トピックス

紅葉の名所、内蔵山を100倍楽しむ方法

  • Tag etc History
  • 日付2019/10/22
  • Hit3268

内蔵山の紅葉

秋が深まると韓国の山や街道沿いは紅葉で色づきます。天高く青い空、そして赤や黄色に色付く韓国の紅葉の時期はとかく短いものですが、そんな素晴らしい秋の風景は人々を幸せな気持ちにしてくれます。
中でも全羅北道(チョルラプクド)井邑(チョンウプ)にある内蔵山(ネジャンサン)は古から紅葉狩りの名所として有名なところ。今回は素晴らしい紅葉を誇る内蔵山の必見紅葉スポットを巡りながら、秋の内蔵山を楽し方法をご紹介します。

内蔵山紅葉トンネル

内蔵山紅葉トンネルと内蔵山の紅葉

内蔵山の麓に到着すると、もうそこからすでに赤や黄色に染まった紅葉が楽しめます。カエデが形づくる内蔵山紅葉トンネルは内蔵山に登る際、あるいは下山する際に、ゆっくり歩いて鑑賞するのがおすすめ。
内蔵山では登山客のためシャトルバスを運行しており、バスに乗って内蔵山ケーブルカーのきっぷ売場まで行くことができます。行きに内蔵山までバスに乗ったら、帰りは内蔵山紅葉トンネルをゆっくり歩いて紅葉狩りはいかがでしょうか。

内蔵山の紅葉

内蔵山の紅葉は10月中旬から始まり、11月初旬まで続きます。11月中旬過ぎの内蔵山は紅葉狩りには少々遅すぎる時期なので、紅葉の時期に合わせて訪れるのがベスト。特に週末は韓国各地からやって来る観光客が多く、内蔵山の麓の入口で待たなければならないこともあります。休日を避けて平日に訪れたり、朝一番に入山するのがおすすめです。

内蔵山ケーブルカー

内蔵山ケーブルカー

内蔵山ケーブルカーに乗って展望台まで上がると、また違った風景が眼下に広がります。ケーブルカーに乗って5分ほど上っていくと目の前には内蔵山の素晴らしい風景が広がってきます。ケーブルカーは往復あるいは片道だけでも利用でき、行きはケーブルカーに乗って、帰りは内蔵山を散策しながら下ってくる観光客の方もたくさんいます。

内蔵山ケーブルカーからの眺望

ケーブルカーは通常20分間隔で運行していますが、紅葉シーズンには間隔を狭めて本数を増やして運行しています。内蔵山が紅葉狩りの名所ということもあり、このケーブルカーを利用し内蔵山に上る人もかなりいます。ケーブルカーのきっぷ売場できっぷを買ってから、実際に乗るまでかなり待たなければならないこともありますので、その点も考慮の上、旅のプランを練ったほうがよさそうです。

内蔵山展望台

内蔵山展望台と展望台からの眺望

内蔵山ケーブルカーの頂上駅で降りて300メートルほど歩くと、内蔵山展望台にたどり着きます。内蔵山展望台からは白蓮庵をはじめ内蔵山の峰々を見渡せます。ケーブルカーの頂上駅から展望台へ向う道はあまり険しくはありませんが、渓谷や山道となっているので歩きやすいシューズで行かれることをおすすめします。また、展望台まで上るとこの時期、肌寒く感じますので、寒さ対策もお忘れなく。

内蔵山内蔵寺

内蔵寺

展望台を見学したら再びケーブルカーに乗って山を下り、さきほどのケーブルカーきっぷ売場の近くまで来ると、内蔵寺(ネジャンサ)へ向う案内の看板が見えてきます。その看板から10分ほどゆっくりと歩いていくと、目の前には内蔵寺の参道入口が見えてきます。内蔵寺へと続くこの道もまた紅葉が大変美しいところで、絶好のフォトスポットになっています。
内蔵寺は百済時代にあたる660年建立され、一部焼失したところもありますが現在でも古の姿を残している寺です。無料で振舞われるお茶を飲みながら内蔵寺で紅葉を楽しむのもまた趣があってよいものです。

