トピックス

ゴールデンウィーク到来!今度はすこし足を伸ばして韓国の地方へ!2019-20 韓国観光100選の旅

  • Tag etc Event Food History Shopping Tour Trend
  • 日付2019/04/15
  • Hit8063

2019-20 韓国観光100選に選ばれた東大門デザインプラザ(DDP)夜景

4月に入りここ韓国も日増しに春の足音が聞こえてくるようになりました。サンシュユ、モクレン、ケナリ(レンギョウ)、そしてサクラ、ツツジの様々な花々が次々と花開く韓国。

今年は例年にない大型連休となるゴールデンウィークですが、韓国へ旅を計画されている方も多いかと思います。韓国への旅というと、とかくソウルやその周辺、あるいは釜山などの広域市に集中する傾向にありますが、実は韓国の地方にも素晴らしい観光スポットが沢山あります。

文化体育観光部と韓国観光公社は昨年12月31日「2019-20韓国観光100選」と題し、韓国全国のおすすめ観光スポット100ヶ所を発表しました。
韓国を頻繁に旅行されるリピーターの方にはすでにご存知の観光スポットもいくつかあるかと思いますが、外国からの観光客の皆さんには意外と知られていない地方の観光スポットも多数選ばれました。

韓国の地方というと十数年前までは交通アクセスの問題もあり、なかなか足を伸ばすのが難しいこともありました。
しかし、いまではソウルを基点に韓国が誇る高速鉄道が韓国津々浦々までネットワークを広げ、地方とのアクセスが劇的に改善されました。
また航空路線もソウル・釜山・済州のみならず、大邱・務安・襄陽など地方都市にも日本から直行便が就航するなど格段に韓国の地方都市へのアクセスがよくなってきています。

いつもより長い今年のゴールデンウィーク、今回はこの韓国観光100選に選ばれた地方の観光スポットを中心に、高速鉄道を利用していくことができる、大都市では味わえない新しい韓国の地方観光スポットをご紹介します。

「韓国観光100選」とは・・・

まずはじめに「韓国観光100選」についてご説明を。
文化体育観光部と韓国観光公社は2013年から2年ごとに韓国を代表する観光名所100ヶ所を選定しており、今回で4回目を迎えます。

 「韓国観光100選」の選考基準ですが、各地方自治体の推薦、ビックデータ分析、これまで「韓国観光100選」に選ばれた観光スポットのレビューなどをもとに候補となる観光スポットを抽出、その後、学界・旅行関係者・旅行関連記者・旅行作家・旅行同好会会員などからなる専門家13人による評価をはじめ、移動体通信会社・ナビゲーション・SNSなどのビックデータを加味し、3回に及ぶ厳正な審査の結果、韓国全国の観光スポット100ヶ所が「韓国観光100選」に選ばれました。

今回で4回目になる「2019-20 韓国観光100選」にはソウル首都圏26ヶ所、江原道13ヶ所、大田・忠清道10ヶ所、光州・全羅道14ヶ所、釜山・大邱・蔚山・慶尚道28ヶ所、済州道9ヶ所の観光スポット・エリアが選ばれました。
特に初めて選ばれた観光スポットが全体のおよそ5分の1の21ヶ所あり、そのうち18箇所が地方の観光地で、注目の観光地が続々地方に誕生しています。

2019-20韓国観光100選を一挙にピックアップ!

2019-2020韓国観光100選全国マップ

まずは今回の「2019-20韓国観光100選」に選ばれた100ヶ所を地域別に一挙リストアップ!

下記のカッコ(【】)内の地域名をクリックすると、該当地域の韓国観光100選に選ばれた観光スポット一覧が確認できます(100選すべてのリストをご覧になりたい場合は、「ソウル」を押していただけるとカッコ内の地域順に100ヶ所の情報を順にご覧頂けます)。

また、さらにその観光スポットの詳細を知りたいときは各観光スポットの説明の中にあるリンクをクリックするとさらに詳しい情報を入手できますので、まずは旅行を予定している、あるいはご関心のあるエリアをクリックしてみましょう。

ソウル仁川京畿道江原道大田忠清北道忠清南道光州全羅北道全羅南道釜山大邱蔚山慶尚北道慶尚南道済州道

●韓国観光100選マップ(日本語PDF版/5.67MB)ダウンロードはこちらをクリック
●韓国観光100選各観光スポット詳細ガイド(日本語PDF版/9.9MB)ダウンロードはこちらをクリック

なお韓国観光公社日本語ホームページでは韓国観光100選をはじめ、韓国のあらゆる観光地、お店、宿、お祭り・イベントなどおよそ6,000件(2019年3月末現在)の観光情報や観光コラム(トピックス)、観光ニュースの内容を検索できるデータベースを運用しています。
「韓国のここに是非行って見たい!」とおもったら、ホームページ画面右上にある検索ウィンドウに地名やキーワードを入力してみましょう。日本語化された韓国地図付きの観光スポット情報が瞬時に検索でき、ご旅行の際に、そして旅行前プランニングの際に大変便利です。

ススッと行ける!KTXで行ける地域別おすすめ観光スポット

韓国の地方への旅は時間がかかるのでちょっと、とお思いの方、意外といらっしゃいませんか?実はそれほどかからないんです。
2004年4月に開通した韓国の高速鉄道・KTXがここ10数年で韓国全国にネットワークを拡大、いまではKTXに乗れば3時間台でソウルから全国隅々までいけるようになりました。
朝にKTXに乗って、目的地で昼間楽しんで夜遅く戻ってくることも可能ですし、また日程に余裕があれば外国人向けの周遊乗車券KORAIL PASSを購入して、鉄道で韓国の様々な観光スポットを周ってみるのもおすすめです。
KTXをうまく乗りこなせばススッと行ける韓国観光100選の注目の観光スポットを路線別にご紹介しましょう。

