トピックス

夏だ!乾杯!ソウルでクラフトビール!

  • Tag etc Food Shopping Trend
  • 日付2019/06/28
  • Hit1734

韓国のクラフトビール

いよいよやって来ました、今年の夏!夏と言えばなにはともあれ、ビールという方も多いのではないでしょうか。韓国でもビールは大人気で夏の風物詩。特に最近はフライドチキンを食べながらビールでクイッと一杯やるチメク(チキンとメクチュ(麦酒)=ビール=の合成語)をはじめ、地名が銘柄についたビール「地域ビール」、昼間は普通の近所の小さなスーパー、夜は一転ビールが飲める店に変身するカゲ(お店)ということから名前が付いたカゲメクチュ、クラフトビールなど、ここ韓国ではさまなまな銘柄、スタイルで楽しむ韓国独自のビール文化が花開いています。
今回はそんな韓国の最新ビール事情を近年人気のクラフトビールを中心にご紹介、ソウルで楽しめるいま流行のビール専門店を巡る呑み旅に皆様をご招待します。

Tip)クラフトビールをおいしく楽しむ ビールの基礎知識

Q. ビールの主原料は?
A. 水、麦芽(モルト)、ホップ、酵母がビール醸造の基本となる主原料。まずはこの四つをおさえておきましょう。
Q. ビールの種類は?
A. ビールはエール(Ale)とラガー(Lager)の二つに大分されます。
エールビールは摂氏15度から25度までの比較的高い温度で発酵させる上面発酵により醸造し、出荷できるまでにおよそ3週間ほどかかります。
一方、ラガービールは摂氏5度から15度までの低温で発酵させる下面発酵により醸造、エールビールのおよそ2倍の約6週間をかけて完成します。
通常、炭酸が少なくフルーティーな味わいなのがエール、すっきりとして爽やかな仕上がりになるのがラガービールです。またエール・ラガーの中でも、ヴァイツェン、ペールエール、IPA、スタウトなど種類もさまざまなので、お気に入りのビールを見つけて飲んでみることをおすすめします。
Q. 自分に合ったクラフトビールを見つけるには?
A. ビールは軽い味わいのものから、コクのあるビールまでさまざま。ライト感覚のビールがお好みなら、ピルスナー(Pilsener)、ヴァイス(Weiss)、ゴールデンエール(Golden Ale)を、コクを重視する方にはIPA(India Pale Ale)、ポーター(Porter) を、その中間がお気に入りの方はスタウト(Stout)、ペールエール(Pale Ale)がおすすめです。

さまざまな韓国の「地域ビール」

韓国各地の地名がついたクラフトビール(左から「江西」「漢江」「光化門」「達西」「済州」「海雲台」の各銘柄)

ここ数年、韓国のビール通の間で話題となっているのがこれ、韓国で「地域ビール」と言われているビール。ビールの名前に韓国の地名が入ったビールで、大型スーパーやコンビニなどで手に入ります。 また、各ビール醸造会社直営のパブやレストランなどでも味わうことができます。ビールのラベルには地名やその地域を象徴するイラストが描かれており、お土産にもおすすめの一品です。SNS映えもするということで人気の商品となっています。

