トピックス

Netflixドラマ『キングダム』ロケ地

  • Tag Tour Trend
  • 日付2019/04/03
  • Hit1634

ドラマ『キングダム』のポスター(写真提供:Netflix)

全世界から注目を集めているNetflixオリジナル韓国ドラマ『キングダム』は、「ゾンビ」と「時代劇」という異色の組み合わせに挑んだ作品です。朝鮮時代に反逆者として追い込まれた王世子(チュ・ジフン)が、飢饉や疫病でゾンビと成り果てた人々の秘密を暴いていきます。視聴者を惹き付けるスリルあるストーリー展開もさることながら、ドラマに多く登場する美しい景色や宮殿などが作品にさらなる魅力を添えています。今回の記事では全国各地の『キングダム』ロケ地をご紹介します。

昌徳宮(チャンドックン)

ドラマ『キングダム』の観纜亭のシーン(写真提供:Netflix)

観纜亭

昌徳宮入口

ドラマ『キングダム』のメイン舞台となったのはユネスコ世界文化遺産の昌徳宮です。中でも観纜亭(クァルラムジョン)や仁政殿(インジョンジョン)で多くのシーンが撮影されました。観纜亭は扇を広げたような形の亭子(あずまや)で、王妃(キム・ヘジュン)とチョ・ハクチュ(リュ・スンリョン)が言葉を交わすシーンで登場します。観纜亭の下の池はゾンビと化した王に襲われて死んだ臣下らを水葬したところで、平和に見える池の奥深くに何体もの死体が沈められているという、思いも寄らぬ展開が視聴者を釘付けにします。
観纜亭は昌徳宮の後苑(フウォン)にあります。後苑特別観覧は予約制で運営されており、後苑観覧券が必要で、文化財解説ガイドとともにめぐります。

仁政殿

仁政殿は王の代わりに王妃が国政をとるシーンが撮影された場所で、いかめしい表情で座る王妃とうやうやしい態度の臣下の姿が印象的です。仁政殿は実際に王が業務を行っていた正殿で、仁政殿の名前には「慈愛に満ちた政治を行う」という意味が込められています。ここで臣下が王に謁見し、国政に関する報告を行っていました。仁政殿は格式の高い造りとなっており、映画『王になった男』や『王の運命(さだめ)-歴史を変えた八日間-』などにも登場します。

More Info

昌徳宮と後苑 [ユネスコ世界文化遺産]
  • ☞ 住所:ソウル特別市 鍾路区 栗谷路 99(서울특별시 종로구 율곡로 99)
  • ☞ アクセス:ソウル地下鉄3号線「安国(アングク)駅」3番出口より徒歩約5分
  • ☞ 利用料金
    昌徳宮観覧券:大人3,000ウォン
    後苑観覧券(一般観覧券込み)大人8,000ウォン
  • ☞ 利用時間
    昌徳宮:11月~1月は9:00~17:30/2月~5月、9月・10月は9:00~18:00/6月~8月は9:00~18:30
    ※入場は閉園1時間前まで
    ※月曜日休園
    昌徳宮後苑(観纜亭)の外国語解説時間:英語解説10:30、11:30、14:30、15:30(2月~11月)/日本語解説13:30/中国語解説12:30
    ※集合場所:咸陽門(昌徳宮正門から徒歩約15分)
    ※所要時間約90分
    ※後苑観覧コース:後苑入口⇒芙蓉池⇒不老門・愛蓮池⇒尊徳亭・砭愚榭⇒玉流川⇒演慶堂
    ※酷暑・酷寒期は安全のため、観覧コース調整
  • ☞ ホームページ:http://www.cdg.go.kr/default.jsp (韓・英)

昌慶宮(チャンギョングン)

通明殿(上・下左)、養和堂(下右)

昌慶宮の通明殿(トンミョンジョン)はドラマ初回で王世子が王妃に王への謁見を懇願した場所です。ドラマでは王妃の居所として登場しますが、実際は王の居所だったところです。王が生活する場所であったため、宮殿の奥まった位置にあります。宴会場所としても使われたので、建物は端正で品のある造りとなっています。通明殿は屋根の棟(むね/屋根のてっぺんにある水平な部分)がないのが特徴です。棟がない理由については諸説ありますが、屋根の棟は韓国語で「龍(ヨン)マル」といい、王を象徴する龍はひとつの建物に2つはいらないと考えられたためというのが通説です。通明殿の横にある養和堂(ヤンファダン)は王妃と後宮(フグン/王の側室)の接待場所として使われていましたが、仁祖王(朝鮮時代の第16代国王)の時代には国政を司る場所として使われました。

