トピックス

ソウル首都圏地下鉄でめぐる京畿道名所ベスト4

  • Tag Tour
  • 日付2019/11/04
  • Hit1340

華城行宮

韓国でもっとも複雑な路線網であるソウル首都圏地下鉄は、ソウルを中心として京畿道(キョンギド)、仁川(インチョン)、忠清南道(チュンチョンナムド)、江原道(カンウォンド)にまで近郊電車ネットワークが広がっています。今回の記事ではソウル首都圏地下鉄で手軽に行ける京畿道の厳選スポットをご紹介します。

主な観光スポット

ソウル首都圏地下鉄(Seoul Metropolitan Subway)

ソウル首都圏地下鉄はソウル首都圏とその近郊地域を運行する大規模な交通網で、1~9号線、仁川1・2号線、盆唐線、新盆唐線、空港鉄道、京江線など、約30路線あります(2019年10月現在)。

南漢山城(8号線「山城駅」、「南漢山城入口駅」)

南漢山城

ユネスコ世界文化遺産に指定されている南漢山城(ナマンサンソン)は、朝鮮時代の王が王陵に行幸するときに通った道であり、百姓の商業ルートともなっていたところです。南漢山城が位置する城南市、広州市、河南市は、朝鮮時代の行政区域でいえばすべて広州留守府(クァンジュユスブ/ソウル特別市江南区を含む広州一帯を管轄していた朝鮮時代末期の地方官庁)の管轄で、軍事的要衝地でもあり、大変重要な行政中心地となっていたところでした。現在は紅葉、トレッキングなどの名所として全国的に知られており、トレッキングをする場合は東西南北4つの門を起点として見たい遺跡があるコースを選ぶといいでしょう。

南漢山城の主な見どころ

  • 1.守御将台(スオジャンデ)

    守御将台

    守御将台は指揮や観測を行う軍事的な目的で建てられた楼閣です。西門近くにあり、ここに行く途中にロッテワールドタワー周辺の景色が見えます。

  • 2.南漢山城行宮

    南漢山城行宮

    南漢山城行宮は他の行宮とは異なり、都城の宮殿の代わりになる避難所として使用するために建てられたもので、臨時首都の役割も果たしました。南漢山城行宮の中心的な建物である外行殿(ウェヘンジョン)では統一新羅に関する遺跡が確認され、一部はそのまま保存されています。南漢山城行宮では茶礼体験が人気があります。韓国の茶道や礼節を学びながら静かな行宮の雰囲気を楽しんでみましょう。

  • 3.ペクスク通り

    ペクスク

    南漢山城に行ってお腹がすいたらペクスク(水炊き)通りへ。ペクスク通りは南漢山城入口の行宮近くにあり、ペクスク、タクポックムタン(鶏肉の炒め煮)、燻製料理の専門店が並んでいます。サイドメニューを頼むならトトリムク(どんぐりこんにゃくの和え物)やカムジャジョン(じゃがいものチヂミ)がおすすめです。

More info

南漢山城

  • ☞ 住所:京畿道 広州市 南漢山城面 南漢山城路 731(경기도 광주시 남한산성면 남한산성로 731)
  • ☞ 利用時間:24時間(開放型観光スポット)
    ※南漢山城行宮:4月~10月は10:00~18:00、11月~3月は10:00~17:00、月曜日休業
  • ☞ 利用料金:入場料無料
    ※南漢山城行宮は大人2,000ウォン
  • ☞ アクセス(南漢山城訪問者センター):ソウル地下鉄8号線「山城(サンソン)駅」または「南漢山城入口(ナムハンサンソンイック)駅」よりタクシーで約15分
    ※盆唐線「牡丹(モラン)駅」または京江線「京畿広州(キョンギクァンジュ)駅」からもアクセス可能
  • ☞ お問い合わせ(南漢山城訪問者センター):+82-31-746-2845
    南漢山城文化財の外国語解説(対応言語:日本語・英語・中国語)は南漢山城訪問者センターに電話で予約

ソウルランド(4号線「大公園(ソウルランド)駅」 )

ソウルランド(写真提供:ソウルランド)

「京畿道100選旅行地」に選ばれたソウルランドはソウル大公園内にあるテーマパークで、「世界の広場」、「冒険の国」、「キャラクタータウン(幻想の国)」、「未来の国」、「三千里の園」の5つのエリアがあります。「冒険の国」の超大型キングバイキングや「キャラクタータウン(幻想の国)」のビッグメリーゴーラウンド、「未来の国」の360度連続回転するジェットコースター・銀河列車888など、スリルいっぱいのアトラクションが揃っています。