人気の韓国のクラフトビール

  • - 光化門ビール(GWANGHWAMUN): アンバーエールのビールで、かすかに珈琲のような上品な味わいがあるビール。カラメルモルトと韓方にも使われるヤブランの根を主原料しています。アルコール分5.0%。醸造元はコリアクラフトブリュワリー。
  • - 海雲台ビール(HAEUNDAE):昼間からでも気兼ねなく飲める軽い味わいとほのかなパイナップルの香りが特徴。ビーチでも手軽に飲めるよう缶入りになっています。アルコール分4.2%。醸造元はコリアクラフトブリュワリー。
  • - 江西マイルドエール(GANGSEO MILD ALE):オレンジ、マンゴーのようなシトラスの香りが特徴。銘柄名はソウル特別市の金浦空港などがある江西区(カンソグ)の名前に由来。アルコール分4.6%。醸造元はセブンブロイ(7bräu )。
  • - 達西オレンジエール(DALSEO ORANGE ALE):小麦麦芽と大麦麦芽をブレンドし発酵、マイルドな甘い香りにオレンジの香りを加えた白ビール(小麦ビール)。やわらかいバニラの風味にほのかに薫る爽快なオレンジピールの香りが特徴。アルコール分4.2%。醸造元はセブンブロイ。
  • - 漢江エール (HANGANG ALE): 小麦麦芽をベースに、クリーミーできめが細かい泡が特長。麦芽の甘味とオレンジピールの爽やかさが清涼感を高め、ゴクゴクいけるビール。アルコール分5.2%。醸造元はセブンブロイ。
  • - 済州ウィットエール(JEJU WIT ALE): 済州特産の有機農済州みかんの皮を加え、ほのかなみかんの香りの爽やかな後味が特徴。アルコール分5.3%。醸造元は済州ビール。
More info
韓国の「地域ビール」及びクラフトビール購入場所
☞ 購入場所:市中の大型スーパーマーケット・コンビニ・パブなど
☞ 価格:3,000ウォン台からさまざまな価格帯の銘柄あり
※ 売場ごとに価格が異なります。
☞ 醸造会社公式ホームページ:
・コリアクラフトブリュワリー http://www.koreacraftbrewery.com (韓国語)
・セブンブロイ http://www.sevenbrau.com (韓国語・英語・中国語)
・済州ビール https://jejubeer.co.kr (韓国語)

クラフトビール 人気のパブ&工房

セブン・ブロイ・パブ

セブンブロイビールPUB

セブンブロイパブ(7bräu PUB)は韓国のビール会社・セブンブロイのさまざまな銘柄のビールが味わえるところ。セブンブロイで醸造されたすべてのビールを、新鮮でおいしい状態で楽しめます。
代表的なビールとして「2017青瓦台公式晩餐酒」としても選ばれたハンガン(漢江)・カンソ(カンソ)・タルソ(達西)・チョルラ(全羅)・ソチョ(瑞草)・ソウルという銘柄があります。それぞれの銘柄ごとに甘味、苦味、フルーティーな味わいなどさまざまな味わいの特徴あるビールに仕上がっており、テイスティングするだけでも楽しいビールです。

More info
7ブロイパブ 汝矣島店
☞ 所在地:ソウル特別市 永登浦区 国会大路74キル 9(서울특별시 영등포구 국회대로74길 9)
☞ 利用時間:18:00~翌1:30・日曜日休業
☞ 主なメニュー:ハンガン(漢江)、カンソ(江西)、タルソ(達西)、チョルラ(全羅)、ソチョ(瑞草)、ソウルなどの銘柄のクラフトビール
※ 季節により価格が変わります。
☞ 電話問合せ: +82-70-4117-0770 (韓国語)
☞ ホームページ:http:// www.sevenbrau.com (韓国語・英語・中国語)

アメイジング・ブリューイング・カンパニー

アメイジング・ブリューイング・カンパニー

アメイジングブリューイングカンパニーはおよそ30のビールタップがずらりと並び、さまざまなクラフトビールが楽しめるところ。特にアメイジングブリューイングカンパニーは果敢に新しいクラフトビールを次々生み出すことで有名な醸造会社です。
代表的なビールとしては、このお店がある聖水洞(ソンスドン)の住民と手を携えて作り上げた「初恋ビール(チョッサランメクチュ)」(New England IPA)があり、わずか3年の間に30万杯を売り上げたベストセラークラフトビール。初恋のように甘く、そしてほろ苦い熱帯果実の味が特長です。
この他にも地元の地名がついた聖水洞(ソンスドン)ペールエール、近所にある公園・ソウルの森から命名されたソウルの森ビールなどがあります。
店内ではガラス越しにクラフトビールの醸造過程も見学でき、ビールのグラスを傾けながらあたかもビール工場のなかにいるような気分でビールを楽しめます。

More info
アメイジングブリューイングカンパニー
☞ 所在地:ソウル特別市 城東区 聖水1路4キル4(서울특별시 성동구 성수일로4길 4)
☞ 利用時間:平日 18:00~翌1:00、土曜日 16:00~翌01:00、日曜日16:00~24:00・年中無休
☞ 主なメニュー:初恋ビール(チョッサランビール/New England IPA) 6,000ウォン、聖水洞ペールエール (American Pale Ale)5,000ウォン、ショッキングスタウト 6,000ウォンなど
☞ 電話問合せ:+82-2-465-5208 (韓国語)
☞ ホームページ:http://amazingbrewing.co.kr (韓国語)