KTX江陵線

もっとも新しいKTXがこのKTX江陵(カンヌン)線。2018年に開催された平昌冬期五輪に合わせて開通したこの路線は首都ソウルにある清涼里(チョンニャンニ)駅※と韓国東海岸の都市・江陵までをおよそ1時間半で結んでいます。
KTX開通前は江原道の山間部を迂回するような形でソウルから江陵まで在来線でおよそ6時間かかっていたので江原道東部へのアクセスが格段によくなりました(現在でも在来線経由の江陵行きムグンファ号も運転中です)。
2019-20韓国観光100選で選ばれた江原道の観光地のうち、過半数の観光スポットがこのKTX江陵線沿線の観光スポットということからも、このKTX江陵線の開通がもたらした影響は大きいものがあります。
その中で今回はじめて韓国観光100選に選ばれたKTX江陵線の観光地2ヶ所をご紹介します。

※註) KTX江陵線はこれまで一部列車のみソウル発着でしたが、2019年4月15日に実施されたダイヤ改正で、平日(月~木)の上り・下り各18本すべてがソウル駅発着となり、ソウル都心からのアクセスがより便利になります(金曜日は上り・下り各24本中18本が、土・日曜日は上り・下り各26本中18本がソウル駅発着となります)。

注文津水産市場(写真:韓国観光公社)と注文津港で水揚された天然物の刺身(提供:注文津刺身店テラスJ)

まずはKTX江陵線の終点・江陵駅からバスに揺られて1時間ほどのところにある同じ江陵市の港町・注文津(チュムンジン)。
イカやスケトウダラなどの水揚港として発展してきた注文津の町ですが、やはりなんといっても新鮮な海産物 抜きには語れません。注文津港にある注文津水産市場やその周辺には海産物のお店や食堂がずらっと軒を連ね、港から少し離れた海岸沿いなどにもおいしい海の幸を味わえるレストランが数多くあります。
また最近では韓流ドラマやK-POPスターのロケ地としても有名になってきている注文津。2016年から2017年にかけてtvNで放送されたコン・ユ、キム・ゴウン主演のドラマ『トッケビ』のロケ地となった注文津防波堤、最近ではBTS(防弾少年団)のアルバム『YOU NEVER WALK ALONE』のジャケット撮影を行った注文津海岸もあり、隠れた韓流ファンの人気スポットになっています。

More info

日本でも報道されている通り、4月上旬江原道の東海岸沿いなどで大規模な山火事が発生、広大な山林焼失、人的・物的被害が出ました。今回ご紹介する注文津、原州など江原道の大半の観光地は被害もなく、江原道内のすべての公共交通機関も正常通り運行、飲食店・土産物店等の店舗や観光施設も通常通り営業を行っています。崔文洵(チェ・ムンスン)江原道知事も4月9日のツイッターで「今の最高のボランティアは観光で地域を盛り上げていくことです」とツイートしていますので、是非江原道へも足をお運びください。

2019-20 韓国観光100選・注文津関連コラム

原州小金山つり橋(提供:原州市観光課)とミュージアムSAN(写真:韓国観光公社)

KTX江陵線沿線で今回初めて韓国100選に選ばれたのが、弊社韓国観光公社本社がある江原道原州(ウォンジュ)市にある小金山(ソグムサン)つり橋。KTX江陵線・万鍾(マンジョン)駅からバス・タクシーで20分と比較的近くのところにあります。
ここ数年、韓国では地方観光の目玉としてつり橋を架けるのがブームとなっていますが、その中でも一番の人気となっているのがここ原州小金山つり橋。テレビ番組で数多く放映されたこともあり、オープン1周年を迎えた今年2019年1月には年間来場者186万人を超え、江原道の新たな人気スポットになりました。
三山川(サムサンチョン)左岸の絶壁の間に架かるつり橋はスリル満点、特に夕陽が沈む光景は江原道の山々の風景と相まって絶景です。つり橋へは階段をかなり上っていくので、暖かい春の時期になってきたら汗ばむこともあるかとおもいますので、着替えや汗拭きようのタオルをお持ちになることをお忘れなく。
小金山つり橋の近くには在来線の新線建設で廃線となった線路を活用した原州レールパーク、キャンプやロッククライミング、ハイキングなども可能な艮峴(カンヒョン)観光地などもあり、循環型原州シティバスを利用すれば同じく今回韓国観光100選に選ばれた原州の観光地で日本の建築家安藤忠雄氏が設計したミュージアムSANや原州市内の様々な観光地(江原監営原州中央市場原州中央市民伝統市場原州自由市場)へも足を伸ばすことができます。

More info
ゴールデンウィーク期間の原州地域のお祭り
循環型原州シティバス
  • ☞ コース:原州駅→原州市外バスターミナル→万鐘駅→桐華駅→艮峴観光地(小金山つり橋)→原州レールバイク→※オークバレー(ハンソル彫刻公園)→※ミュージアムSAN→原州市外バスターミナル→江原監営→原州伝統市場(迷路芸術市場)→原州駅(※始発便のみ※印のバス停には行きませn)
  • ☞ 利用料金:1日乗り降り自由1日券大人5,000ウォン、子ども・青少年・高齢者3,000ウォン、生後36ヶ月未満乳幼児無料
  • ☞ 運行時間:8:40(始発原州駅発)~19:00(最終便原州駅着)
  • ☞ 運行便数:1日9便
  • ☞ 運休日:月曜日(月曜日が公休日の場合は翌日)・元日(1月1日)・ソルラル/秋夕当日
  • ☞ ホームページ:循環型原州シティバス http://tourism.wonju.go.kr/user_sub.php?gid=www&mu_idx=33 (韓国語)

KTX・SRT湖南線・全羅線

ソウルから韓国南西部の全羅道(チョルラド)へ抜けるKTX湖南(ホナム)線と全羅(チョルラ)線。湖南線のKTXはソウル龍山駅から南西にある木浦(モッポ)駅まで最速2時間10分台、全羅線のKTXは麗水エキスポ駅まで最速で2時間40分台で走り抜けます(なお湖南線にはソウル江南エリアにある水西=スソ=駅から発着するSRTも乗り入れています)。

全州韓屋村全景(写真:韓国観光公社)と全州殿堂聖堂(提供:韓国文化情報院)

