地図

トピックス

ステイホームの今だから、おうちで楽しむ韓国の旅
韓国の夜景にうっとり “夜間観光100選”
~ソウル・仁川・京畿編~

  • Tag etc Event Food History Tour Trend
  • 日付2020/06/01
  • Hit8851

ロッテワールドタワーの夜景

コロナウイルス感染症-19の世界的な拡大で、不要不急の外出を控える毎日。仕事は在宅勤務で自宅でパソコンと一日中にらめっこ、買い物もネットで購入、そして予定していた旅行も無期限延期となってしまった方も多いかと思います。

長きにわたるコロナウイルス感染症のリスクに加え、じっと自宅で一日を過ごしていると、どうしても憂鬱な毎日になってしまいがちです。
そんな日々の合間に、きれいな韓国の夜景を眺めてひと息ついていただきたいと企画したのが今回のコラム「ステイホームの今だから、おうちで楽しむ韓国旅行 韓国の夜景にうっとり“観光100選”」。

今回からソウル・仁川・京畿編江原・忠清・大田・世宗編全羅・光州・済州編釜山・大邱・蔚山・慶尚編の4回に分けて、ステイホームの今だから、自宅で楽しめる韓国の旅と題して、今年2020年4月7日に弊社韓国観光公社が発表したナイトタイムの韓国観光を楽しむ絶好の場所「夜間観光100選」に選ばれた100か所・プログラムを美しい夜景の写真を交えながら、ご紹介したいと思います。

韓国と日本の間は細々ながら韓国の航空会社を中心に航空便が運行されていますが、コロナウイルス感染症-19の拡大により事実上、観光での入国は難しい状態が続いています。 今は行くことができない韓国ですが、ネット上で光あふれる美しい韓国の夜景を眺めながら、しばし日ごろの疲れや不安を少しでも癒していただければと思います。

“夜間観光100選”とは?

今回は夜間観光100選の第1弾のコラムということで、この「夜間観光100選」について簡単に説明したいと思います。

夜間観光100選は、韓国の各地域にある魅力ある夜間観光スポットやプログラムを発掘、いまや世界各国のトレンドとなっているナイトライフ観光を活性化する目的で、韓国観光公社おすすめの100の夜間観光スポット・夜間観光プログラムを選んだものです。
今回発表した「夜間観光100選」の選定方法ですが、韓国移動体通信大手・SKテレコムが提供する地図・ナビゲーションアプリ「T map」で収集した2019年一年間の夜間時間帯目的地ビッグデータ約281万件をベースに、専門家が出席する選定委員会で、夜間観光としての魅力、アクセス性、治安・安全、地域への貢献度などを総合的に加味し、韓国全国から100の夜間観光スポット・プログラムを選定しました。

特に今回の選定に当たっては、観光スポットの魅力のみならず、海外から訪れる観光客の方々にもご満足いただけるよう、治安の良さなどの安全面、そして交通アクセスといった面も考慮しているのが特徴となっています。
今回選ばれた「夜間観光100選」を地域的に見ると、ソウル特別市が最も多く23か所・プログラム、次いで全羅南道(チョルラナムド)13、京畿道(キョンギド)11、釜山(プサン)広域市9、・江原道(カンウォンド)・大邱(テグ)広域市・慶尚北道(キョンサンプクド)各5、 仁川(インチョン)広域市・ 忠清北道(チュンチョンプクド)・忠清南道(チュンチョンナムド)・蔚山(ウルサン)広域市・慶尚南道(キョンサンナムド)各4、済州(チェジュ)特別自治道3、大田(テジョン)広域市・光州(クァンジュ)広域市各2、世宗(セジョン)特別自治道・全羅北道(チョルラプクド)各1という順になっています。
中でも人口が多いソウルや京畿道といったソウル首都圏、韓国第2の都市・釜山といったエリアに割って入る形で、韓国南西部・全羅南道が13か所・プログラムと、2位にランクインしているのが注目に値します。特色あるナイトプログラムに加え、海・山・港といった夜景の美しい観光スポットが多いことが上位にランクインされた主な要因となっているようです。

「夜間観光100選」第一弾はソウル・仁川・京畿!

今回の「夜間観光100選」には、特に夜景が素晴らしい韓国の観光スポットが数多く含まれていることから、可能な限り数多くの素晴らしい夜景の写真をご覧いただきたく、シリーズ企画コラムとして地域別に4回に分けてご紹介することになりました。
その第一弾は、海外からの観光客に人気のソウル・首都圏からスタート!
今回はソウル特別市・仁川(インチョン)広域市・京畿道(キョンギド)の素晴らしい夜景スポット計38か所・プログラムをご紹介したいとおもいます。
それでは、夜景の素晴らしい韓国各地の写真を眺めながら、ステイホームで楽しむ韓国の旅をお楽しみください!

「韓国観光100選」をもっと楽しむ方法:
  • ☞ 各観光スポットのタイトルにあるハイパーリンクをクリックすると、韓国観光公社観光データベースにリンク、概要・地図など該当観光地の詳しい情報が確認できます(一部、リンクについては公式ホームページ等にリンクしているものもあります)。
  • ☞リンク先の韓国観光公社観光データベースにも夜景の写真があるものがありますので、ご関心のある観光スポットを見つけたらクリックしてみてください。

ソウル特別市(23)

ソウルパムトッケビナイトマーケット

汝矣島(ヨイド)・盤浦(パンポ)・東大門(トンデムン)・清渓川(チョンゲチョン)・麻浦(マポ)で週末ごとに開催されるソウル特別市主催の夜市。フードトラックをはじめ各種ハンドメイド商品、ステージ公演などが繰り広げられます。

ソウルシティツアーバス

はじめてのソウル観光の方におすすめなのがこのソウルシティツアーバス。ソウルの見どころが凝縮されたさまざまなコースがあります。中でもおすすめは夜のソウルを走る夜景コース。定番のNソウルタワーやライトアップがきれいな盤浦(パンポ)大橋なども通り、ソウルの夜景を満喫できます。

花郎台鉄道公園(蘆原区)

ソウル~春川(チュンチョン)間を結ぶ京春線(キョンチュンソン)の新線開通とともに廃線となった旧・花郎台(ファランデ)駅付近につくられた鉄道公園。実は夜になるとLED電球で彩られたたくさんのオブジェがある公園として静かな人気を呼んでいる場所です。

蘭芝漢江公園(麻浦区)

ソウルワールドカップ競技場近くの漢江縁にある河川敷の公園・蘭芝(ナンジ)漢江公園。周囲には視界を遮るものが少ないので、少し上流には汝矣島の摩天楼の夜景が、そして公演内にはライトアップされた噴水などもあり、ソウルの夜景を満喫できます。また意外と知られていないのがソウル市内の真ん中にも関わらす楽しめるキャンプ場があること。夜景とともにキャンプをしながらソウルの夜を満喫するのもいいかもしれません。

