トピックス

どこか似ているようで魅力あるスポット、京畿道・加平&全羅南道・潭陽。

  • Tag etc Food History Shopping Tour Trend
  • 日付2019/10/29
  • Hit934

加平・アチムゴヨ樹木園(左)、潭陽・竹緑苑(右)

韓国で旅をしていると、全く違う街なのに、どことなく似ているところに出くわすことがあります。ソウル近郊の京畿道(キョンギド)加平(カピョン)と韓国南西部・全羅南道(チョルラナムド)潭陽(タミャン)はそんな場所。観光客が大勢訪れるスポットなど一見、うり二つのように見える加平と潭陽ですが、実際に足を運んで見ると、加平、潭陽ともその場所でしか味わえない魅力いっぱいのスポットばかりです。 今回はそんなどこか似ているようで魅力あふれる二つの街・京畿道加平と全羅南道潭陽をご紹介します。

南怡島ジップワイヤー・潭陽パラグライディング

潭陽・パラグライディング(左=提供:潭陽パラグライディング)、南怡島ジップワイヤー(右)

南怡島(ナミソム)ジップワイヤーは30階建ての建物に相当する地上およそ80mの高さから北漢江(プカンガン)の川面の上に張られた全長およそ1kmのワイヤーを滑走するスリル満点のアトラクション。
コースはアドベンチャーコース、ファミリーコースの二つあり、アドベンチャーコースは上流にあるチャラ島にジップワイヤーで下り降り、チャラ島到着後、船で南怡島へ向うコース、ファミリーコースは下流の南怡島へ一気に下り降りるコースです。
スリル満点のスピードを体感したい方はチャラ島へ向うアドベンチャーコースを、緩やかな傾斜を滑走し周囲の風景をゆっくり眺めたい方や南怡島へ直行したい方にはファミリーコースがおすすめです。
ちなみにファミリーコースは、南怡島へ向う船着場のそばにあるジップワイヤータワーの最上部をスタート地点に、南怡島までおよそ1分半で滑り下ります。

加平・南怡島ジップワイヤーが空を横切るレジャースポーツなら、潭陽には空を自由に飛ぶスカイスポーツ、パラグライディングがあります。
パラシュートとハンググライディングが融合したパラグライディング(パラグライダー)、ここ韓国では1986年にはじめてお目見えしました。山地がおよそ7割を占める韓国では、いまやレジャースポーツとして確固たる地位を築き、現在ではここ潭陽をはじめ、韓国全国で100ヶ所以上で体験できます。
潭陽のパラグライディングでは潭陽の青々とした森、そして大小さまざまな村々を眼下に眺めながら滑空することができます。

More info
  • 南怡島ジップワイヤー
  • ☞ 所在地:京畿道 加平郡 加平邑 北漢江辺路1024(경기도 가평군 가평읍 북한강변로 1024)
  • ☞ アクセス:KORAL京春線加平駅下車、タクシーで約10分、バスで約20分
    ※ 東ソウル総合バスターミナル(ソウル地下鉄2号線江辺駅そば)から加平市外バスターミナルまでバス路線あり(所要時間およそ1時間20分)
  • ☞ 営業時間:9:00~18:00 (夏期は19:00まで)
    ※ 安全確保のため当日の天候によりご利用できないことがあります。
    ※ エレベーター移動、安全教育、搭乗実施まで所要時間およそ20分
    ※ ジップワイヤーのご利用は南怡島・チャラ島の各島に向かう前の河畔からのみ可能(各島からの戻りは船利用)
  • ☞ 利用料金:アドベンチャーまたはファミリーコース 各 44,000ウォン
    ※ 南怡島利用料金、南怡島からの戻りの乗船料込み)
  • ☞ 電話番号:+82-31-582-8091 (韓国語)
  • ☞ 公式ホームページ:
    ・南怡島ジップワイヤー:http://www.zipwire.co.kr (韓国語)
    ・インターパーク(事前予約): http://ticket.interpark.com(日本語・韓国語・英語・中国語)※言語を日本語にし「ジップワイヤー」で検索。
  • 潭陽パラグラインディング
  • ☞ 所在地:全羅南道 潭陽郡 昌平面 柳川里 107(전라남도 담양군 창평면 유천리 107)
  • ☞ アクセス:潭陽共用バスターミナルからタクシーで約20分、バスで約1時間半
  • ☞ 営業時間:9:00~18:00・年中無休
    ※ 当日の天候により営業時間を短縮・延長することがあります。
    ※ 利用希望日より少なくとも2~3日前までに要事前予約
  • ☞ 利用料金:
    ・Aコース(離着陸基本飛行) 100,000ウォン
    ・Bコース (Aコース+バイキング体験+動画または写真)130,000ウォン
    ・ VIPコース: Bコース+自ら操縦+飛行時間追加 150,000ウォン
    ※ Aコースオプション可能:写真撮影10,000ウォン追加、動画撮影20,000ウォン追加、バイキング体験20,000ウォン追加
    ※ 搭乗同意書作成、ビデオによる安全教育受講は必須事項となっています。
  • ☞ 電話番号:+82-10-4840-3330 (韓国語)