全羅道で最も有名な観光スポットといえば食と伝統の街・全州(チョンジュ)。
ソウルの龍山駅からKTXでわずか1時間半で到着、観光スポットも全州市内中心部に集中しているのも魅力的です。
今回の2019-20韓国観光100選に選ばれた全州を代表する観光地・全州韓屋村は、初回から4回連続で選出されている人気の観光スポット。全州韓屋村は韓国の伝統家屋である韓屋がおよそ800軒を連ねる町で、周辺には慶基殿梧木台全州殿洞聖堂など歴史的建造物も数多くあり、韓国の伝統を感じられるところです。
最近では若い人たちが韓服をレンタルして全州韓屋村を散策したり、手作りチョコパイなどの食べ物のお店も続々登場しテレビや新聞などで取り上げられるなど、いつも観光客であふれんばかりの賑わいとなっています。
街を散策したら、やはり全州といえば食の都だけあっておいしい韓国料理。
特に全州ビビンバは全州を代表するメニューとして全州鉄板のメニューですが、全州といえば豆もやしが入ったクッパ・コンナムルクッパもおすすめです。辛いものが苦手で何か温かいものを食べたいという方には是非おすすめでスープの味が絶妙な味。またなによりビビンバよりもお手頃な値段というのも魅力で、中には豆もやしを自ら店内で栽培しているとこもあったりします。

全州名物・コンナムルクッパと全州ビビンバ(写真:韓国観光公社)

全州では毎年5月のゴールデンウィークの時期に全州国際映画祭を開催しており、今年2019年も5月2日(木)~11日(土)まで開催予定ですので、全州の観光スポットとともに韓国をはじめ世界各国の映画に親しむのもいいかもしれません。この他、ゴールデンウィーク期間中には全州韓紙文化祭り(2019年5月4日~6日・韓国伝統文化殿堂)も開催され体験プログラムなども数多く行われるので時間に余裕があれば参加してみてはいかがでしょうか。

More info
ゴールデンウィーク期間の全州地域のお祭り
全州関連コラム

順天湾湿地(写真:韓国観光公社)

全州から全羅線をさらに南に進むと、順天(スンチョン)駅、そして全羅線KTXの終着駅・麗水(ヨス)エキスポ駅に到着します。
順天駅はソウルの龍山駅から最速のKTXでおよそ2時間半のところにある都市。駅からバスに揺られ海側へ40分ほど進むと順天東川(トンチョン)河口に広がる順天湾湿地があります。
全州韓屋村同様4回連続で韓国観光100選に選ばれた順天湾湿地は順天湾に広がる広大な湿地帯で、韓国国内最大規模の葦原が広がるところ。野鳥の飛来地としても有名で、2006年には順天湾一帯がラムサール条約登録地となりました。素晴らしい順天湾の景色をもとめて写真家・写真愛好家の格好のフォトスポットにもなっています。
順天湾湿地から順天東川(トンチョン)沿いに走る小型無人軌道列車・スカイキューブに乗れば広大な敷地に様々な庭園や劇場・展示施設、水遊び場などがある順天湾国家庭園もすぐです。
順天湾国家庭園ではゴールデンウィーク期間中(~5月6日)まで順天湾国家庭園春花祭りを実施中で数々のイベントも実施していますのでいつも以上に楽しいひとときをお過ごし頂けます。

More info

TIP)順天駅からは順天湾国家公園の方が近い(駅からバスで約20分)ので、まず順天湾国家公園を見学して、スカイキューブに乗って東川河口の順天湾湿地に行く方が便利です。入場料も国家公園と湿地共通となっているのでチケットをちゃんと持っていれば一度入場料を支払えばOKです。

ゴールデンウィーク期間の順天地域のお祭り
順天湾湿地関連コラム

麗水エキスポ海洋公園(提供:2012麗水世界博覧会財団)

全羅線KTXのターミナル駅は麗水(ヨス)エキスポ駅。以前は麗水駅でしたが2012年開催された麗水世界博覧会(麗水国際博覧会)開催決定に伴い、2011年末に博覧会入場ゲートを新設するためホームの位置を移転するなどした上で現在の麗水エキスポ駅に改称、現在に至っています。
麗水からはこの麗水世界博覧会(麗水エキスポ)の会場となった麗水エキスポ海洋公園が今回2回目の韓国観光100選に選ばれています。
駅から歩いてすぐそばの麗水新港にあるためアクセスは抜群。エキスポ海洋公園には展望台や記念館、水族館(アクアプラネット麗水)、宿泊施設などもあり、特に夜間に行われるマルチメディアショーBIG-Oは必見です。

More info
ゴールデンウィーク期間の麗水地域のお祭り
麗水エキスポ公園関連コラム

KTX・SRT京釜線

韓国に悲願の高速鉄道がはじめて営業運転を始めたのがソウル~釜山間の韓国の大動脈・京釜線(キョンブソン)KTX。
2004年4月に京畿道始興~大田、大田~東大邱間の高速鉄道専用軌道が完成し途中在来線に乗り入れる形でソウル~釜山間を暫定開業、現在ではソウル市内や一部停車駅前後を在来線と共用する以外は全線専用軌道を高速で走る形となりソウル~釜山間を最速2時間20分前後で走り抜けます。
京釜線KTXは途中駅に半導体工場など工業地帯も多く外国人ビジネスマンも多く乗車する路線となっていますが、観光客にとっても2時間台で沿線の観光スポットの最寄駅に到着できるので大変便利。朝にソウルを出て昼前には十分に目的地に到着できます。(なお京釜線にはソウル江南エリアにある水西=スソ=駅から発着するSRTも乗り入れています)。

仏国寺・石窟庵(写真:韓国観光公社)