ハヌル公園(麻浦区)

ソウルワールドカップ競技場のすぐ横にある小高い丘がワールドカップ公園内にあるハヌル(空)公園。ごみの埋立地を再開発し2002年のワールドカップ開催に合わせてオープンしました。漢江沿いの小高い丘となっているので、ソウルの夜景がよく見えるベストスポットです。

盤浦漢江公園(瑞草区)

高速バスターミナル駅から歩いてすぐの漢江縁にある盤浦(パンポ)漢江公園。近くに架かる盤浦大橋には、夜になると、両側の欄干およそ1140mから水が噴き出し、きれいなライトアップがされるムーンライトレインボー噴水があり、素晴らしい夜景をお楽しみいただけます。

セビッソム(瑞草区)

盤浦大橋の南端そばに浮かぶ水上複合文化スペース・セビッソム。夜には色とりどりのライトアップで人工島が照らされ、光のオブジェも華やかで、美しいソウルの夜景をおたのしみいただけます。

ソウルスカイ(松坡区)

地上555m・123階建てのロッテワールドタワー最上階をはじめ117階まで7フロアに広がる展望施設・ソウルスカイ。今までに経験したことがない高さ500mを超える場所から眺めるソウルの夜景は絶景です。118階のスカイデッキはガラス張りの床がありスリルも満点、またロッテワールドロッテ百貨店など各種商業施設も隣接し一日中楽しめるそんな場所です。

石村湖(松坡区)

元々蛇行する漢江の一部だった場所で漢江の整備の過程でぽつんと三日月湖のように残った石村湖(ソクチョノ)。現在、道路を挟んでロッテワールドの屋外施設がある西湖と、東湖に分かれています。蚕室(チャムシル)周辺の街の灯りが映え、素敵な夜景も楽しめる場所。春には桜が満開となり、石村湖桜祭りも開催、夜桜見物にもってこいの場所です。

ソウル世界花火祭り(永登浦区)

毎年秋に行われるソウルの秋の風物詩にもなった一大花火大会と言えばこれ、ソウル特別市世界花火祭り。韓国をはじめ世界各国の花火師が秋のソウルの空に大輪の花火の花を咲かせます。お祭りに合わせてさまざまなイベントも行われます。

南山ソウルタワー(龍山区)

ソウル観光の定番といえばここ、漢江の北・江北(カンブク)エリアの中心に聳える南山(ナムサン)にあるソウルタワー。夜になるとタワーがさまざまな色でライトアップされ、展望台からはソウル中心部の素晴らしい夜景が一望できるおすすめの展望スポットです。

広蔵市場(鍾路区)

1905年、韓国初の常設市場として開設された広蔵(クァンジャン)市場。様々な商品を扱うソウルを代表する市場で、市場に並ぶさまざまな韓国グルメを味わえる市場の屋台は海外からの観光客にも人気です。夜遅くまで活気ある夜の市場でおいしいものを楽しむにはもってこいの市場です。

駱山公園(鍾路区)

大学路(テハンノ)の東にある小高い丘の上にある駱山(ナクサン)公園。古の時代、首都・漢陽(ハニャン)を取り囲む城郭・ソウル漢陽都城(トソン)も築かれていた場所で、駱山公園からの眺望はソウルの街が手に取るように見え最高です。夜になるとソウルの街の灯りとライトアップされたソウル漢陽都城が相まって、幻想的な夜景となります。

北岳スカイウエイ八角亭(鍾路区)

景福宮(キョンボックン)の背後に聳える標高342mの北岳山(プガクサン)を縫うように走る道路・北岳スカイウェイの高台にある北岳スカイウェイ八角亭。八角亭からは眼下にソウル中心部の風景が広がり素晴らしい風景の場所です。特に夜になると繁華街・ビジネス街の灯りやネオンサインなど、きらびやかな光を放つソウルの夜景が眺められます。

北村六景(鍾路区)

景福宮(キョンボックン)と昌徳宮(チャンドックン)に挟まれた地域・北村(プクチョン)。昔ながらの韓屋(ハノク)の建物が軒を連ねるこの地域には古のソウルの街並みを感じる八つのスポット・北村八景があり、中でも嘉会洞(カフェドン)31番地から高台に上っていく道・北村六景の夜景は、韓屋の街並みと、遠くに見えるソウルタワーやビルの灯りがマッチし、素晴らしい夜景を眺められる場所です。

ソウルランタンフェスティバル(鍾路区)

毎年11月に開催されるソウルランタンフェスティバル。人物・建物・キャラクターなどさまざまなテーマで作られた大型の紙灯篭がソウル・清渓川(チョンゲチョン)の夜を明るい光とともに彩ります。

清渓川(鍾路区)

総延長約11km、北岳山(プガクサン)・仁王山(イナンサン)・南山(ナムサン)などから発した清流が集まりソウルの街中を流れ下る清渓川(チョンゲチョン)。ソウルの都市化とともに、古の時代の清流は失われ、一部区間は暗渠化されるなどしましたが、暗渠化されていた部分を親水公園として再開発し本来の川の流れを復活、現在ではソウル市民の憩いの場として、そして世界から都市河川再生の好例として注目を集めています。夜になると水辺の遊歩道は明るく照らされ、清渓川に架かる橋や滝などもライトアップされ、しばしソウルの喧騒から離れ、ほっとするひと時を過ごせる場所となっています。

DDP(東大門デザインプラザ)(中区)

東大門運動場跡地を再開発して作られた展示、ファッション、フォーラム、カンファレンスなどさまざまなイベントが行われるDDP・東大門デザインプラザ。斬新な建物の設計は国際的に有名な建築家・故ザハ・ハディッド氏によるもの。夜になると2万5千本を超えるLEDのバラに明かりが灯り、近未来的な外観はさまざまな色でライトアップされ、ソウルの素晴らしい夜景を楽しめます。

徳寿宮トルダムキル(中区)

徳寿宮(トクスグン)の敷地を囲むように建つトルダム・石塀に沿って伸びる徳寿宮トルダムキル。歩行者中心の道・徳寿宮トルダムキルは、徳寿宮をはじめ様々な史跡、石を敷き詰めた車道や四季折々に姿を変える街路樹など周囲の景観も素晴らしく、ソウル市民の憩いの場所となっています。夜の帳が下りると、トルダムキルはライトアップされ、昼間とはまた違う幻想的な散策路となります。

徳寿宮中和殿(中区)