南怡島メタセコイア・潭陽メタセコイア

潭陽メタセコイア(左)と南怡島メタセコイア(右)の並木道

南怡島は1944年清平(チョンピョン)ダム建設により北漢江(プカンガン)の流れが堰き止められできた、京畿道及び江原道(カンウォンド)の道境にある川の中央に浮かぶ島で、京畿道加平郡にある南怡島船着場から船またはジップワイヤーを利用していくことができます。
外国からの観光客が数多く訪れる大韓民国を代表する観光スポットで、年間およそ330万人がやってきます。南怡島メタセコイアの道は海外での韓流人気のさきがけとなったペ・ヨンジュン、チェ・ジウ主演のドラマ『冬のソナタ』(KBS2・2002年)でふたりが歩いた道として有名となり、以来デートコースとしても脚光を浴びている場所です。
南怡島にはメタセコイアの道のほかにも、様々な公演、お祭り、展示会なども実施されており、またソングアイランドギャラリー、世界民族楽器展示館、アンデルセン絵本センターなどさまざまな文化スペースも楽しめます。

南怡島メタセコイア(上)と潭陽メタセコイア(下)

一方、南怡島のメタセコイアの道とはひと味ちがった雰囲気を醸し出すのがここ、潭陽メタセコイアキル(メタセコイアカロスキル)。潭陽メタセコイアキルは韓国で最も美しい並木道として有名です。大きな街路樹が立ち並ぶ美しい森のトンネルはいままでに見たこともないような世界となっています。
潭陽メタセコイアキルの街路樹は韓国で初めて養苗した苗木を植えて並木道を作り上げたということで有名。この道を歩けば、並木から光合成により放たれるきれいな空気に包まれ、癒しにも効果があり、森林浴をお楽しみになりたい方におすすめのところです。
また散策以外にもドライブコースとしても楽しめるのがこのメタセコイアの道のセールスポイントです。