More Info

昌慶宮
  • ☞ 住所:ソウル特別市 鍾路区 昌慶宮路 185(서울특별시 종로구 창경궁로 185)
  • ☞ アクセス:ソウル地下鉄4号線「恵化(ヘファ)駅」4番出口より徒歩約15分
  • ☞ 利用料金:大人1,000ウォン
    ※韓服着用者は無料
  • ☞ 利用時間:9:00~21:00(入場は20:00まで)
    ※月曜日休園
  • ☞ ホームページ:http://cgg.cha.go.kr/(日本語あり)

慶熙宮(キョンヒグン)

崇政殿

崇政殿

資政殿

慶熙宮の崇政殿(スンジョンジョン)は、ドラマで王の居所である景福宮の康寧殿として登場します。ドラマのメイン舞台のひとつで、ゾンビとなった王を鉄の鎖でくくりつけて監禁するシーンがここで撮影されました。実際の崇政殿は王が国政をとっていた業務空間で、王の即位式のような重要な儀式もここで行われました。慶熙宮の中でもっとも大きく、華やかな造りの建物です。崇政殿の裏側にある資政殿(チャジョンジョン)では王や臣下が会議をしたり経書の講義が行われたりしました。慶熙宮のすぐ近くにソウル歴史博物館があるので、時間があれば立ち寄ってみるといいでしょう。

More Info

慶熙宮
  • ☞ 住所:ソウル特別市 鍾路区 新門安路 55(서울특별시 종로구 새문안로 55)
  • ☞ アクセス:ソウル地下鉄5号線「西大門(ソデムン)駅」4番出口より徒歩約10分
  • ☞ 利用料金:無料
  • ☞ 利用時間:9:00~18:00
    ※月曜日、1月1日休園
  • ☞ お問い合わせ(ソウル歴史博物館):+82-2-724-0274 (韓・英)
  • ☞ ホームページ:http://www.cgcm.go.kr/GHP_HOME/jsp/MM00/main.jsp (韓国語)

韓国民俗村

官衙

官衙

朝鮮時代の家屋

朝鮮時代の東莱府(トンネブ/現在の釜山広域市一帯)の様々なシーンは龍仁(ヨンイン)にある韓国民俗村で撮影されました。飢えで苦しむ百姓の姿や、夜にゾンビが村を占領するシーンなどで登場します。特に官衙(クァンア/役人が政務を行なっていた場所)前で眠っていたゾンビたちが一斉に目を覚まし、人々に猛然と襲いかかる緊迫したシーンは印象的です。

韓国民俗村は韓国の伝統家屋や慣習を知ることができる民俗博物館で、朝鮮時代の行政機関であった官衙や、教育機関であった書院、韓薬房(韓方薬局)、寺院など、朝鮮時代の町並みが再現されており、昔の生活文化に触れることができます。

More Info

韓国民俗村
  • ☞ 住所:京畿道 龍仁市 器興区 民俗村路 90(경기도 용인시 기흥구 민속촌로 90)
  • ☞ アクセス:盆唐線「上葛(サンガル)駅」3番出口⇒「上葛駅(상갈역)」のバス停から37番のバスに乗り「韓国民俗村(한국민속촌)」で下車⇒徒歩約10分
  • ☞ 入場料:大人20,000ウォン
  • ☞ 利用時間
    - 2月~4月、10月:平日9:30~18:00、週末・祝日9:30~18:30/5月~9月:平日9:30~18:30、週末・祝日9:30~19:00/11月~1月:平日9:30~17:30、週末・祝日9:30~18:00
  • ☞ ホームページ:http://www.koreanfolk.co.kr/(日本語あり)

聞慶(ムンギョン)セジェオープンセット場

第1関門の主屹関

聞慶セジェオープンセット場の「庶民村の通り」

聞慶セジェオープンセット場の「光化門」

慶尚北道聞慶市にある聞慶セジェオープンセット場の入口に位置する第1関門・主屹関(チュフルグァン)は、疫病の患者やゾンビを漢陽(ハニャン/現在のソウル特別市)に行かせぬよう、門を封鎖するシーンで登場します。また、臣下が景福宮(キョンボックン)に入るシーンで登場する光化門(クァンファムン)もここのセットが使われました。光化門のセットは本物の70~80%の大きさとなっています。朝鮮時代の庶民の生活が分かる庶民村の通りは、王世子が東莱で庶民の様子を見て回るシーンで登場します。聞慶セジェオープンセット場は時代劇用のロケ施設で、映画『王になった男』やドラマ『太祖王建』、ドラマ『チュノ~推奴~』などの有名な時代劇のロケに使われました。歴史ドラマのロケ地で朝鮮時代の町並みを見たり、韓服を着て王・王妃体験をしたりすることができます。