徳寿宮中和殿(チュンファジョン)は、国王の祝賀儀礼や国家的行事を執り行う際に使われた正殿で、宝物第819号に指定されている由緒ある建物。夜になると中和殿の建物はライトアップされ、左手後方に建つ石造殿などとともに幻想的な夜の王宮の風景をお楽しみいただけます。

ミュージカルNANTA(中区)

韓国を代表するステージといえばこれ、ノンバーバルパフォーマンスとして世界から賞賛を浴びている「NANTA(ナンタ)」。初演から20年を超えてもその人気は衰えず、夜のひとときを楽しいステージを過ごしたい方におすすめの舞台です。

ソウル路7017(中区)

ソウル駅構内の線路の上を東西に横切る老朽化した自動車専用高架道路を再生し、新たに遊歩道へ生まれ変わったソウル路7017。ソウル都心にある憩いの場として親しまれている歩道橋です。夜の帳が下りると、ソウル路7017はライトアップされ、旧ソウル駅駅舎をリニューアルした文化駅ソウル284や周囲のビル群や駅前通りを通る車の灯り、そしてソウル駅を発着する列車のテールライトなどとともに素晴らしい首都ソウルの夜景を実感できます。

仁川広域市(4)

江華文化財夜行(江華郡)

 仁川(インチョン)沖に浮かぶ島・江華島(カンファド)。数多くの歴史の舞台となった江華島の様々な文化財を夜の帳が下りた夜に巡り、歴史・文化・グルメなど八つのテーマを楽しめるのが江華文化財夜行です。

松島セントラルパーク(延寿区)

仁川で新たに開発された新都市・松島(ソンド)国際都市にあるのがここ、松島セントラルパーク。海の水を引き入れた水上公園があり、さまざまなレジャーも楽しめます。
夜になると松島国際都市の摩天楼や水辺の灯りが織りなす素晴らしい夜景となり、仁川の新しい夜景の名所として人気を博しています。

月尾島(中区)

港町・仁川にある小島・月尾島(ウォルミド)。元々は仁川港沖に浮かぶ島でしたが、埋立によりで陸続きとなり、遊園地やカフェ、刺身店などが建ち並ぶ観光スポットとなっています。2019年には仁川駅前から月尾島をぐるっと回るモノレール・月尾海列車も開通、根強い人気のある仁川のウォーターフロントエリアです。月尾島の夜景も素晴らしく、特に音楽噴水は夜になるとライトアップされSNS映えすると人気のスポットになっています。

仁川開港場文化財夜行(中区)

外国への門戸を開き、さまざまな文物が行き来した港町・仁川。その仁川の近代の歴史を夜巡るのが仁川開港場文化財夜行。近代文化財が数多く残る仁川開港場文化地区を巡る歴史あり、思い出あり、ロマンあり、グルメあり、音楽ありの夜の探訪ツアーです。

京畿道(11)

星の王子さまピョルピッ祭り(加平郡)

フランスの村をモチーフにしたプチフランスで毎年年末から2月ごろまで開催される星明かりのお祭り・星の王子さまピョルピッ祭り。 プチフランス全体が色とりどりの照明や光のオブジェで彩られ、まるでおとぎの国にいるかのような雰囲気に包まれます。

五色ピョルピッ庭園展(加平郡)

広大な敷地に一面、美しい花が咲き乱れる庭園・アチムゴヨ樹木園。毎年12月から3月まで開催される光の祭り・五色ピョルピッ庭園展は、園内が無数の電球で包まれ、樹木やオブジェが光り輝くその光景は幻想的です。

チャラ島夜間景観(加平郡)

漢江の上流・北漢江(プカンガン)の流れを堰き止め清平(チョンピョン)ダム(清平湖)を造ったことで生まれたスッポン(チャラ)の形に似ていることから名づけられたチャラ島。ドラマ『アイリス』のロケ地としても有名です。地元・加平郡(カピョングン)では2017年から「チャラ島夜間観光活性化事業」を実施、これによりさまざまなライトアップやイメージプロジェクターによる演出など光あふれる光の島へと変身しました。


高陽湖水芸術祭り(高陽市)

高陽国際花博覧会と並び高陽市(コヤンシ)を代表する秋の湖畔で楽しむ芸術フェスティバル。人形劇からパントマイム、ストリートパフォーマンまで様々なジャンルの公演が湖水公園内で繰り広げられます。夜には華麗な音楽とともに打ち上げられる花火、夜間ステージ公演など盛りだくさんのイベントとともに、高陽市のかわいい猫のゆるキャラのオブジェなど湖畔一帯が華やかのイルミネーションに包まれます。

幸州山城(高陽市)

ソウル下流の漢江(ハンガン)右岸・傍花大橋(パンファテギョ)そばの徳陽山(トギャンサン)に築かれた山城・幸州山城(ヘンジュサンソン)。壬辰倭乱、日本で言う「文禄・慶長の役」の激戦地としても有名な場所です。夜になると漢江に沿って北西に向かう自動車道・自由路(チャジュロ)のヘッドライトの灯りや赤いアーチが印象的な傍花大橋のライトアップ、そして漢江上流に目を向ければ、ソウルの街の灯りが眺められ、素晴らしい夜景スポットとなっています。

華城行宮夜間開場(水原市)

正祖(チョンジョ)をはじめ朝鮮時代の王がしばし滞在した行宮・仮の御座所として使われた華城行宮(ファソンヘングン)。2020年は5月20日から10月30日まで月・火曜日を除く毎日夕方6時からから夜9時半にかけて夜間の公開を行います。朝鮮時代の素晴らしい建物がライトアップされその光景は圧巻です。

烏耳島生命の木(始興市)

ソウル駅から地下鉄に乗っておよそ1時間20分。始興(シフン)にある烏耳島(オイド)は元々、4km沖に浮かぶ小島でしたが、干潟を利用した塩田開発で陸続きになった場所。また西海(ソヘ)沿岸最大の貝塚がある始興烏耳島遺跡でも有名で、始興烏耳島博物館烏耳島先史遺跡公園は人気の観光スポット。そこから歩いてすぐの岸壁にある光のオブジェ生命の木は展望台もあり、夜になると絶好の夜景スポットとなります。

エバーランドリゾート(龍仁市)

韓国のテーマパークの草分け的存在といえばここ、龍仁(ヨンイン)にあるエバーランドリゾート。人気アトラクションのある遊園地、龍仁自然農園のときから続く素晴らしい庭園、パンダやサファリパークもある動物園など一日中楽しめるリゾートです。夜になると園内全体が華麗な照明で灯され、フェスティバル開催中はさらに様々なイルミネーションで一年を通じて華やかな夜景をお楽しみいただけます。

韓国民俗村(龍仁市)