タップパブリック

Tap Public

タップパブリック(TAP PUBLIC)はICチップ内臓のブレスレットを使い、ビールを注ぐという最先端システムを駆使したパブレストラン。すべてで60銘柄のクラフトビールがあり、季節毎に銘柄の入れ替えもおこなっています。
利用方法はいたって簡単。お好みのグラスを選んで、まずは60銘柄のビールを品定め。気に入ったビールを見つけたら、ICチップ内臓のブレスレッドの「TAG TAP」と書かれた部分を、ビールサーバー機の画面下にあるロゴマーク部分にタッチすればOK。支払いはグラスに注がれた分量だけのビール代を支払えばいいので、一飲みずつ注いでテイスティングすることも可能で、自分に合ったビールを探し出す楽しさもあります。
タップパブリックはソウル市内に梨泰院(イテウォン)と光化門(カンファムン)に支店があります。

More info
タップ・パブリック(TAP PUBLIC)
☞ 所在地:ソウル特別市 龍山区 梨泰院路 244(서울특별시 용산구 이태원로 244)
☞ 利用時間:月~木14:30~翌1:00、金 14:00~翌2:00、土 11:30~02:00翌2:00、日 11:30~翌1:00・年中無休
☞ 電話問合せ:+82-2-797-4999 (韓国語)
☞ ホームページ:http://www.tappublic.com (韓国語・英語)

I'HOPビール工房

I'HOPビール工房

I'HOP(アイホップ)ビール工房は2017年にオープンした、ソウルで一番大きな規模を誇るクラフトビール専門店。店内には容量20リットルのクラフトビールを8バッチ(Batch=ビールの仕込み単位)まで醸造可能な施設があり、座席は全40席あります。
体験醸造カリキュラムもあり、ビールについての理論を学ぶ座学から、実際にビールの醸造、発酵及び熟成の過程までを体験できるコースとなっています。全課程を終えるには5~6時間ほどかかりますが、事前にお申し出頂ければ3時間の短縮コースも可能です。

More info
I'HOPビール工房(I'HOP BEER)
☞ 所在地:ソウル特別市 松坡区 百済古墳路243 地下1階(서울특별시 송파구 백제고분로 243 지하 1층)
☞ 利用時間:月~金12:00~21:00、土・日 9:00~21:00・年中無休
※ 事前予約制。必ず電話にてお問合せ下さい。
☞ 利用料金:事前問合せ
※ 総体験醸造(5人コース・教育及び材料費含む)、個人醸造(材料費別途)の2つのカリキュラムがあり、仕込む原材料により料金が異なるため要事前問合せ
※ コースの一部のみの体験あるいは麦芽100%ビール醸造コースなどもあります。詳しくは別途問い合わせ。
※ 予約時、少なくとも1週間前までに醸造するビールの穀物(大麦)、ホップ、酵母の酒類を指定しなければなりません。
☞ 利用方法:電話またはホームページを通じて別途問合せ
☞ 電話問合せ:+82-2-415-7942 (韓国語・英語)
☞ ホームページ:http://blog.naver.com/ihopbeer (韓国語), https://www.instagram.com/ihopbeer (韓国語)

ビールと相性が抜群のおつまみ・グルメ

ビールに合うおつまみ・グルメ

ビールに欠かせないものと言えばおつまみ。
韓国で昔からポピュラーなビールの友といえば、スルメイカ、ピーナッツ、スケトウダラ(スケソウダラ)の干物・モクテ(墨太=スケトウダラを寒風に晒して乾燥させる過程で、外気温が高くなり表面がやや黒味を帯びてできたスケトウダラの干物)などの乾物・ナッツ系のおつまみ。
最近は若者の間で昔なつかしい酒文化が流行っていることから、前述のモクテや、スケトウダラの幼魚の干物・ノガリなどのおつまみが再び脚光を浴びています。これ以外にもビールといえば欠かせないフライドチキンやピザも定番となっています。

☞ 韓国観光案内電話: +82-2-1330 (日本語・韓国語・英語・中国語・ロシア語・ベトナム語・タイ語・マレー/インドネシア語)

※上記の内容は2019年6月現在の情報です。今後変更されることがありますのでお出かけ前に必ずご確認ください。