More Info

聞慶セジェ オープンセット場
  • ☞ 住所:慶尚北道 聞慶市 聞慶邑 セジェ路 932(경상북도 문경시 문경읍 새재로 932)
  • ☞ アクセス:聞慶バスターミナル下車⇒「聞慶ターミナル(문경터미널)」のバス停から「聞慶-セジェ(문경-새재)」か「店村-セジェ(점촌-새재)」のバスに乗り「聞慶セジェ(문경새재)」で下車⇒徒歩約25分
  • ☞ 利用料金:大人2,000ウォン
  • ☞ 利用時間:11月~2月は9:00~17:00/3月~10月は9:00~18:00
    ※1月1日、ソルラル・秋夕当日休業
  • ☞ ホームページ:https://www.gbmg.go.kr/tour/(韓国語)

芙蓉台(プヨンデ)

芙蓉台

王世子の昔の師であるアンヒョン大監(デガム/朝鮮時代の高官)(ホ・ジュノ)が川原で謎の舟を見つけるシーンは、安東河回村(アンドンハフェマウル)近くの芙蓉台一帯で撮影されました。ドラマに登場する時間はわずかですが、広い川原と絶壁が印象的です。芙蓉台の高台からは安東河回村やその周囲を流れる洛東江(ナクトンガン)が一望できます。

More Info

芙蓉台
  • ☞ 住所:慶尚北道 安東市 豊川面 広徳ソルバッキル 72(경상북도 안동시 풍천면 광덕솔밭길 72)
  • ☞ アクセス:安東バスターミナルより芙蓉台までタクシーで約30分(21.9キロメートル)
  • ☞ 利用料金:無料
    ※河回村利用料金:大人5,000ウォン
  • ☞ 利用時間(河回村):4月~9月は9:00~18:00/10月~3月は9:00~17:00
  • ☞ お問い合わせ
    河回村観光案内所:+82-54-852-3588 (日本語可)
    河回村文化観光解説・通訳案内所:+82-54-840-6974(日本語可)
  • ☞ ホームページ:http://www.tourandong.com/public/(日本語あり)

居昌捜勝台(コチャンススンデ)

居昌捜勝台(写真提供:捜勝台管理事務所)

慶尚南道にある居昌捜勝台は、王世子がゾンビに追いつめられ、崖から川に飛び込むシーンで登場します。王世子の後を追って大勢のゾンビが川に飛び込みますが、泳げず底に沈んでいきます。「心配事を忘れてしまうぐらい景色が美しい」と称えられる居昌捜勝台は、朝鮮時代のソンビ(学者)に愛されていた場所です。亀の形をした巨大な花崗岩があり、その下を透き通った川が流れ、非常に美しい景観を呈しています。

More Info

居昌捜勝台
  • ☞ 住所:慶尚南道 居昌郡 渭川面 黄山1キル 60-6(경상남도 거창군 위천면 황산1길 60-6)
  • ☞ アクセス:居昌バスターミナルより居昌捜勝台までタクシーで約20分(14.4キロメートル)
  • ☞ 利用料金:無料
  • ☞ 利用時間:24時間
  • ☞ ホームページ:http://www.geochang.go.kr/ssd/Index.do(日本語あり)

ピドゥルギナン瀑布

ピドゥルギナン瀑布

抱川(ポチョン)にあるピドゥルギナン瀑布は、ドラマで医女(朝鮮時代、簡単な医術を学んで医院で手伝いをしていた女性)であるソビ(ペ・ドゥナ)が生死草(センサチョ/死んだ人を生き返らせるという草)を見つけた場所です。ドラマでは凍った洞窟として登場するため、陰気な雰囲気ですが、実際は透明度の高い滝つぼが見られる神秘的なところです。ピドゥルギナン(鳩の嚢)という名前は、昔から冬になると数百羽の山鳩がここに集まり、生息していたことに由来します。この滝は漢灘江(ハンタンガン)地質公園内の名所のひとつで、雨が激しい日は滝までの道が通行禁止となります。

More Info

ピドゥルギナン瀑布
  • ☞ 住所:京畿道 抱川市 永北面 大回山里 415-2(경기도 포천시 영북면 대회산리 415-2)
  • ☞ アクセス:一東バスターミナルよりピドゥルギナン瀑布までタクシーで約40分(24.7キロメートル)
  • ☞ 利用料金:無料
  • ☞ 利用時間:24時間
  • ☞ ホームページ(漢灘江地質公園):http://hantangeopark.kr/pc/bbs/board.php?bo_table=ko_b02_07(韓・英・中)
  • ☞ 韓国観光案内電話:+82-2-1330(日本語)

※ 上記の内容は2019年4月現在の情報です。今後変更されることがありますのでお出かけ前に必ずご確認ください。