夏から秋にかけて行われる韓国民俗村の夜間プログラム「月明かりを添えて」。前売り段階から人気を博す 納涼特別恐怖体験プログラム「鬼窟(キグル)~The haunted Den」、 仮想現実(VR)で楽しむ恐怖体験プログラム「呪いの始まり」をはじめ、目玉充血かき氷など背筋も凍るホラーデザート・スナックなど昼間の民俗村では体験できない夜ならではのプログラムがいっぱいです。

ヘイリ村(坡州市)

韓国の様々な分野のアーティストが集結する芸術村・ヘイリ村。展示館、博物館、音楽ホールなどさまざまな文化芸術スペースがあり韓国のアートの世界を実感できるほか、おしゃれなカフェやレストランもあり、特に夜はきれいなライトアップでSNS映えする場所として、また格好のデートコースとしても人気です。

東灘湖水公園(華城市)

東灘(トンタン)湖水公園は、ソウル首都圏の新たなベッドタウン・華城(ファソン)東灘2新都市にある山尺(サンチョク)貯水池の畔につくられた親水公園。夜でも散策しやすいように、散策路は数多くの照明が、そして様々なライトアップもあり、水辺のライトアップと新都市の街の灯りがマッチし素晴らしい夜景となります。 夜間行われる光と音楽、噴水によるマルチメディアショー「ルナショー」は地元ののみならず遠くから観覧にやってくる人がいるほどの人気です。

>> 「夜間観光100選」リスト

夜間観光100選に選ばれた100か所・プログラムの一覧及び概要です。
詳しい内容はタイトルをクリックすると、韓国観光公社日本語ホームページ観光データベースや公式ホームページにつながり、より詳しい内容をご確認いただけます。

ソウル特別市釜山広域市大邱広域市仁川広域市光州広域市大田広域市蔚山広域市京畿道江原道忠清南道忠清北道全羅南道全羅北道慶尚南道慶尚北道世宗特別自治市済州特別自治道

※上記のエリアをクリックすると、該当エリアの夜間観光100選の一覧に素早く移動できます。

※註)一部観光地・行事については2020年5月現在、新型コロナウイルス感染症-19拡大防止のため、臨時休業・休止・本年度開催未定などとなっているものもありますのでご了承下さい。

ソウル特別市(23)