More info
  • 南怡島メタセコイアの道
  • ☞ 所在地:江原道 春川市 南山面 南怡島キル 1(강원도 춘천시 남산면 남이섬길 1)
    ※南怡島島内にあり。南怡島にある船着場入口から徒歩約10~15分
  • ☞ アクセス:KORAIL京春線・加平駅下車、タクシーで約10分、バスで約20分(南怡島へ渡る船着場までの所要時間)
    ※ 東ソウル総合バスターミナル(ソウル地下鉄2号線江辺駅そば)から加平市外バスターミナルまでバス路線あり(所要時間およそ1時間20分)
  • ☞ 営業時間:7:30~21:30・年中無休
    ※ 南怡島へ渡る船の運航時間
    ・7:30~9:00 - 30分間隔で運航(加平船着場発始発便出航以降、30分間隔で運航)
    ・9:00~18:00 – 10~20分間隔で運航
    ・18:00~21:40 - 30分間隔で運航(加平船着場発最終便まで、30分間隔で運航)
  • ☞ 利用料金:大人 13,000ウォン、青少年 10,000ウォン、子ども 7,000ウォン
    ※ 南怡島往復渡し船利用料を含む
  • ☞ 電話番号:+82-31-580-8114 (韓国語・英語・中国語)
  • ☞ 公式ホームページ:http://www.namisum.com (日本語・韓国語・英語・中国語)
  • 潭陽メタセコイアキル(潭陽メタセコイアランド)
  • ☞ 所在地:全羅南道 潭陽郡 潭陽邑 メタセコイア路19(전라남도 담양군 담양읍 메타세쿼이아로 19)
    ※ メタセコイアランド:メタセコイアの道、子どもプロバンス、湖南気候変化体験館、カエル生態公園など
  • ☞ アクセス:潭陽共用バスターミナルからタクシーで約10分、バスで約20分
  • ☞ 営業時間:9:00~18:00・年中無休
    ※ 夏期は19時まで営業
  • ☞ 利用料金:大人 2,000ウォン、青少年 1,000ウォン、子ども 700ウォン
  • ☞ 電話番号:061-380-3149 (韓国語)

加平プチフランス・潭陽メタプロバンス

加平プチフランス(左)、潭陽メタプロバンス(右)

プチフランスは北漢江の上流方向に清平ダムから南怡島の方へ向う川縁の道路の左手の丘にある、異国情緒あふれる建物が軒を連ねる場所。建物だけみれば、まるで地中海沿岸の村か、はたまたアルプスにある田園の村のような錯覚におちいってしまうほど。それもそのはず、ここプチフランスは「花と星、そして星の王子さま」 をコンセプトに作られた場所だからです。
プチフランスには建物の他にも、世界的にも有名な文学作品「星の王子さま」の著者・サン=テグジュペリの一生とその作品の世界を紹介したサン=テグジュペリ記念館や、200年前に作られた年代物のオルゴールから奏でられる甘い音色を聴けるオルゴールハウス、フランスの古宅をそのまま移築したフランス伝統住宅展示館、フランスや欧州で収集した骨董品を展示する骨董品展示館などもあり、フランス独特の文化を体験できます。

 プチフランス(上)と潭陽メタプロバンス(下)

加平にプチフランスがあれば、潭陽にはメタプロバンス!
メタプロバンスはフランス南部の地中海に面するプロバンス(プロヴァンス)地方の美しい街並みを再現する、ヨーロッパをテーマにした観光スポットです。
ここメタプロバンスはデザイン工房や体験館、カフェ、ペンション、アウトレット、潭陽昆虫博物館など文化から芸術、ショッピングに至るまでさまざまな施設がある、開かれたスペース。メタプロバンスのあちらこちらには美しい欧州風の建物をバックに撮影できるフォトゾーンもあり、メタプロバンス訪問の記念にぜひファインダーに収めておきたいところです。
メタプロバンスに来たら、フランスの雰囲気が感じられるカフェでシャンソンを聴きながら憩いのひとときを過ごし、お帰りの際にはお土産にぴったりの商品がもりだくさんのギフトショップで楽しいショッピングの時間を過ごすのはいかがでしょうか。

More info
  • プチフランス
  • ☞ 所在地:京畿道 加平郡 清平面 湖畔路1063(경기도 가평군 청평면 호반로 1063)
  • ☞ アクセス:KORAIL京春線・加平駅からタクシーで約10分、バスで35分
  • ☞ 営業時間:9:00~18:00・年中無休 ※ 営業終了時刻1時間前まで入場可能 ※ プチフランスの営業終了時刻は時期及び天候により変わることがあります。
  • ☞ 利用料金:大人 10,000ウォン、青少年 8,000ウォン、子ども 6,000ウォン
  • ☞ 電話番号:+82-31-584-8200 (韓国語)
  • ☞ 公式ホームページ:http://www.pfcamp.com (韓国語・英語・中国語)
  • メタプロバンス
  • ☞ 所在地:全羅南道 潭陽郡 潭陽邑 キップンシルキル 2-17(전라남도 담양군 담양읍 깊은실길 2-17)
  • ☞ アクセス:潭陽共用バスターミナルからタクシーで約10分、バスで約20分
  • ☞ 利用料金:入場無料
    ※ 店舗のご利用、工房体験などは別途費用がかかります。
  • ☞ 営業時間:常時開放
    ※ ただし、店舗及び体験場はそれぞれ営業時間が異なりますので事前にご確認の上お越し下さい。
  • ☞ 電話番号:+82-61-383-1710 (韓国語)
  • ☞ 公式ホームページ:http://metaprovence.co.kr (韓国語)