内蔵寺羽化亭

羽化亭

内蔵寺からの帰り道、羽化亭(ウファジョン)も忘れずに立ち寄ってみましょう。内蔵山の紅葉と羽化亭、そして池が織りなす風景は一枚の絵画のような美しさです。
羽化亭は1956年建てられた東屋で、2016年に改築され現在に至ります。 初代の羽化亭はコンクリート造りだったため周囲の風景とは不釣合いな建造物でしたが、現在の姿になってからは周囲の風景にも溶け込み美しい建造美を見せています。

内蔵山のおいしいもの市場

内蔵山山道入口の食べ物市場

内蔵山へ向う道の入口にはさまざまな食べ物を売っているおいしいもの市場のテントがあります。この市場では韓国を代表する料理・ビビンバやクッパをはじめ、さまざまな韓国料理を味わうことができます。食事にはまだ早いという方はちょっとしたおやつ代わりの食べ物もあります。秋の山とよく合うアツアツのホットクや焼き栗を食べながら内蔵山の秋を楽しんでみるのはいかがでしょうか。

More info

内蔵山国立公園へのアクセス

  • ☞ 交通案内
    ソウル→井邑
    ・鉄道
    【ソウル中心部・江北地域から】
    KTX利用・龍山駅→井邑駅(湖南線)
    ※この他、在来線(ITXセマウル号、ムグンファ号)で龍山駅から井邑駅まで行くことも可能です。
    【ソウル江南地域から】
    SRT利用・SRT水西駅→井邑駅(湖南線)

    ・バス
    ソウル江南・高速バスターミナル(セントラルシティ・湖南線) → 井邑市外バス公用ターミナル

    井邑駅→内蔵山
    井邑駅下車、タクシーでおよそ30分(16.4km)

  • 井邑市外バス公用ターミナル→内蔵山
    井邑市外バス公用ターミナル下車、タクシーでおよそ30分(15.7km)

内蔵山国立公園

  • ☞ 所在地:全羅北道 井邑市 内蔵山路936 内蔵山事務所(전라북도 정읍시 내장산로 936 내장산사무소)
  • ☞ 運営時間: 6:00~19:00
  • ☞ 入場料: 大人 3,000ウォン/中・高校生 1,500ウォン/小学生 500ウォン *支払いは現金のみ可能
  • ☞ 内蔵山ケーブルカー
    ・営業時間:夏季(3~11月)9:00~18:00 /冬期(12~2月) 9:00~17:00 /20分間隔で運行 *紅葉シーズンは運行間隔を狭めて運行
    ※紅葉シーズン(10月ごろから11月ごろ)の運行時間は平日8:00~17:30、週末7:00~17:30となっています。
    ・利用料金:往復 大人8,000ウォン、子ども5,000ウォン/片道 大人5,500ウォン、子ども 3,500ウォン *往復きっぷ購入時、片道未使用でも払戻はいたしませんのでご注意ください。
  • ☞ 内蔵山シャトルバス
    ・運行時間: 9:00~17:00
    ※金仙橋(クムソンギョ=금선교)から内蔵山ケーブルカー前まで運行
    ・利用料金:大人 1,000ウォン/子ども 500ウォン  *支払いは現金のみ可能
    ※2019年10月26日(土)から11月17日(日)までは内蔵湖(内蔵貯水池)駐車場からウォルリョン橋(월령교)横(2駐車場入口)まで運行する無料シャトルバスもご利用いただけます。(平日 10:00~17:30、週末9:00~17:30)
  • ☞ ホームページ:http://www.knps.or.kr/front/portal/visit/visitCourseMain.do?parkId=120600&menuNo=7020087 (日本語・韓国語・英語・中国語)

  • ☞ 韓国観光案内電話:+82-2-1330 (日本語・英語・中国語・ロシア語・ベトナム語・タイ語・マレー/インドネシア語)

※上記の内容は2019年10月現在の情報です。今後変更されることがありますのでお出かけ前に必ずご確認ください。