  • 1. ソウルパムトッケビナイトマーケット…汝矣島(ヨイド)・盤浦(パンポ)・東大門(トンデムン)・清渓川(チョンゲチョン)・麻浦(マポ)で週末ごとに開催されるソウル特別市主催の夜市。フードトラックをはじめ各種ハンドメイド商品、ステージ公演などが繰り広げられます。
  • 2. ソウルシティツアーバス…はじめてのソウル観光の方におすすめなのがこのソウルシティツアーバス。ソウルの見どころが凝縮されたさまざまなコースがあります。中でもおすすめは夜のソウルを走る夜景コース。定番のNソウルタワーやライトアップがきれいな盤浦(パンポ)大橋なども通り、ソウルの夜景を満喫できます。
  • 3. 漢江遊覧船…首都ソウルの中心部を東西に流れる漢江(ハンガン)をクルーズする遊覧船。ソウル観光の鉄板コースですが、意外に知られていないのが夜のクルーズです。ソウルの摩天楼のみならず、最近ではライトアップされた漢江に架かる橋も多く、また違ったソウルの夜景をお楽しみいただけます。
  • 4. 花郎台鉄道公園(蘆原区)…ソウル~春川(チュンチョン)間を結ぶ京春線(キョンチュンソン)の新線開通とともに廃線となった旧・花郎台(ファランデ)駅付近につくられた鉄道公園。実は夜になるとLED電球で彩られたたくさんのオブジェがある公園として静かな人気を呼んでいる場所です。
  • 5. 蘭芝漢江公園(麻浦区)ソウルワールドカップ競技場近くの漢江縁にある河川敷の公園・蘭芝(ナンジ)漢江公園。周囲には視界を遮るものが少ないので、少し上流には汝矣島の摩天楼の夜景が、そして公演内にはライトアップされた噴水などもあり、ソウルの夜景を満喫できます。
  • 6. ハヌル公園(麻浦区)ソウルワールドカップ競技場のすぐ横にある小高い丘がワールドカップ公園内にあるハヌル(空)公園。ごみの埋立地を再開発し2002年のワールドカップ開催に合わせてオープンしました。漢江沿いの小高い丘となっているので、ソウルの夜景がよく見えるベストスポットです。
  • 7. 盤浦漢江公園(瑞草区)…高速バスターミナル駅から歩いてすぐの漢江縁にある盤浦(パンポ)漢江公園。近くに架かる盤浦大橋には、夜になると、両側の欄干およそ1140mから水が噴き出し、きれいなライトアップがされるムーンライトレインボー噴水があり、素晴らしい夜景をお楽しみいただけます。
  • 8. セビッソム(瑞草区)…盤浦大橋の南端そばに浮かぶ水上複合文化スペース・セビッソム。夜には色とりどりのライトアップで人工島が照らされ、光のオブジェも華やかで、美しいソウルの夜景をおたのしみいただけます。
  • 9. ソウルスカイ(松坡区)…地上555m・123階建てのロッテワールドタワー最上階をはじめ117階まで7フロアに広がる展望施設・ソウルスカイ。今までに経験したことがない高さ500mを超える場所から眺めるソウルの夜景は絶景です。118階のスカイデッキはガラス張りの床がありスリルも満点、またロッテワールドロッテ百貨店など各種商業施設も隣接し一日中楽しめるそんな場所です。
  • 10. 石村湖(松坡区)…元々蛇行する漢江の一部だった場所で漢江の整備の過程でぽつんと三日月湖のように残った石村湖(ソクチョノ)。現在、道路を挟んでロッテワールドの屋外施設がある西湖と、東湖に分かれています。蚕室(チャムシル)周辺の街の灯りが映え、素敵な夜景も楽しめる場所。春には桜が満開となり、石村湖桜祭りも開催、夜桜見物にもってこいの場所です。
  • 11. ソウル世界花火祭り(永登浦区)…毎年秋に行われるソウルの秋の風物詩にもなった一大花火大会と言えばこれ、ソウル特別市世界花火祭り。韓国をはじめ世界各国の花火師が秋のソウルの空に大輪の花火の花を咲かせます。お祭りに合わせてさまざまなイベントも行われます。
  • 12. 南山ソウルタワー(龍山区)…ソウル観光の定番といえばここ、漢江の北・江北(カンブク)エリアの中心に聳える南山(ナムサン)にあるソウルタワー。夜になるとタワーがさまざまな色でライトアップされ、展望台からはソウル中心部の素晴らしい夜景が一望できるおすすめの展望スポットです。
  • 13. 広蔵市場(鍾路区)…1905年、韓国初の常設市場として開設された広蔵(クァンジャン)市場。様々な商品を扱うソウルを代表する市場で、市場に並ぶさまざまな韓国グルメを味わえる市場の屋台は海外からの観光客にも人気です。夜遅くまで活気ある夜の市場でおいしいものを楽しむにはもってこいの市場です。
  • 14. 駱山公園(鍾路区)…大学路(テハンノ)の東にある小高い丘の上にある駱山(ナクサン)公園。古の時代、首都・漢陽(ハニャン)を取り囲む城郭・ソウル漢陽都城(トソン)も築かれていた場所で、駱山公園からの眺望はソウルの街が手に取るように見え最高です。夜になるとソウルの街の灯りとライトアップされたソウル漢陽都城が相まって幻想的な夜景となります。
  • 15. 北岳スカイウエイ八角亭(鍾路区)景福宮(キョンボックン)の背後に聳える標高342mの北岳山(プガクサン)を縫うように走る道路・北岳スカイウェイの高台にある北岳スカイウェイ八角亭。八角亭からは眼下にソウル中心部の風景が広がり素晴らしい風景の場所です。特に夜になると繁華街・ビジネス街の灯りやネオンサインなど、きらびやかな光を放つソウルの夜景が眺められます。
  • 16. 北村六景(鍾路区)景福宮(キョンボックン)と昌徳宮(チャンドックン)に挟まれた地域・北村(プクチョン)。昔ながらの韓屋(ハノク)の建物が軒を連ねるこの地域には古のソウルの街並みを感じる八つのスポット・北村八景があり、中でも嘉会洞(カフェドン)31番地から高台に上っていく道・北村六景の夜景は、韓屋の街並みと、遠くに見えるソウルタワーやビルの灯りがマッチし、素晴らしい夜景を眺められる場所です。
  • 17. ソウルランタンフェスティバル(鍾路区)…毎年11月に開催されるソウルランタンフェスティバル。人物・建物・キャラクターなどさまざまなテーマで作られた大型の紙灯篭がソウル・清渓川(チョンゲチョン)の夜を明るい光とともに彩ります。
  • 18. 清渓川(鍾路区)…総延長約11km、北岳山(プガクサン)・仁王山(イナンサン)・南山(ナムサン)などから発した清流が集まりソウルの街中を流れ下る清渓川(チョンゲチョン)。ソウルの都市化とともに、古の時代の清流は失われ、一部区間は暗渠化されるなどしましたが、暗渠化されていた部分を親水公園として再開発し本来の川の流れを復活、現在ではソウル市民の憩いの場として、そして世界から都市河川再生の好例として注目を集めています。夜になると水辺の遊歩道は明るく照らされ、清渓川に架かる橋や滝などもライトアップされ、しばしソウルの喧騒から離れ、ほっとするひと時を過ごせる場所となっています。
  • 19. DDP(東大門デザインプラザ)(中区)…東大門運動場跡地を再開発して作られた展示、ファッション、フォーラム、カンファレンスなどさまざまなイベントが行われるDDP・東大門デザインプラザ。斬新な建物の設計は国際的に有名な建築家ザハ・ハディッド氏によるもの。夜になると2万5千本を超えるLEDのバラに明かりが灯り、近未来的な外観はさまざまな色でライトアップされ、ソウルの素晴らしい夜景を楽しめます。
  • 20. 徳寿宮トルダムキル(中区)徳寿宮(トクスグン)の敷地を囲むように建つトルダム・石塀に沿って伸びる徳寿宮トルダムキル。歩行者中心の道・徳寿宮トルダムキルは、徳寿宮をはじめ様々な史跡、石を敷き詰めた車道や四季折々に姿を変える街路樹など周囲の景観も素晴らしく、ソウル市民の憩いの場所となっています。夜の帳が下りると、トルダムキルはライトアップされ、昼間とはまた違う幻想的な散策路となります。
  • 21. 徳寿宮中和殿(中区)徳寿宮中和殿(チュンファジョン)は、国王の祝賀儀礼や国家的行事を執り行う際に使われた正殿で、宝物第819号に指定されている由緒ある建物。夜になると中和殿の建物はライトアップされ、左手後方に建つ石造殿などとともに幻想的な夜の王宮の風景をお楽しみいただけます。
  • 22. ミュージカルNANTA(中区)…韓国を代表するステージといえばこれ、ノンバーバルパフォーマンスとして世界から賞賛を浴びている「NANTA(ナンタ)」。初演から20年を超えてもその人気は衰えず、夜のひとときを楽しいステージを過ごしたい方におすすめの舞台です。
  • 23. ソウル路7017(中区)…ソウル駅構内の線路の上を東西に横切る老朽化した自動車専用高架道路を再生し、新たに遊歩道へ生まれ変わったソウル路7017。ソウル都心にある憩いの場として親しまれている歩道橋です。夜の帳が下りると、ソウル路7017はライトアップされ、旧ソウル駅駅舎をリニューアルした文化駅ソウル284や周囲のビル群や駅前通りを通る車の灯り、そしてソウル駅を発着する列車のテールライトなどとともに素晴らしい首都ソウルの夜景を実感できます。 ます。

釜山広域市(9)

