上記期間以外の開催についてはこちら
  • ※月曜日休園(2018年4月28日(土)~5月6日(日)は休園日なし)
  • 料金:1,000ウォン
  • チケット購入方法:現地にて購入
  • ※外国人の場合1日先着300名、1人4枚まで購入可能、パスポートか外国人登録証持参
  • アクセス:ソウル地下鉄4号線「恵化(へファ)駅」4番出口300メートル直進⇒横断歩道を渡って左側の道を300メートル直進

■徳寿宮常時夜間観覧

  • 日時:火曜日~日曜日9:00~ 21:00(入場は20:00まで)
  • ※月曜日休園(2018年4月28日(土)~5月6日(日)は休園日なし)
  • 料金:大人1,000ウォン
  • ※夜間も一般観覧料金で入場可能
  • ※韓服着用者は無料
  • アクセス:ソウル地下鉄1・2号線「市庁(シチョン)駅」1番・2番出口

9.宗廟大祭など、多くのイベントが開催される宮中文化祝典

宗廟大祭

宮中文化祝典は4大古宮(景福宮・昌徳宮・昌慶宮・徳寿宮)と宗廟で開催される文化芸術祭りです。2018年4月28日(土)~5月6日(日)の期間中、様々なイベントが繰り広げられます。主なイベントは下記の通りです(宮中文化祝典のイベント詳細が出ている公式ホームページはこちら(韓国語))。

※宮殿内、宗廟内で開催されるイベントは別途入場料が必要です。
※宮中文化祝典期間中、無料シャトルバスが運行されます(詳細はこのページの最後に記載)。
※宮中文化祝典期間中、4大古宮&宗廟は休園日なし

景福宮

■開幕祭

  • 日時:2018年4月28日(土)19:30 
  • 会場:景福宮興礼門前
  • 内容:宮中文化祝典の幕開けイベント。予約不要、当日先着順入場(1,000席)。

■景福宮古宮音楽会

  • 日時:2018年4月28日(土)~5月3日(木)15:30
  • 会場:景福宮修政殿
  • 内容:フュージョン国楽、室内楽演奏グループによる公演。

■王家の散策

  • 日時:2018年4月28日(土)~5月4日(金)10:30、14:00
  • 会場:景福宮内
  • 内容:東宮殿、慶会楼、勤政殿など、景福宮内を散策する王家の姿を再現。

■世宗大王子胎室胎奉安儀式

  • 日時:2018年5月2日(水)14:00
  • 会場:景福宮交泰殿、康寧殿など
  • 内容:世宗大王の胎(へその緒と胎盤)を胎室に奉安する儀式の再現。

■王と王后の輝く瞬間

  • 日時:2018年4月28日(土)~5月6日(日)9:30~21:30(19:00以降は夜間特別観覧のチケットで入場した方のみ観覧可能)
  • 会場:景福宮勤政殿の回廊
  • 内容:王室女性の韓方美容体験(9:30~17:30)、フォトゾーン、服飾展示など。

■奚琴特別公演「王后の宴会」

  • 日時:2018年5月4日(金)~5月6日(日)15:30~16:00
  • 会場:景福宮康寧殿
  • 内容:王家の宴会場所であった康寧殿で開催される奚琴(ヘグム)公演。

景福宮へのアクセス:ソウル地下鉄3号線「景福宮(キョンボックン)駅」5番出口

昌徳宮

■楽善斎花階 小さな音楽会

  • 日時:2018年4月29日(日)~5月6日(日)14:00、16:00
  • 会場:昌徳宮楽善斎花階
  • 内容:楽善斎(ナクソンジェ)の裏にある花階(階段状になった花壇)のところで毎日様々な演奏が行われます。

■王室内医院韓医学体験

  • 日時:2018年5月2日(水)~5月6日(日)10:00~17:00
  • 会場:昌徳宮誠正閣
  • 内容:韓医者と韓医大の学生による韓医学体験イベント。脈診をしてカッピング、鍼、推拿療法などを行います(無料)。

昌徳宮へのアクセス:ソウル地下鉄1・3・5号線「鍾路3街(チョンノサムガ)駅」6番出口より徒歩10分。またはソウル地下鉄3号線「安国(アングク)駅」3番出口より徒歩5分。

昌慶宮

■正祖と昌慶宮

  • 日時:2018年5月5日(土)・6日(日)13:30~14:30、15:00~16:00
  • 会場:昌慶宮明政殿
  • 内容:正祖(チョンジョ)が在位した時期に昌慶宮で起こった出来事を、実際にその場所で再現するパフォーマンス。

昌慶宮へのアクセス:ソウル地下鉄4号線「恵化(へファ)駅」4番出口300メートル直進⇒横断歩道を渡って左側の道を300メートル直進

徳寿宮

■無形文化遺産公演「百戯歌舞」

  • 日時:2018年5月4日(金)~5月6日(日)12:30
  • 会場:徳寿宮石造殿の噴水
  • 内容:パンソリ、扇の舞、処容舞(チョヨンム)、僧舞(スンム)などの国家重要無形文化財後継者が多彩な公演を行います。