2019-20韓国観光100選に選ばれた観光スポットもこの京釜線沿線に多く、特に観光客にメリットが大きいのが韓国の古都・慶州(キョンジュ)への旅。
一昔前まではソウルからディーゼルエンジンがうなるセマウル号に乗って4時間ちょっとかかっていましたが、いまやKTXで新慶州駅までおよそ2時間です。
今回の韓国観光100選にも慶州の2つの観光エリアが選ばれ、東宮(トングン)と月池(ウォルチ)、瞻星台(チョムソンデ)、大陵苑・天馬塚(チョンマチョン)、皇理団通りなどがある慶州市内中心部の新羅王朝の大規模な古墳群・慶州大陵苑(テヌンウォン)一帯、そしてここを見ずして慶州は語れないほど有名な慶州の景勝地で1995年ユネスコ世界文化遺産に登録され世界的に有名な景勝地・仏国寺(プルグクサ)と石窟庵(ソックラム)も入っています。
慶州観光といえばこれまで新羅の都ということで名所旧跡を巡る旅がメインでしたが、近頃では若い人たちに人気のお店や露店が集まる皇理団通り(ファンニダンキル)も人気の観光スポットとなっており、また違った慶州の一面も楽しめるようになりました。

太宗台(写真・韓国観光公社)と松島海水浴場(提供:韓国文化観光研究院)

京釜線の南のターミナル・釜山駅はいわずとしれた韓国第2の都市・釜山の玄関口。2019-20韓国観光100選にも今回6ヵ所が釜山エリアから選ばれました。
釜山の夏の海水浴の定番・海雲台(ヘウンデ)海水浴場、天気がよければ展望台から海の向こうに対馬が見える太宗台(テジョンデ)、韓国のマチュピチュ、サントリーニなどとも呼ばれる甘川(カムチョン)文化村という定番観光地に加え、今回は初めて松島(ソンド)海水浴場、マリンシティ、チャガルチ市場の3箇所が韓国観光100選が入りました。
チャガルチ市場が過去3回一度も韓国観光100選に入らなかったのが少し意外な感じがしますが、やはり釜山に来たら一度は釜山の港の様子を実感してみてはいかがでしょうか。市場ではおいしい刺身などのお魚も味わえ、食後にはチャガルチ市場近くから出航する遊覧船(関連観光ニュースはこちら)で海から釜山を眺めてみるのもおすめです。
そして夜には夜景の素晴らしいマリンシティのおしゃれなレストランでお食事というものいいかもしれませんね。

More info
ゴールデンウィーク期間の釜山地域のお祭り
釜山地域関連コラム

ちょっと長めの韓国の旅ならKORAIL PASSがお得!

今回はKTX沿線の韓国観光100選に選ばれた観光スポットをピックアップしましたが、韓国には韓国観光100選に選定された観光地以外にも、まだまだ全国各地に素晴らしい名所がいっぱいあります。
日本と比べ交通費は安く済む韓国ですが、それでも韓国のいろんな街を巡るとどうしてもお金がかかってしまいます。 そんな時はこれ、韓国鉄道公社KORALが外国人観光客向けに発売しているKORAIL PASS(コレールパス)。

KORAIL PASS(画像提供:KORAIL韓国鉄道公社)

有効期間中(連続する3日間・5日間使えるタイプと希望する2日間・4日間使えるタイプあり)ならばKORAILの列車に乗り放題(地下鉄などの近郊電車、空港鉄道、SRT、臨時列車などは除く)の鉄道乗車券で、思い立ったらネットで購入、プリンターで印刷してそのまま使えるというすぐれもの。
3日間使えるタイプのKORAIL PASSが138,000ウォン(大人料金)ですので、KTXでソウルから釜山、麗水など終点にまで行って、ソウルへの戻りに数ヶ所地方都市に立ち寄れば元が取れる計算。ゴールデンウィークなど長期のお休みで韓国全国を鉄道でぐるっと回ってみたいという方にはオススメのお得なチケットです。
もし日本出発前に買い忘れてもKORAIL PASSは大丈夫。韓国に来てからでもソウル駅など主要駅のKORAIL旅行センターや指定旅行会社で購入が可能ですのでご心配なく!
詳しい情報は当ホームページ・アクセス>便利情報内にある「外国人用鉄道乗車券」の情報をご覧ください。

More info

今度の宿は韓国伝統の韓屋に!~韓国観光公社が認証する「韓国観光品質認証・KOREA QUALITY」

韓国観光公社では2018年6月より新たな認証制度として韓国観光品質認証・KOREA QUALITYという制度を開始しました。宿泊施設や外国人観光客向けの免税販売を行っているデパート・免税店・一般店舗を対象に韓国観光公社が厳格な審査を実施、外国からの観光客の皆様にもご安心してご利用いただける施設を厳選しています。
すでに300を超える施設がこの韓国観光品質認証・KOREA QUALITYの認証を受けていますが、中でも韓国の伝統韓屋を宿泊施設にしたところが数多く認証されています。

韓国観光品質認証・江陵烏竹韓屋マウル(写真:韓国観光公社)

このゴールデンウィーク、韓国を旅して今までとはちょっと違った体験をしてみたい方には、この韓国観光品質認証の認定を受けた韓屋で一晩泊まってみてはいかがでしょうか。
施設の中では韓国の文化体験ができるプログラムをおこなっているところも多く、韓屋に泊まって韓国の文化も体験でき一石二鳥です。
なお、当ホームページの「宿泊」ページ内にある「韓国観光品質認証」のコーナーにて韓国観光品質認証・KOREA QUALITYに認められた各施設の検索が可能です。

2019-20韓国観光100選リスト

●ソウル特別市 (10ヶ所)●

●仁川(インチョン) 広域市 (4ヶ所)●

●京畿道(キョンギド) (12ヶ所)●

●江原道(カンウォンド) (13ヶ所)●

●大田(テジョ ン) 広域市 (1ヶ所)●

  • 鶏足山黄土の道(ファントッキル)全長14.5kmの林道に2万トンの黄土を敷き詰め完成した裸足で歩けるトレッキングコースです。毎年5月には鶏足山(ケジョクサン)裸足祭り(2019年は5月11・12日両日)を開催し数多くの観光客がやってきます。

