トピックス

晩秋のソウル、木枯らし吹いたらここに決まり!
植物園&ボタニカルカフェ

  • Tag etc Food History Trend
  • 日付2019/10/31
  • Hit4244

ソウル植物園

11月に入ると韓国は西高東低の気圧配置の日が多くなり、次第に北寄りの風が吹きはじめ日増しに寒くなってきます。

そんな寒さを感じられるようになってきたソウルへ観光でいらっしゃる方におすすめなのが、最近新たに造られた植物園や植物をコンセプトにしたボタニカルカフェ。木枯らし吹く晩秋の韓国の新しい楽しみ方、暖かな植物園の温室やボタニカルカフェでソウルのひとときを過してみるのはいかがでしょうか。

今回はソウル市内の植物園や植物をコンセプトにしたさまざまな新しい観光スポットをご紹介します。

ソウル植物園

ソウル植物園の様子

韓国の金融ビジネスの中心地・ソウル汝矣島(ヨイド)のおよそ2倍の面積に達する広大な敷地につくられたのがここ、ソウル植物園。ソウル植物園はソウル西部、金浦国際空港があるソウル特別市江西区(カンソグ)に造成されたソウル特別市が運営する初の都市型植物園で、これまでソウルではなかなかお目にかかれなかった植物を見ることができ、自然を身近に感じることができます。
ソウル植物園は開かれた森、テーマ園、湖水園、湿地園にエリア分けされています。中でも、一番の見どころはテーマ園にある温室。温室には熱帯や地中海などに自生する世界12ヶ国の植物を栽培しています。温室には温室全体を俯瞰できるスカイウォークも設置されて人気の場所となっています。

More info

ソウル植物園

  • ☞所在地:ソウル特別市江西区麻谷東路161(서울특별시 강서구 마곡동로 161)
  • ☞最寄駅:空港鉄道・ソウル地下鉄9号線「麻谷(マゴク)ナル駅」3番出口より徒歩約15分
  • ☞営業時間:3月~10月は9:30~18:00、11月~2月は9:30~17:00
    ※入場は閉園時間1時間前まで
    ※開かれた森、湖水園、湿地園は年中無休、テーマ園は月曜日休園
  • ☞入場料:大人5,000ウォン
  • ☞ホームページ:http://botanicpark.seoul.go.kr/(韓国語)

セサンエ・モドゥン・アチム

セサンエ・モドゥン・アチム

汝矣島(ヨイド)はソウルの多忙なビジネスパーソンが行き交う場所のひとつ。その汝矣島でほっと一息できて、ソウル市内を一望できる、雰囲気あるレストランがあります。汝矣島公園を挟んでKBS本館の斜向かい(南側)にある全国経済人連合会会館(全経連=FKI)ビルの50階にあるセサンエ・モドゥン・アチム(世界のすべての朝)がそんなレストラン。
ソウルの夜景のホットスポットとしても有名で、白を基調としたレストラン内部が美しく、結婚式場としても利用されています。
世界のすべての朝、という韓国語の店名にもあるように、世界各国の朝食メニューも楽しめます。フランス、イギリス、ギリシャなどさまざまな国のブランチメニューがあります。ブランチメニューの他にもデザート、コーヒー、そしてワインもあり、昼夜を問わず食事が楽しめる場所です。

More info

セサンエ・モドゥン・アチム

  • ☞所在地:ソウル特別市 永登浦区 汝矣大路24 全経連ビル50階(서울특별시 영등포구 여의대로 24 전경련 빌딩 50층)
  • ☞最寄駅:ソウル地下鉄5・9号線「汝矣島(ヨイド)駅」2番出口より徒歩約10分
  • ☞営業時間:9:00~22:00
    ※ブレイクタイム(準備時間):平日16:00~17:00、週末15:30~17:30
  • ☞ 主なメニュー:ステーキリゾット29,000ウォン、アボカドサラダ19,000ウォン
  • ☞ホームページ:https://www.theskyfarm.co.kr/(韓国語)