■徳寿宮夜間音楽会~徳寿宮の旋律~

  • 日時:2018年5月3日(木)~5月5日(土)19:30
  • 会場:徳寿宮中和門
  • 内容:KBS交響楽団、龍仁フィルハーモニックオーケストラなど、国内有数の管弦楽団が参加し、クラシック公演を行います。

■大韓帝国と珂琲茶

  • 日時:2018年4月28日(土)~5月6日(日)12:00~19:30
  • 会場:徳寿宮石造殿の噴水
  • 内容:珂琲茶(カベチャ)とはコーヒーのことで、高宗皇帝がコーヒー愛好家であったことにちなんで行われるイベントです。ブースが設けられ、コーヒーの販売が行われます。

■大韓帝国外国公使接見礼

  • 日時:2018年4月28日(土)~5月1日(火)・5日(土)・6日(日)14:30
  • 会場:徳寿宮静観軒、咸寧殿
  • 内容:大韓帝国当時に行われた外国公使との接見礼儀式が再現されます。儀礼、国楽隊演奏、剣舞など。

徳寿宮へのアクセス:ソウル地下鉄1・2号線「市庁(シチョン)駅」1番・2番出口

宗廟

■宗廟大祭

  • 日時:2018年5月6日(日)10:00~16:00
  • 会場:宗廟正殿、永寧殿
  • 内容:宗廟大祭(チョンミョテジェ)はもっとも格調ある祭祀で、歴代王の功績を称える祭礼や舞踊、歌、器楽などが行われます。この日のみ宗廟の入場料無料。
<宗廟大祭スケジュール>

10:00~12:00:永寧殿祭享(永寧殿で行われる祭祀)
11:00~12:00:御駕行列(光化門⇒鍾路1・2・3・4街⇒宗廟)
14:00~16:30:正殿祭享(正殿で行われる祭祀)
文化財庁宗廟ホームページの「2018年宗廟大祭案内」(韓国語)

■宗廟廟見礼

  • 日時:2018年4月28日(土)・29日(日)12:00、14:00
  • 会場:宗廟正殿
  • 内容:廟見礼(ミョヒョンネ)とは世子嬪(世子の妻)が婚礼後、王妃とともに宗廟を参拝した儀式のこと。宗廟で行われる儀礼の中で唯一女性が参加した儀式です。世子と世子嬪が着ていた美しい衣装も当時の通りに再現され、イベント終了後、世子や王妃、世子嬪とのフォトタイムも設けられています。

■朝鮮時代の国家祭享体験館

  • 日時:2018年4月28日(土)~5月6日(日)10:00~17:00
  • 会場:宗廟香大庁
  • 内容:宗廟大祭で使用される祭祀床(お供え膳)や器物、衣服、楽器などが展示されており、祭礼楽の演奏に使われる楽器も演奏してみることができます。

宗廟へのアクセス:ソウル地下鉄1号線「鍾路3街(チョンノサムガ)駅」11番出口

  • ※2018年宮中文化祝典期間(4月28日(土)~5月6日(日))の宗廟観覧について
  • ・宮中文化祝典期間は予約なしで自由観覧可能(解説もあり。日本語は9:40、13:40、15:40)
  • ・宮中文化祝典期間は休園しないため5月1日(火)はオープン。この日は解説なし。
  • ・5月6日(日)の宗廟大祭は入場料無料。この日は解説なし。
  • 文化財庁宗廟ホームページの「2018年宮中文化祝典期間の宗廟観覧案内」(韓国語)
<宮中文化祝典期間中、無料シャトルバス運行(景福宮⇒昌徳宮⇒昌慶宮⇒宗廟⇒徳寿宮)>
  • ◎景福宮
  • シャトルバスのりば:「景福宮」バス停(バス停番号01551)
  • 12:00、13:00、14:00、15:00、16:00、18:00、19:00、20:00
  • ◎昌徳宮
  • シャトルバスのりば:「昌徳宮」バス停(バス停番号01296)
  • 12:10、13:10、14:10、15:10、16:10、18:10、19:10、20:10
  • ◎昌慶宮
  • シャトルバスのりば:昌慶宮弘化門前(シティツアーバスのりば)
  • 12:20、13:20、14:20、15:20、16:20、18:20、19:20、20:20
  • ◎宗廟
  • シャトルバスのりば:「宗廟公園」バス停(バス停番号01539)
  • 12:30、13:30、14:30、15:30、16:30、18:30、19:30、20:30
  • ◎徳寿宮
  • シャトルバスのりば:「市庁駅」バス停(バス停番号02503)
  • 12:47、13:47、14:47、15:47、16:47、18:47、19:47、21:00(終了)

※状況により発車時刻が変わることもあります。

※2018年4月現在の情報です。今後、予告なく変更される場合がありますのでお出かけ前に必ずご確認ください。掲載内容には万全を期しておりますが、利用者が当ホームページの情報を用いて行う一切の行為において、Visit Koreaではいかなる責任も負いかねます。