加平タッカルビ・潭陽トッカルビ

加平・タッカルビ(左)と潭陽・トッカルビ(右)

加平に来たからには見逃せないグルメといえばこれ、タッカルビ。
タッカルビはぶつ切りにした鶏肉を醤油・ニンニク・ショウガなど合わせて作ったコチュジャンベースの特製ソースに漬け、サツマイモやニンジン、キャベツ、タマネギ、長ねぎ、トッポッキで使う餅などと一緒に鉄板で炒めて食べる韓国を代表するグルメです。
加平からほど近い江原道春川(チュンチョン)発祥の郷土料理で「春川タッカルビ」の名称で有名です。春川タッカルビは基本的にピリ辛い味わいが特徴ですが、お店によってはカンジャン(醤油)タッカルビ、炭焼きタッカルビ、中にはチーズフォンデュのようにチーズをからめて食べるチーズタッカルビもありますので、辛さが苦手な方にもタッカルビのおいしさをお楽しみいただけます。春川タッカルビの締めには、そば粉で作った麺が絶品のマッククスもお忘れなく。

潭陽・トッカルビ(左)と加平・タッカルビ(右)

潭陽もグルメに関しては負けていません。潭陽といえば、どの世代にも絶大な人気を誇るグルメ・トッカルビを忘れてはなりません。トッカルビの本場・潭陽で味わうトッカルビの味は言わずもがな、潭陽を訪れたらぜひ一度は食べていただきたい潭陽ならではのグルメです。

潭陽・トッカルビ(上)と加平・タッカルビ(下)

特に潭陽トッカルビはあらかじめ焼いておかず、注文と同時に炭火で焼くので深い味わいが特徴。トッカルビにピッタリの竹筒御飯は韓国産もち米、黒米、雑穀をおよそ40分から50分間圧力釜で炊き上げ、ほのかな竹の香りが魅力のご飯です。お店によっては食べ終わった竹筒を記念に持ち帰ることができるところもあります。

More info
  • アッティ春川タッカルビ(아띠춘천닭갈비)
  • ☞ 所在地:京畿道 加平郡 加平邑 北漢江辺路1080 (경기도 가평군 가평읍 북한강변로 1080)
  • ☞ アクセス:KORAIL京春線・加平駅からタクシーで約5分、バスで20分 ※ 東ソウル総合バスターミナル(ソウル地下鉄2号線江辺駅そば)から加平市外バスターミナルまでバス路線あり(所要時間およそ1時間20分)
  • ☞ 営業時間:9:00~21:00・年中無休
  • ☞ 主なメニュー:春川タッカルビ 12,000ウォン(1人前※)、カンジャンタッカルビ 12,000ウォン (1人前※)、マッククス 7,000ウォン ※各タッカルビは2人前から注文可能。
  • ☞ 電話番号:+82-31-581-6171 (韓国語)
  • 南道イェダム(남도예담)
  • ☞ 所在地:全羅南道 潭陽郡 月山面 潭長路143(전라남도 담양군 월산면 담장로 143)
  • ☞ アクセス:潭陽共用バスターミナルからタクシーで約15分、バスで約25分
  • ☞ 営業時間:11:00~15:00、17:00~21:00
    ※ 15:00~17:00は準備中のためご利用いただけません。
  • ☞ 主なメニュー:韓牛トッカルビ定食 30,000ウォン、半半トッカルビ定食(韓牛トッカルビと韓豚トッカルビが半々ずつ出される定食)25,000ウォン、韓豚トッカルビ定食17,000ウォン(各1人前)
  • ☞ 電話番号:+82-61-381-7766 (韓国語)