  • 24. 釜山東区イバグキル月明かりシャワー夜間ウォーキング祭り(2019年ウォーキング祭り公募選定)…夕方から夜にかけて釜山駅にほど近い草梁洞(チョリャンドン)一帯の散策路・イバグキルを歩くナイトウォーク。曲がりくねったイバグキルには展望台をはじめ、展示スペースなどがあり釜山の人気スポット。ウォーキング祭りではナイトウォークとともに体験プログラムなども行われ、月明かりの下、港町釜山の素晴らしい夜景をお楽しみいただけます。
  • 25. 東莱邑城址夜間景観(東莱区)…高麗時代末期から朝鮮時代初期に築かれた東莱邑城(トンネウプソン)。壬辰倭乱(日本で言う「文禄・慶長の役」)では激戦地となった場所としても知られ、現在では発掘調査や研究により一部が修復・復元され、夜には東莱邑城の城郭や城門、楼閣などがライトアップされ、古の時代を偲ばせる美しい姿を見せます。
  • 26. 荒嶺山烽燧台(釜山鎮区)…釜山駅の北東、およそ5kmのところに聳える標高427mの荒嶺山(ファンニョンサン)。釜山の街を一望できる荒嶺山山頂付近にあるのが古の時代の狼煙台・荒嶺山烽燧台(ポンスデ)。夜になると下界に広がる釜山の街や広安大橋(クァンアンテギョ)のきらびやかな灯りが一望できることから、釜山の人気夜景スポットとなっています。
  • 27. 多大浦 夢の夕日噴水(沙下区)…多大浦(タデポ)海水浴場にある直径60m、円周180m、噴水の高さ最大55mと世界最大級を誇る多大浦 夢の夕日噴水・サンセットファウンテン・オブ・ドリーム。釜山初のミュージック噴水で、夜は七色にライトアップされた水の饗宴が釜山の夜を飾ります。
  • 28. 松島クルム散策路(西区)…釜山・松島(ソンド)海水浴場の東端にある岩場・コブクソム(亀島)と陸地を結ぶ遊歩道橋・松島クルム散策路。散策路の床の一部がガラス張りとなっており、雲(クルム)の上を歩いて海原を見下ろしているかのような感覚に襲われます。夜にはライトアップされ、また釜山の街並みやライトアップされた松島海上ケーブルカーなどの夜景も素晴らしく釜山広域市の人気スポットになっています。
  • 29. 松島海上ケーブルカー(西区)…韓国初の公設海水浴場・松島海水浴場にあるロープウェイ。一度は廃止されましたが2017年、29年ぶりに復活し、釜山の新たな観光スポットとなっています。夜には松島海上ケーブルカーのゴンドラや施設もLEDの光やライトアップされ、またゴンドラから眺める松島の街並みや南港大橋の夜景も最高です。
  • 30. タルマジの丘ムーンタンロード(海雲台区)…釜山・海雲台(ヘウンデ)のタルマジコゲ・月見峠にある散策路。月明かりを浴びながら歩く道、というころから、サンタン(日焼け)ならぬムーンタン(Moontan Road)と命名されました。すべてで六つの散策路があり、途中、海に面した展望台からは美しい夕陽や釜山の素晴らしい夜景が眺められます。
  • 31. 冬柏島灯台広場から眺めるヌリマルAPECハウス広安大橋(海雲台区)…海雲台の海岸と砂州でつながる陸繋島・冬柏島(トンベクソム)。その岬にある冬柏島灯台は、外海に面していることから視界が晴れ、絶好の夜景が眺められる釜山のベストスポット。すぐ右手にある国際会議場・ヌリマルAPECハウスや、さらに海を隔てて向こう側に見える広安大橋のライトアップは最高の夜景です。
  • 32. マリンシティ夜景(海雲台区)…釜山・海雲台(ヘウンデ)のベイエリアに超高層ビル群が建ち並ぶマリンシティ。各国料理が楽しめるレストランや、カフェなども多く、釜山の新名所に名乗りを上げているエリアです。特に夜のマリンシティの風景は、世界に名立たる都市に負けず劣らない素晴らしい夜の摩天楼となります。

大邱広域市(5)

  • 33. アプ山公園(南区)…大邱(テグ)中心部の南に聳えるアプ山。東の山城山(サンソンサン)と、西の大徳山(テドクサン)を結ぶ稜線の北側にあるのがアプサン公園です。アプ山公園からは大邱中心部の夜景がよく見え、大邱の夜景スポットとして有名な公園です。
  • 34. 寿城池(寿城区)…1925年農業用の貯水池として造られた寿城池(スソンモッ)。大邱中心部南のアプサンの麓にあるは大邱市民の憩いの場ともなっています。2007年には映像とともに音楽が流れる映像音楽噴水も設置、春から秋にかけて夜間に噴水ショーが行われるなど人気の観光スポットとなっています。
  • 35. 峨洋汽車キル(東区)…78年間、大邱を流れる琴湖江(クムホガン)に架かる鉄橋として使われた峨洋(アヤン)鉄橋。新線開通とともに使われなくなったこの鉄橋をリモデリングし、展望台・展示場・カフェなど市民の憩いの場にリニューアルしたのがこの 峨洋汽車キルです。照明に明るく照らされ琴湖江にくっきり浮かぶ峨洋汽車キルの夜景は大変印象的です。
  • 36. 金光石タシクリギキル(中区)…韓国の伝説のフォークシンガー・金光石(クム・グァンソク)氏が住んでいた地元・大邱に金光石氏を偲んでつくられた壁画通りがここ、金光石タシクリギキル。通りの名称には氏を再び偲ぶという意味と、氏の壁画を描くという二つの意味が込められています。夜になるとアコースティックギターを模った光のオブジェや一帯の道がライトアップされ、大邱を代表する夜の観光名所となっています。
  • 37. 大邱西門市場夜市場(中区)…大邱を代表する市場といえばここ、西門市場(ソムンシジャン)。近年注目されているのが2016年から始まった西門市場夜市。およそ350mの市場の通りに80ほどの屋台が建ち並び、きらびやかな光のオブジェの中、グルメ、ステージ、ストリートパフォーマンスなど夜の大邱を満喫できます。

仁川広域市(4)

  • 38. 江華文化財夜行(江華郡)… 仁川(インチョン)沖に浮かぶ島・江華島(カンファド)。数多くの歴史の舞台となった江華島の様々な文化財を夜の帳が下りた夜に巡り、歴史・文化・グルメなど八つのテーマを楽しめるのが江華文化財夜行です。
  • 39. 松島セントラルパーク(延寿区)…仁川で新たに開発された新都市・松島(ソンド)国際都市にあるのがここ、松島セントラルパーク。海の水を引き入れた水上公園があり、さまざまなレジャーも楽しめます。
    夜になると松島国際都市の摩天楼や水辺の灯りが織りなす素晴らしい夜景となり、仁川の新しい夜景の名所として人気を博しています。
  • 40. 月尾島(中区)…港町・仁川にある小島・月尾島(ウォルミド)。元々は仁川港沖に浮かぶ島でしたが、埋立によりで陸続きとなり、遊園地やカフェ、刺身店などが建ち並ぶ観光スポットとなっています。2019年には仁川駅前から月尾島をぐるっと回るモノレール・月尾海列車も開通、根強い人気のある仁川のウォーターフロントエリアです。月尾島の夜景も素晴らしく、特に音楽噴水は夜になるとライトアップされSNS映えすると人気のスポットになっています。
  • 41. 仁川開港場文化財夜行(中区)…外国への門戸を開き、さまざまな文物が行き来した港町・仁川。その仁川の近代の歴史を夜巡るのが仁川開港場文化財夜行。近代文化財が数多く残る仁川開港場文化地区を巡る歴史あり、思い出あり、ロマンあり、グルメあり、音楽ありの夜の探訪ツアーです。

光州広域市(2)