●忠清北道(チュンチョンプクド) (4ヶ所)●

  • ・丹陽・満天下スカイウォーク…南漢江(ナマンガン)縁の絶壁上に建つガラス張りのスカイウォーク・満天下(マンチョンハ)スカイウォーク。南漢江の川に向かって3方向に張り出すスカイウォークからは80~90m下に広がる南漢江の様子が見えスリル満点で爽快そのもの。
    【公式ホームページ: http://www.mancheonha.com/ (韓国語)】
  • 丹陽八景朝鮮時代の著名な学者が滞在し歴史的にも由緒ある風光明媚なところとして知られる丹陽(タニャン)。その素晴らしい八つの景勝地、下仙岩(ハソナム)、中仙岩(チュンソナム)、上仙岩(サンソナム)、舍人岩(サイナム)、亀潭峰(クダムボン)、玉荀峰(オクスンボン)、嶋潭三峰(トダムサムボン)、石門(ソンムン)をまとめて丹陽八景(タニャンパルギョン)と呼んでいます。
  • ・槐山・サンマギイェッキル忠清北道槐山(ケサン/キェサン)にあったおよそ4キロメートルほどの古道を復元したのがこの遊歩道。自然にやさしい工法で槐山ダムのダム湖に沿うような形で造られたサンマギイェッキルはダム湖と木々が調和した韓国の素晴らしい自然の美しさを感じられます。
  • ・清州・青南台清州(チョンジュ)にある青南台(チョンナムデ)は韓国大統領の別荘として知られています。1983年全斗煥大統領(当時)の時に完成した青南台は一般には公開されていませんでしたが、2003年春、盧武鉉大統領の時代に忠清北道に譲渡され一般に公開、現在では数多くの見学者が訪れています。

●忠清南道(チュンチョンナムド) (5ヵ所)●

  • ・公州・百済遺跡地(公山城武寧王陵)…忠清南道公州(コンジュ)にある百済(ペクチェ)の史跡地で、全長2,660mにも及ぶ巨大な城郭・公山城(コンサンソン)とその東方1kmほどにある武寧王陵(ムリョンワンヌン)。いずれもユネスコ世界文化遺産に登録され、百済時代の歴史と栄華を感じられる史跡です。
  • ・扶余・百済遺跡地(宮南池、扶蘇山城、落花岩)…忠清南道扶余(扶餘=プヨ)にある百済(ペクチェ)の史跡地。百済の武王が造った宮南池、ユネスコ世界文化遺産にも登録されている扶蘇山城、白馬江(ペンマガン)の水面を見下ろす風景が印象的な落花岩(ナックァアム)など悠久の百済の歴史を感じる史跡が多数あります。
    【関連コラム:ドラマ『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』撮影地
  • ・泰安・安眠島韓国で6番目に大きな島・泰安(テアン)の安眠島(アンミョンド)。14の海水浴場と安眠のシンボルでもある松林が続く風景が広がり、安眠島自然休養林などもあり数多くの観光客が訪れる風光明媚なところとして知られています。
  • 大川海水浴場外国人観光客にも人気の保寧(ポリョン)マッドフェスティバルが毎年開催されるのがここ大川(テチョン)海水浴場。遠浅の海水浴場でおよそ3.5キロメートルの白い砂浜が広がります。保寧マッド博物館などの見どころもあります。
    【関連コラム:世界の人々と楽しむ夏の祭り「保寧マッドフェスティバル」
  • ・舒川・国立生態院韓国をはじめ世界に生息する動植物を観察・体験できるのがここ国立生態院。特に2万平方メートルを超える規模のエコリウムには動物およそ280種、植物1900種が展示されており、世界各地の気候帯別の生態系を再現しています。日本語を含む外国語によるエコリウム音声案内機サービスも行っています。
    【関連コラム:いつでも春を満喫!韓国の温室植物園6選

●光州(クァンジュ)広域市 (2ヶ所)●

  • 無等山光州(クァンジュ)が人々の精神的支柱であり地元球団の応援歌タイトルにも付いた無等山(ムドゥンサン)。光州と全羅南道潭陽郡・和順郡に接する山で、国立公園に指定されています。比較的高低差が少なく登りやすい山となっています。
  • 楊林洞歴史文化村楊林(ヤンニム)歴史文化村はおよそ100年前、光州(クァンジュ)で初めて西洋の近代文物を受け入れたところ。光州の医療・教育に貢献した宣教師私邸、女性運動家・社会運動家であった曺亜羅(チョ・アラ)女史を称える記念館、住民とアーティストが造り上げるペンギン村など現在と過去が交錯する魅力ある町です。

●全羅北道(チョルラプクド) (5ヵ所)●

  • 茂朱テコンドー園韓国の伝統武術・跆拳道(テコンドー)にまつわるさまざまな展示がある博物館をはじめ、テコンドーの体験プログラムも可能な国立テコンドー園。国立なので体験プログラムもお手頃な値段が魅力的。
    【関連情報:テコンドー体験
  • 馬耳山名前の通り、馬の耳のような形の山が2つある馬耳山(マイサン)。この周辺は国立公園に指定され、美しい風景の場所。馬耳山にある浸食洞窟・華巌窟(ファアムクル)や石を積み上げ作られた80もの石塔が有名な塔寺(タプサ)などの景勝地がおすすめです。
  • 全州韓屋村いまや世界的にも有名な全羅道の観光スポットといえばここ全州韓屋村。街全体が韓国の伝統韓屋でその数はおよそ800棟にも及びます。韓服を着て韓屋村を闊歩する人、手作りチョコパイなどのおいしい食べ物も食べられるなど近年では人であふれるほどの賑わいです。
  • ・群山時間旅行…韓国の穀倉地帯・全羅道を代表する海上交通の拠点であった群山(クンサン)の近代史跡を辿ることができる群山時間旅行。群山近代歴史博物館や当時建てられた建築物を巡り1930年代前後の群山を知ることができます。毎年秋には群山時代旅行祭りを開催しています。
    【関連リンク:群山時間旅行村(群山市文化観光)(韓国語)/2019群山時間旅行祭り
  • 内蔵山山中に隠れたものが無尽蔵にある山・内蔵山(ネジャンサン)。秋の紅葉で有名な内蔵山ですが、「春・白羊、秋・内蔵」という言葉があり同じ内蔵山国立公園にある白羊寺(ペギャンサ)(全羅南道)周辺の春の景色も静かな雰囲気の中でまた格別です。
    【関連コラム:紅葉の名所、内蔵山を100倍楽しむ方法