加平アチムゴヨ樹木園・潭陽竹緑苑


加平・アチムゴヨ樹木園(左)と潭陽・竹緑苑(右)

2019-2020韓国観光100選」に選定されている人気の観光スポット・アチムゴヨ樹木園は、さまざまな植物と韓国の美をあますところなく表現した庭園を園芸学的観点から調和させ、設計・造園した樹木園。園内にはさまざまな特色ある庭園があり、青々と生い茂るゴヨウマツの森の中では山林浴 を楽しめ、訪れる人々に真のやすらぎを提供しています。なかでも、高台から見下ろした時に美しくみえるよう設計され、美しい大韓民国の山河を韓半島の形に縮尺し表現、きれいな満開の花で埋めつくされている下景庭園は訪れる人々に大人気の庭園です。

 潭陽・竹緑苑(上)と加平・アチムゴヨ樹木園(下)

一方、こちらもアチムゴヨ樹木園同様、「2019-2020韓国観光100選」に選定されている潭陽を代表する観光スポット・竹緑苑は、およそ31ヘクタールに及ぶ広大な竹林。苑内には8つのテーマの散策路があり、ここを訪れれば日ごろ疲れたこころと身体にひとときの清涼感を与えてくれること間違えなし。 竹林は外から内側が見えないほど密集して竹が生い茂っており、そんな竹林の小道をゆっくり歩いていると、どこからともなく吹いてくる風のささやきに、身もこころもすべて癒される、そんな気持ちになります。 また竹林からはマイナスイオンが発せられ、綺麗な空気に包まれた格好の癒しスポットととっています。また竹緑苑には展望台をはじめ、休憩所、東屋、韓屋カフェなどさまざまな施設もあります。

More info
  • アチムゴヨ樹木園
  • ☞ 所在地:京畿道 加平郡 上面 樹木園路 432(경기도 가평군 상면 수목원로 432)
  • ☞ アクセス:KORAIL京春線・加平駅下車、タクシーで約35分、バスで約1時間半
    ※ 東ソウル総合バスターミナル(ソウル地下鉄2号線江辺駅そば)から加平市外バスターミナルまでバス路線あり(所要時間お
  • よそ1時間20分)
  • ☞ 営業時間:9:00~21:00・年中無休
  • ☞ 利用料金:大人 9,500ウォン、青少年7,000ウォン、子ども 6,000ウォン
  • ☞ 電話番号:+82-1544-6703 (韓国語)
  • ☞ 公式ホームページ:http://www.morningcalm.co.kr (日本語・韓国語・英語・中国語)
  • 竹緑苑
  • ☞ 所在地:
    ・正門:全羅南道 潭陽郡 潭陽邑 竹緑苑路 119(전라남도 담양군 담양읍 죽녹원로 119)
    ・裏門(後門):全羅南道 潭陽郡 潭陽邑 竹郷文化路378(전라남도 담양군 담양읍 죽향문화로 378)
  • ☞ アクセス:潭陽共用バスターミナルからタクシーまたはバス約10分
  • ☞ 営業時間:
    ・夏期(3~10月):9:00~19:00・年中無休
    ・冬期(11~2月):9:00~18:00・年中無休
    ※ 観覧時間以降に退場する場合はイ・イナムアートセンターを通って外に出ることができます。
  • ☞ 利用料金:大人 3,000ウォン、青少年1,500ウォン、子ども 1,000ウォン
    ※ 竹緑苑内にあるイ・イナムアートセンターは竹緑苑入場のお客様に限りご利用いただけます。
  • ☞ 電話番号:+82-61-380-2680 (韓国語)
  • ☞ 公式ホームページ:http://juknokwon.go.kr (韓国語)
  • ☞ 韓国観光案内電話: +82-2-1330 (日本語・英語・中国語・ロシア語・ベトナム語・タイ語・マレー/インドネシア語)

※ 上記の内容は2019年10月現在の情報です。今後変更されることがありますのでお出かけ前に必ずご確認ください。