  • 42. 月峰書院(光山区)…朝鮮時代中期に活躍した儒学者・奇大升(キ・テスン)や儒学の先賢などが祀られ、地元の人々の教育を担った月峰書院(ウォルボンソウォン)。伝統の書院の夜を愉しむプログラム、サロン・ド・月峰も開催され、韓国伝統の韓屋で夜を過ごしたい方にはおすすめの場所です。
  • 43. 国立アジア文化殿堂(東区)…光州(クァンジュ)の文化・芸術の拠点といえばここ、国立アジア文化殿堂。敷地内にある民主マダンやハヌルマダンの広場は夜になると光のオブジェなどさまざまなイルミネーションが輝き、美しい夜景の名所として人気を呼んでいます。クリスマスシーズンのイルミネーションも注目です。

大田広域市(2)

  • 44. 月明かりを抱く鶏足山浪漫散策(大徳区)…大田(テジョン)の名山・鶏足山(ケジョクサン)を月明かりの下でトレッキング、文化公演も楽しめる一石二鳥のプログラム。鶏足山名物の裸足で歩く黄土の道・ファントキル、百済時代に築かれたう鶏足山城、そして鶏足山から眺める大田の灯りは、昼間の鶏足山では感じされない素晴らしさがあります。
  • 45. 大洞ハヌル公園(東区)…大田(テジョン)・東区にある小高い丘にある大洞(テドン)ハヌル公園。標高127mの場所に建つかわいらしい風車は大洞ハヌル公園のシンボル。夜になると大田の街の素晴らしい夜景が一望でき、また近くには壁画村やカフェも多く、大田の新たなホットスポットとして注目を集めています。

蔚山広域市(4)

  • 46. シティツアー生態探訪(南区)…蔚山の冬・初春の自然を夕方から夜にかけて巡るのがこの蔚山シティツアー生態探訪。蔚山を代表する大河・太和江(テファガン)河川敷に広がる太和江国家庭園では越冬のため飛来したミヤマガラスの群れを観察でき、また蔚山大公園では蔚山大公園光祭りが開催され、美しい光のページェントをお楽しみいただけます。
  • 47. シティツアー美しい月明かり旅行(南区)…夜景が美しい蔚山の観光スポットを巡る2階建てオープントップバスで行く蔚山シティツアー・美しい月明かり旅行。蔚山大橋展望台大王岩公園、蔚山大橋、そしてクンエギ夜市場と蔚山の夜景の名所をぐるっと周ります。
  • 48. 大王岩公園(東区)…蔚山(ウルサン)の東端の海岸線にあるのがここ大王岩(テワンアム)公園。公園の名前の通り、大王岩と呼ばれる海食作用で作り上げられた様々な形をした岩が点在しており、蔚山の観光名所となっています。夜には大王岩へ向かう散策路などがLEDの色鮮やかな照明に照らされ、昼間とはまた違った光景となり、人気の観光スポットとなっています。
  • 49. 蔚山大橋展望台(東区)…蔚山(ウルサン)の港に注ぐ太和江河口左岸に聳える華亭山(ファジョンサン)にある展望台。展望台からは2015年に開通した蔚山大橋や蔚山の工業地帯、美しい山々が一望できます。特に展望台から見る夜景は、工業地帯の灯りやライトアップされた蔚山大橋が大変きれいで、蔚山の新名所として注目されています。

京畿道(11)

  • 50. 星の王子さまピョルピッ祭り(加平郡)…フランスの村をモチーフにしたプチフランスで毎年年末から2月ごろまで開催される星明かりのお祭り・星の王子さまピョルピッ祭り。 プチフランス全体が色とりどりの照明や光のオブジェで彩られ、まるでおとぎの国にいるかのような雰囲気に包まれます。
  • 51. 五色ピョルピッ庭園展(加平郡)…広大な敷地に一面、美しい花が咲き乱れる庭園・アチムゴヨ樹木園。毎年12月から3月まで開催される光の祭り・五色ピョルピッ庭園展は、園内が無数の電球で包まれ、樹木やオブジェが光り輝くその光景は幻想的です。
  • 52. チャラ島夜間景観(加平郡)… 漢江の上流・北漢江(プカンガン)の流れを堰き止め清平(チョンピョン)ダム(清平湖)を造ったことで生まれたスッポン(チャラ)の形に似ていることから名づけられたチャラ島。ドラマ『アイリス』のロケ地としても有名です。地元・加平郡(カピョングン)では2017年から「チャラ島夜間観光活性化事業」を実施、これによりさまざまなライトアップやイメージプロジェクターによる演出など光あふれる光の島へと変身しました。
  • 53. 高陽湖水芸術祭り(高陽市)高陽国際花博覧会と並び高陽市(コヤンシ)を代表する秋の湖畔で楽しむ芸術フェスティバル。人形劇からパントマイム、ストリートパフォーマンまで様々なジャンルの公演が湖水公園内で繰り広げられます。夜には華麗な音楽とともに打ち上げられる花火、夜間ステージ公演など盛りだくさんのイベントとともに、高陽市のかわいい猫のゆるキャラのオブジェなど湖畔一帯が華やかのイルミネーションに包まれます。
  • 54. 幸州山城(高陽市)…ソウル下流の漢江(ハンガン)右岸・傍花大橋(パンファテギョ)そばの徳陽山(トギャンサン)に築かれた山城・幸州山城(ヘンジュサンソン)。壬辰倭乱、日本で言う「文禄・慶長の役」の激戦地としても有名な場所です。夜になると漢江に沿って北西に向かう自動車道・自由路(チャジュロ)のヘッドライトの灯りや赤いアーチが印象的な傍花大橋のライトアップ、そして漢江上流に目を向ければ、ソウルの街の灯りが眺められ、素晴らしい夜景スポットとなっています。
  • 55. 華城行宮夜間開場(水原市)…正祖(チョンジョ)をはじめ朝鮮時代の王がしばし滞在した行宮・仮の御座所として使われた華城行宮(ファソンヘングン)。2020年は5月20日から10月30日まで月・火曜日を除く毎日夕方6時からから夜9時半にかけて夜間の公開を行います。朝鮮時代の素晴らしい建物がライトアップされその光景は圧巻です。
  • 56. 烏耳島生命の木(始興市)…ソウル駅から地下鉄に乗っておよそ1時間20分。始興(シフン)にある烏耳島(オイド)は元々、4km沖に浮かぶ小島でしたが、干潟を利用した塩田開発で陸続きになった場所。また西海(ソヘ)沿岸最大の貝塚がある始興烏耳島遺跡でも有名で、始興烏耳島博物館烏耳島先史遺跡公園は人気の観光スポット。そこから歩いてすぐの岸壁にある光のオブジェ生命の木は展望台もあり、夜になると絶好の夜景スポットとなります。
  • 57. エバーランドリゾート(龍仁市)…韓国のテーマパークの草分け的存在といえばここ、龍仁(ヨンイン)にあるエバーランドリゾート。人気アトラクションのある遊園地、龍仁自然農園のときから続く素晴らしい庭園、パンダやサファリパークもある動物園など一日中楽しめるリゾートです。夜になると園内全体が華麗な照明で灯され、フェスティバル開催中はさらに様々なイルミネーションで一年を通じて華やかな夜景をお楽しみいただけます。
  • 58. 韓国民俗村(龍仁市)…夏から秋にかけて行われる韓国民俗村の夜間プログラム「月明かりを添えて」。前売り段階から人気を博す 納涼特別恐怖体験プログラム「鬼窟(キグル)~The haunted Den」、 仮想現実(VR)で楽しむ恐怖体験プログラム「呪いの始まり」をはじめ、目玉充血かき氷など背筋も凍るホラーデザート・スナックなど昼間の民俗村では体験できない夜ならではのプログラムがいっぱいです。
  • 59. ヘイリ村(坡州市)…韓国の様々な分野のアーティストが集結する芸術村・ヘイリ村。展示館、博物館、音楽ホールなどさまざまな文化芸術スペースがあり韓国のアートの世界を実感できるほか、おしゃれなカフェやレストランもあり、特に夜はきれいなライトアップでSNS映えする場所として、また格好のデートコースとしても人気です。
  • 60. 東灘湖水公園(華城市)… 東灘(トンタン)湖水公園は、ソウル首都圏の新たなベッドタウン・華城(ファソン)東灘2新都市にある山尺(サンチョク)貯水池の畔につくられた親水公園。夜でも散策しやすいように、散策路は数多くの照明が、そして様々なライトアップもあり、水辺のライトアップと新都市の街の灯りがマッチし素晴らしい夜景となります。