●全羅南道(チョルラナムド) (7ヶ所)●

  • ・谷城・蟾津江汽車村蒸気機関車型の観光列車やレールバイクなどが体験できる谷城(コクソン)蟾津江(ソムジンガン)汽車村。観光列車が発着する全羅線旧谷城駅駅舎はレトロな趣の駅舎で古きよき鉄道駅の雰囲気を感じられます。
  • ・潭陽・竹緑苑潭陽(タミャン)を代表する観光スポット・竹緑苑。名前のごとく竹林が美しい場所で、竹林を吹きぬける風と竹の葉が奏でる涼しげな音に癒される注目のヒーリングスポットです。近くには天然記念物に指定されている河畔林・官防堤林などの観光地もあります。
    【関連コラム:竹林に誘う自然への旅! 潭陽 竹緑苑
  • 順天湾湿地順天湾(スンチョンマン)に広がる広大な湿地で、韓国国内最大規模の葦原・順天湾湿地。 野鳥の飛来地としても有名で、2006年に順天湾一帯がラムサール条約登録地となりました。景色の素晴らしさから写真家・写真愛好家の格好のフォトスポットにもなっています。 【関連コラム:順天シティツアーバスの旅!
  • ・麗水・エキスポ海洋公園2012年開催された麗水世界博覧会(国際博覧会)に合わせて造られた公園です。麗水新港前に広がる海に面したエキスポ海洋公園には展望台や記念館、水族館、宿泊施設などもあり、特に夜間に行われるマルチメディアショーBIG-Oは必見です。
    【関連コラム:ドラマ『むやみに切なく』撮影地
  • ・宝城緑茶畑…韓国を代表する緑茶産地・宝城(ポソン)。傾斜地に広がる広大な茶畑は圧巻の風景です。大韓茶園ポッチェ茶園などの茶園には数多くの観光客が訪れます。
    【関連コラム:ドラマ『青い海の伝説』撮影地
  • ・康津・駕牛島康津(カンジン)湾にある8つの島のひとつで唯一の有人島・駕牛島(カウド)。陸地とはつり橋の人道橋で結ばれ、自然も豊かな場所です。釣り公園や地上25メートルのタワーから海に向って滑り下るジップワイヤーなどもあり、自然とともに楽しめるところです。
  • ・海南・美黄寺山々の風景から海南(ヘナム)の金剛山(クムガンサン)とも呼ばれる達摩山(タルマサン)西方にあり、韓国の寺の中で一番南に位置する美黄寺(ミファンサン)。海に近いことから本堂の柱の基礎の石には亀や蟹などの彫物があるのが印象的です。

●釜山(プサン) 広域市 (6ヵ所)●

  • 甘川文化村釜山・甘川(カムチョン)港に面した傾斜地に階段状に町が形成されている甘川文化村。カラフルな建物が斜面に建ち並び、街の路地にはさまざまなアートがあったりと、地域住民の手により町の活性化を図るモデルとして近年脚光を浴びているところです。
    【関連コラム:地下鉄に乗ってまるごと1日 釜山小旅行!
  • 海雲台海水浴場広安里(クァンアンリ)海水浴場と並び釜山を代表する海水浴場・海雲台(ヘウンデ)海水浴場。一年を通じて様々な文化イベントが行われているところでもあります。
    【関連コラム:韓国の海水浴場ベスト10
  • ・マリンシティ…もともと埋立地だったところに2000年代以降本格的に開発が進む新しい釜山のベイサイドエリア。タワーマンションなど超高層ビルが建ち並び、光り輝く夜景はまさに百万ドルの夜景。近年では映画やドラマのロケ地としても登場、おしゃれなレストランも続々誕生し釜山のホットスポットに浮上している地域です。
    【関連コラム:地下鉄に乗ってまるごと1日 釜山小旅行!釜山のすてきな建築物めぐり
  • 太宗台釜山・影島(ヨンド)の南端、大韓海峡の外洋に突き出ている太宗台(テジョンデ)。新羅時代の王・太宗が矢を放ったところということで名付けられたのがこの地の由来です。この場所は名勝第17号にも指定されるほど風光明媚なところで天気のよい日には太宗台展望台から海の向こうに対馬を臨むこともできます。
  • 松島海水浴場松島(ソンド)海水浴場はいまからおよそ100年前の1913年、韓国で初めて開設された海水浴場です。一時期は砂浜の浸食が激しかった砂浜でしたが、2000年から5年間かけて整備し釜山地域有数の海水浴場となりました。
  • チャガルチ市場韓国を代表する水産市場といえばここチャガルチ市場。港で水揚された新鮮な魚が手に入ります。現在の市場の建物は2003年から2006年にかけて整備・新築され地上7階・地下2階建ての建物・総面積約2万5000平方メートルを誇る大規模な市場で、市場内では新鮮な海の幸も味わうことができます。
    【関連コラム:地下鉄に乗ってまるごと1日 釜山小旅行!釜山のすてきな建築物めぐり

●大邱(テグ) 広域市 (4ヶ所)●

  • 八公山大邱を中心に慶尚北道永川(ヨンチョン)市、軍威(クニ)郡などに広がる八公山(パルゴンサン)。仏教文化の中心地として桐華寺(トンファサ)をはじめ数々の寺院や仏教遺跡があります。桐華寺近くから山の中腹へと伸びる八公山ケーブルカーから眺める大邱の風景は絶景です。
  • 大邱近代路地大邱市内に残る韓国の近代史を物語る建物や史跡を巡る通り・大邱近代路地(大邱近代通り)。大邱は韓国戦争(1950~53年・休戦)での被害が他の都市より比較的少なかったため、韓国の近代を物語る現在までさまざまな建物などが残っています。
  • 西門市場大邱を代表する市場といえばここ西門市場(ソムンシジャン)。平壌・江景とともに朝鮮時代の三大市場にも数えられるほどで、現在でも活気ある韓国を代表する伝統市場として有名です。大邱を代表する繊維産業を背景とした衣類関係のお店からさまさまなお店が数多く軒を連ねています。
  • 金光石思い出の通り大邱出身のシンガーソングライターで数多くの名曲を残し志し半ばでこの世を去ったキム・グァンソク氏。氏を偲んで造られたのがこの金光石思い出の通り(キム・グァンソク タシクリギキル)です。名称の「クリギ」には「偲ぶ」と「描く」という言葉が込められており、通りの壁には氏の様々な姿が描かれています。