昌慶宮大温室

昌慶宮大温室の外観と内部

昌慶宮大温室は大韓民国で初めてできた温室として有名です。現在の大温室は2017年11月に改修工事を終え、再オープンしました。 大韓帝国末期の1909年に建てられた大温室は、当時の流行であった鉄骨やガラスなどを用いて作られた水晶宮の形式を採用して建てられました。大温室の内部にはおよそ70種の植物が展示されています。温室はあまり大きくないので見学にはさほど時間はかかりませんが、歴史の深さを感じる温室です。

More info

昌慶宮

アーバンプラント

アーバンプラント

アーバンプラントは店内にみどりがいっぱいのボタニカルカフェ。
清々しい店内とともに真心こめたブランチがこのカフェの売りです。アーバンプラントのおすすめメニューはアーバンオムレツ。アボカド、トマト、ベーコンがいっぱい入っており、ガッツリ食べたい人にもおすすめのメニューです。
この他にもフレッシュジュースがおすすめ。グレープフルーツの生搾りジュースは渇いたのどにぴったりで、グレープフルーツの甘さと酸っぱさが絶妙です。
アーバンプラントの店内には様々な観葉植物が置かれており、落ち着いた雰囲気で、ゆったりとしたひとときが過ごせます。お店は地下から地上2階まであり、テラスもあって広いスペースでまったりとした時間を楽しめます。
ビームプロジェクターがあるスペースは自宅にいるような雰囲気のインテリアで、長時間ゆっくりしたい人におすすめのスペースです。

More info

アーバンプラント

  • ☞所在地ソウル特別市 麻浦区 トンマク路4キル 3(서울특별시 마포구 독막로 4길 3)
  • ☞最寄駅ソウル地下鉄2・6号線「合井(ハプチョン)駅」7番出口より徒歩約5分
  • ☞営業時間10:00~23:00
  • ☞主なメニューアーバンオムレツ14,000ウォン、アメリカーノ5,000ウォン、グレープフルーツジュース7,500ウォン

アレックス・ザ・コーヒー

アレックスザコーヒーの店内

アレックス・ザ・コーヒーはソウルの城北(ソンブク)区にあるボタニカルカフェ。
静かな町に佇むアレックス・ザ・コーヒーは、ゆったりと憩いのひとときが過せる場所です。カフェの大きな窓からは庭が見え開放感もあり、また店内のあちらこちらにさまざまな植物が置かれ、静かで穏やかな雰囲気を感じられるカフェです。まるで自分だけしかいない植物園の中でコーヒーを嗜んでいる、そんな感じさえします。
アレックス・ザ・コーヒーはコーヒー豆の原産国と直接取引し生豆を輸入しており、自家焙煎したおいしいコーヒーを味わうことができます。マシュマロをあしらったチョコケーキとアイスクリームが一緒にサービングされるチャーリーチョコは、最高の豆から淹れたコーヒーと一緒に楽しむと絶品です。

More info

アレックス・ザ・コーヒー城北店

  • ☞所在地ソウル特別市 城北区 城北路28キル9 (서울특별시 성북구 성북로28길 9)
  • ☞最寄駅ソウル地下鉄4号線「漢城大入口(ハンソンデイック)駅」7番出口より50メートルほどのところにある「三仙橋・城北文化院(삼선교.성북문화원)」のバス停から1111番か2112番のバスに乗り「東方文化大学院大学校(동방문화대학원대학교)」で下車、徒歩約1分
  • ☞営業時間10:00~22:00
  • ☞主なメニューフラットホワイト5,500ウォン、チャーリーチョコ7,000ウォン
  • ☞ホームページ:http://www.alexthecoffee.com/ (韓国語)
  • ☞ 韓国観光案内電話: +82-2-1330 (日本語・英語・中国語・ロシア語・ベトナム語・タイ語・マレー/インドネシア語)

※上記の内容は2019年10月現在の情報です。今後変更されることがありますのでお出かけ前に必ずご確認ください。