More info

ソウルランド

  • ☞ 住所:京畿道 果川市 光明路 181(경기도 과천시 광명로 181)
  • ☞ 利用時間:9:30~21:00、年中無休
    ※利用時間は変更されることがあります
    ※チケット販売や入場は閉園時刻の30分前まで
    ※閉園時刻が午後11時のときはチケット販売は午後9時30分まで、アトラクションや一部の飲食店は午後10時まで営業
  • ☞ 利用料金
    パーク利用券昼間券(1日券):大人46,000ウォン
    パーク利用券夜間券(午後4時以降):大人39,000ウォン
    ※パーク利用券で入場&アトラクション利用可能
    ※体験施設、コイン利用施設、企画展示・公演、季節限定施設などは別料金
  • ☞ アクセス:ソウル地下鉄4号線「大公園(テゴンウォン)(ソウルランド)駅」2番出口より徒歩約20分
  • ☞ お問い合わせ:+82-2-509-6000(韓国語)
  • ☞ ホームページ:http://www.seoulland.co.kr(日本語あり)

YE'S PARK(京江線「新屯陶芸村駅」)

YE'S PARK

YE(芸)'S PARK(イェスパーク)は陶磁器で有名な利川(イチョン)市が10年をかけて造成した韓国最大の工芸タウン。陶芸の他、レザー、木工、韓紙、彫刻、布工芸など、約300の工房が寄り集まっており、約500人の作家の創作・住居空間や展示販売場が一緒になっているのが特徴です。坡州(パジュ)のヘイリ芸術村のように個性溢れる建物が並ぶ通りを歩きながら、様々な店を覗いたり工芸体験をしたりすることができます。YE'S PARKに入っている各工房は建物や店の空間構成、作品など、どれもが個性的で、見て回るだけでも楽しいところです。

More info

YE'S PARK

  • ☞ 住所:京畿道 利川市 新屯面 陶磁芸術路 57(경기도 이천시 신둔면 도자예술로 57)
  • ☞ 利用時間:24時間(開放型観光スポット)
    ※工房ごとに利用時間は異なります
  • ☞ 利用料金:入場料無料
    ※陶芸体験などは有料
  • ☞ アクセス:京江線「新屯陶芸村(シンドゥンドイェチョン)駅」2番出口よりタクシーで約10分
  • ☞ お問い合わせ:+82-31-638-1994(韓国語)

華城行宮(1号線・盆唐線「水原駅」)

華城行宮

水原華城(スウォンファソン)は朝鮮時代の正祖(チョンジョ)大王の夢が込められた城郭で、その外観は韓国の城郭建築の中でも秀逸を極めています。韓国戦争で多くの部分が破損しましたが、1975年より補修・復元され、1997年にはその優秀性が認められてユネスコ世界遺産に登録されました。

正祖大王は父・思悼世子(サドセジャ)の墓を顕隆園(ヒョルリュンウォン)に移して水原新都市を建設し、水原華城を築城しながら華城行宮(ファソンヘングン)を建てました。ここは韓流の中心地ともいえるところで、ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』、『イ・サン』、映画『王の男』などがここで撮影されました。

華城行宮の見どころ

  • 1.武芸24技示範公演

    武芸24技示範公演

    武芸24技は華城に駐屯していた朝鮮の最精鋭部隊・壮勇営の兵士が習った武芸で、武芸教本である『武芸図譜通志』に収録されています。午前11時から約30分間、新豊楼前で武芸公演が行われます(月曜日休演)。

  • 2.工房通り

    工房通り

    華城行宮から八達門(パルダルムン)に至る500メートルほどの通りである工房通りには、工芸品店や飲食店、ギャラリー、カフェなどが集まっており、ソウルの仁寺洞(インサドン)と雰囲気が似ていることから「水原の仁寺洞」と呼ばれています。工芸作品が販売されている様々な店を覗きながらそぞろ歩きを楽しみたい通りです。

  • 3.自転車タクシー

    自転車タクシー

    水原華城一帯をめぐる電動自転車タクシーで、3月から11月まで運行されており、運行コースは華城探訪コース、伝統市場コース、烽墩(ポンドン/のろし台)コースの3つがあります。華城行宮、華虹門(ファホンムン)錬武台(ヨンムデ)から出発し、所要時間は約1時間かかります。自転車タクシーの料金は1台(2人乗車)基準で14,000ウォン。現地では英語解説の申込みも受け付けています。

More info

華城行宮

  • ☞ 住所:京畿道 水原市 八達区 正祖路 825(경기도 수원시 팔달구 정조로 825)
  • ☞ 利用時間:3月~10月は9:00~18:00、11月~2月は9:00~17:00、年中無休
  • ☞ 利用料金:大人 1,500ウォン
    ※毎月最終水曜日は「文化がある日」で入場料無料
    ※韓服(改良韓服を含む)を着て行くと水原華城・華城行宮は入場料無料
    ※水原華城は開放型の観光スポットで、観覧時間後は無料で観覧可能
  • ☞ アクセス:ソウル地下鉄1号線・盆唐線「水原(スウォン)駅」4番・7番・9番出口よりタクシーで約10分
  • ☞ お問い合わせ:+82-31-290-3600(韓国語)
  • ☞ 韓国観光案内電話:+82-2-1330(日本語)

※上記の内容は2019年10月現在の情報です。今後変更されることがありますのでお出かけ前に必ずご確認ください。