●蔚山(ウルサン) 広域市 (2ヶ所)●

  • ・太和江十里竹林…蔚山市内を貫く太和江(テファガン)左岸に広がる太和江地方庭園(太和江大公園)。太和江縁の道に続く竹林が太和江十里竹林(テファガン・シムニテスプ)です。エコプラス蔚山を標榜する都市らしく鬱蒼と生い茂る竹林は蔚山市民の憩いの場で、また竹に覆われた散策路は絶好のSNS映えスポットでもあります。
  • 嶺南アルプス蔚山をはじめ密陽(ミリャン)密陽(ミリャン)、梁山(ヤンサン)、慶州(キョンジュ)にある海抜1,000メートル以上の山々が連なる嶺南(ヨンナム)アルプス。登山はもちろん、景勝地やアウトドアも充実しているところで1年を通じてひっきりなしに観光客がやって来る風光明媚な山岳地帯です。

●慶尚北道(キョンサンプクド) (9ヶ所)●

  • ・栄州・浮石寺新羅時代の676年に開山された栄州(ヨンジュ)にある浮石寺(プソクサ)。ユネスコの世界文化遺産に登録され、境内には無量寿殿・祖師堂・祖師堂壁画・無量寿殿前石塔などの国宝が数多くある寺です。
    【関連情報:ユネスコ世界文化遺産 山寺、韓国の山地僧院(2018年)
  • ・蔚珍・金剛松林道韓国の伝統建築物に使われる最高級松材・金剛松(クムガンソナム)。その金剛松が生い茂る慶尚北道蔚珍(ウルジン)にある松林がここです。朝鮮時代より王の棺の材料として使う松材として管理され、現代になってからは育種林、山林遺伝資源保護林として指定し森林を保護しています。
  • 安東河回村韓国の古の文化と伝統が息づく民俗村・安東河回村(アンドン・ハフェマウル)。海外からの国賓もたびたび訪れる河回村は慶州良洞村とともに「韓国の歴史村」として2010年ユネスコ世界文化遺産に指定されました。重要無形文化財である仮面劇・河回タルチュムとして有名な別神グッ仮面劇は河回村ならではの伝統芸能です。
    【関連情報:ユネスコ世界文化遺産 韓国の歴史村:河回と良洞(2010年指定)
  • ・青松・周王山大きな岩が屏風のように聳え立ち、岩肌の峰や渓谷が美しく韓国の三大岩山に数えられる慶尚北道青松(チョンソン)の周王山(チュワンサン)。岩の渓谷から勢いよく流れ落ちる瀑布も数多くあり、風光明媚で自然豊かな国立公園です。
    【関連コラム:韓国の秋の紅葉名所ベスト5
  • 盈徳ズワイガニ通りおよそ170のズワイガニ専門店が軒を連ねる盈徳(ヨンドク)ズワイガニ通り。毎年11月5月までのズワイガニのシーズンには数多くの観光客が訪れ、毎年春先には盈徳ズワイガニ祭りが開催されています。
  • 浦項運河浦項(ポハン)運河は浦項市内を流れる兄山江(ヒョンサンガン)河口の海道橋(ヘドギョ)付近から東浜内港(トンビンネハン)を結ぶ約1.3kmの水路です。70年代に一旦埋め立てられましたが、水路の流れを復元すべく工事に着手し2014年浦項運河として新たに生まれ変わりました。現在では広報館である浦項運河館、浦項クルーズなどが誕生し新たな浦項の観光スポットとして注目されています。
  • ・慶州大陵苑一帯(東宮と月池瞻星台大陵苑・天馬塚、皇理団通り)…新羅の古都・慶州(キョンジュ)には数多くの史跡がありますが、中でも慶州市内中心部にある新羅王朝の大規模な古墳群・大陵苑一帯にはさまざまな名所があります。近年では若者に人気の店や露店が集まる皇理団通り(ファンニダンキル)も人気の観光スポットに。
    【関連コラム:みんなには知られたくない見どころいっぱい、「~理団キル」ツアー!
  • 仏国寺石窟庵慶州観光に欠かせない場所と言えばここ、慶州市内中心部から南東方向にある吐含山(トハムサン)にある寺・仏国寺(プルグクサ)と石窟庵(ソックラム)。栄華を極めた新羅仏教の中心で、1995年にはユネスコ世界文化遺産に指定され、外国からの観光客も数多く訪れる史跡です。
    【関連情報:ユネスコ世界文化遺産 石窟庵・仏国寺(1995年指定)
  • 鬱陵島独島東海(トンヘ)に浮かぶ慶尚北道の島と言えば鬱陵島(ウルルンド)と独島(トクト)。船舶でのみ行くことができる陸地から離れた島だけあってきれいな海と自然が手付かずの状態で残り素晴らしい景観を誇る島です。

●慶尚南道(キョンサンナムド) (7ヶ所)●

  • ・陜川・海印寺韓国三大寺院のひとつとして数えられる慶尚南道陝川(ハプチョン)にある海印寺(ヘインサ)。新羅時代に創建されたこの寺には、仏教の経典を8万枚の木版に刻んだ八万大蔵経(国宝第32号・ユネスコ世界記録遺産)やその木版を所蔵する蔵経板殿(国宝第52号・ユネスコ世界文化遺産)があり、世界的に有名な寺です。
    【関連情報:ユネスコ世界文化遺産 海印寺蔵経板殿(1995年指定)/ユネスコ世界記録遺産 高麗大蔵経板および諸経板(2007年指定)
  • ・昌寧・牛浦沼慶尚南道昌寧(チャンニョン)にある大小4つの沼からなる牛浦沼(ウポヌプ)。人類が誕生する前の約1億4千万年前にできたといわれるこの沼には数多くの生物が生息し、夏には蛍、秋には渡り鳥が飛来するなどし、1998年にはラムサール条約登録地となりました。
  • 晋州城慶尚南道晋州(チンジュ)にある由緒ある古城です。この城の原点は三国時代にまで遡り、朝鮮時代に入り現在の名称・晋州城(チンジュソン)となりました。高麗時代末期には倭寇の攻撃を防ぐための砦を築き直し、1592年の壬辰倭乱(日本で言う「文禄の役」)の時には韓国南西部の湖南(ホナム)地方に侵入する外敵を防ぐ役割も果たしました。
  • 統営スカイラインリュージュ慶尚南道統営(トンヨン)市内を一望できる全長1.5kmの傾斜コースをカートで一気に疾走するスカイラインリュージュ。特殊製作され安全にも配慮したカートなので保護者同伴ならお子さんでも楽しめます。スタート地点へは専用リフト・スカイライドを利用、統営の人気スポットです。
    【関連コラム:東洋のナポリ、港町・統営の旅!EXOが問いかけます。『韓国でこんなこと、したことある?』
  • ・巨済・風の丘巨済(コジェ)南東部にある風の丘(パラメオンドク)は景色の美しい南海(ナメ)の海原を一望できる海辺の丘。芝に覆われた丘の上には西洋風の風車もありその素晴らしい風景からドラマや映画のロケ地としても度々登場します。同じ閑麗(ハルリョ)海上国立公園内にある巨済島の景勝地・海金剛(ヘクムガン)もすぐにそばにあります。
  • 外島ボタニア巨済市の沖合い4kmのところに浮かぶ外島(ウェド)。この島を個人が買い上げ、島全体を海上植物公園に造り上げたのがここ外島ボタニア。椿の木が島中を覆い、亜熱帯植物や希少植物も沢山植えられています。西洋風の庭園や建物もあり、韓流ドラマの先駆けとなった「冬のソナタ」の最終回のロケ地としても有名です。
  • ・南海・ドイツ村1960年代当時の西ドイツに出稼ぎに行き韓国の経済発展に貢献した人々の老後の定住先支援や特色ある観光振興を目的におよそ10万平方メートルメートルの敷地に造られたドイツ村。ドイツから建材を輸入してドイツの伝統的な住宅を建築、南海の海を臨む眺望は素晴らしく、一部は民泊施設としても利用されています。
    【関連コラム:もっとも韓国らしい風景が広がる慶尚南道南海

●済州(チェジュ) 特別自治道(9ヶ所)●

  • ・オルレキル…オルレキル(オルレ道)は2007年から社団法人済州オルレが運営する歩いて済州を旅する観光客のために整備したコースのことで、オルレとは済州の方言で車も通れない小さな道という意味です。現在では済州道全体にオルレキルが整備されています。
    【関連情報:済州オルレ
  • チョルムル自然休養林済州チョルムル自然休養林は済州島中央に聳える漢拏山(ハルラサン)北東にある側火山・チョルムルオルムにある休養林です。杉林が大変美しいことで有名で、休養林にはウォーキングコースをはじめ宿泊施設、芝生広場などがあり、済州の自然の中で憩いのひとときを過ごせます。
  • 漢拏山韓国を代表する山といえばここ、標高1,950mを誇る漢拏山(ハルラサン)。済州島中央部に位置し、休火山である漢拏山の周辺には大小様々な側火山・オルムがあります。1970年には国立公園に指定され、数多くの登山コースがあります。
    【関連情報:ユネスコ世界自然遺産
  • 西帰浦毎日オルレ市場済州南部にある西帰浦(ソギポ)市最大の市場・西帰浦毎日(メイル)オルレ市場。1960年頃から自然発生的に市場が形成され、いまでは全長620mにも及ぶアーケードに約200のお店と140に及ぶ露天が軒を連ねており、西帰浦を訪れる観光客にも人気の市場です。
  • ・済州・榧子林樹齢500年から800年のカヤの木が2,800本も自生する榧子林(ピジャリム)。世界最大規模のカヤの森とも言われており、1993年にはこの森が天然記念物第374号に指定されました。
    【関連コラム:済州の自然に触れるヒーリングの旅
  • 城邑民俗村漢拏山の麓にあり、済州の古の村の様子が残る城邑(ソンウプ)民俗村。済州のシンボルでもあるトルハルバン、草葺の民家などの有形文化財をはじめ、民俗遊び、郷土料理などの無形文化財も数多く受け継がれている村です。
  • ソプチコジソプチは昔のこの地域の地名で、コジとは済州の方言で突き出した岬のような地形を言います。済州の東海岸にあるソプチコジは木が一本もない草原が続く岬でその風景の素晴らしさからイ・ビョンホン、ソン・ヘギョ主演ドラマ『オールイン』(SBS・2003年)をはじめ数々のロケ地にもなりました。
    【関連コラム:春の花が楽しめるおすすめスポット済州の自然に触れるヒーリングの旅
  • 城山日出峰およそ10万年前の海底火山活動によりできた噴火口の跡である城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)。噴火口の直径は600m、高さはおよそ90mにも及びます。2007年には「済州火山島と溶岩洞窟」の一つとしてユネスコ世界自然遺産に登録されました。
    【関連コラム:済州の自然に触れるヒーリングの旅
  • 牛島済州島の東に浮かぶ牛島(ウド)。島の形が牛に似ていることから名付いたこの島は済州観光にやってきた人々がひっきりなしに訪れる人気の観光スポットです。真っ白な砂浜の海岸、エメラルド色の海など済州の自然が満喫できるところです。
More Info
  • ☞ 韓国旅ガイド:韓国旅行中に便利な韓国観光公社スマホ・タブレットアプリ「韓国旅ガイド」。 Android・iOS双方に対応しています。韓国にお出かけ前にGoogle Play、Appleストアにてインストール!
  • ☞ 韓国観光案内電話:+82-2-1330 (日本語はじめ韓・英・中・露・ベトナム・タイ・マレー/インドネシア語可能)

※上記の内容は2019年4月現在の情報です。今後変更されることがありますのでお出かけ前に必ずご確認ください。