江原道(5)

  • 61. 鏡浦海岸(江陵市)…汽水湖の鏡浦湖(キョンポホ)と接し、海岸線に沿って松林が続く風光明媚な海岸・鏡浦海岸。夏には大勢の海水浴客が訪れる江陵屈指の観光スポットです。夜になると砂浜は白い照明に照らされ、海岸線近くのホテルの灯りとともに素晴らしい海岸の風景が現れます。
  • 62. 安木海岸(江陵市)…今や江陵(カンヌン)を代表する定番観光スポットとなった安木(アンモク)海岸。海辺の通り・江陵コーヒー通り(安木海岸カフェ通り)にはカフェが軒を連ね、海の風景を眺めながら珈琲という絶好のシーサイドビューの場所。夜には海岸線のコーヒーショップから洩れる灯りが砂浜を照らし、昼間とはまた違った雰囲気を味わえます。
  • 63. 湫岩つり橋(東海市)…日の出スポットとして有名な湫岩(チュアム)燭台岩(チョッテパウィ)がある湫岩海岸に2019年完成した海に架かる吊り橋。吊り橋からは風光明媚な湫岩燭台岩や東海(トンへ)の海原が一望でき、夜間にはライトアップされた風景がより一層趣を与える風景となります。
  • 64. 霊琴亭亭子展望台(束草市)…波が岩場に打ち寄せると神秘的な韓国の伝統弦楽器・コムンゴのような音を発することから名付いた霊琴亭(ヨングムジョン)。 小高い岩山の上に建つ亭子展望台から臨む東海の海原の風景は、潮風とともに最高の気分となります。もっと近くで東海の荒波の波しぶきを感じたい方には霊琴亭の岩場の最も先に建つ小さな東屋・日の出亭子がおすすめ。夜には辺り一帯がライトアップされ素晴らしい夜景となります。
  • 65. ピョルマロ天文台(寧越郡)…空気のきれいな江原道(カンウォンド)寧越(ヨンウォル)に聳える標高800mの蓬莱山(ポンネサン)山頂にあるピョルマロ天文台。1年のうち190日以上天体観測が可能という気象条件の良さから天文ファンに人気の場所です。天気のよい日には肉眼でも満天の星を眺められます。

忠清南道(4)

  • 66. 宮南池(扶余郡)…百済(ペクチェ)の王・武王(ムワン)の離宮にある池・宮南池(クンナムチ)。人の手により作られた池としては韓国最古の人工池です。池の周囲には武王の幼名・薯童(ソドン)に由来して名付けられた薯童公園があり、夜になると周辺全体がライトアップされ、幻想的な百済の古都・扶余(プヨ)の夜景をご堪能いただけます。
  • 67. 定林寺址(扶余郡)… 百済の興亡とともに消えた定林寺(チョンリムサ)。 定林寺址はユネスコ世界文化遺産「百済歴史遺跡地区」のひとつに数えられ、国宝・定林寺址五層石塔などが今でも境内跡に残っています。辺りが暗くなると、五層石塔や手前にある蓮池などがライトアップされ、 栄華を極めた百済の息吹を感じられます。ます。
  • 68. 瑞山海美邑城(瑞山市)…朝鮮時代初期1491年に築城された邑城で史跡第116号に指定されている海美邑城(ヘミウプソン)。周囲1.8kmを囲む城郭には東・南・西に三つの門楼があり、朝鮮時代の面影を今に伝えます。朝鮮時代後期にはこの海美邑城にあった役所に捕らわれたカトリック信者が受難を受けた地でもあり、カトリック教徒にとっては殉教聖地ともなっています。夜になると海美邑城はライトアップされ、美しい史跡の夜景を眺められます。
  • 69. 礼唐湖つり橋(礼山郡)…2019年4月にオープンしたばかりの韓国国内最長402mを誇る吊り橋・礼唐湖(イェダンホ)つり橋。夜になると白いつり橋が七色に光るライトアップに照らされ、湖面に映る橋の姿とともに素晴らしい夜景となります。ます。

忠清北道(4)

  • 70. 丹陽江桟道(丹陽郡)…風光明媚な丹陽(タニャン)を流れる南漢江(ナマンガン)の川縁の崖に張り出すように設置されたのがここ丹陽江桟道。昼間の景色も大変美しい場所ですが、夜になると崖部分全体がライトアップされ、昼間とは違った神秘的な丹陽の自然をお楽しみいただけます。
  • 71. 垂楊介 光のトンネル(丹陽郡)…長い間使われなかった全長200mの垂楊介(ヤンスゲ)トンネルをリモデリング、最先端のマルチメディアやLED照明などを駆使し、光のトンネルに再生したのがこの垂楊介光のトンネル。光あふれる光景はこの世のものとは思えないほどの圧巻です。
  • 72. 水安堡 足湯の道(忠州市)…韓国で温泉と言えばまずここを思い出す方も多い水安堡(スアンボ)。この水安堡温泉観光特区を流れる川縁の道が水安堡足湯(足浴)の道です。足湯を楽しめる施設があるほか、夜には川縁が華やかにライトアップされ、特に春の花見のシーズンには桜並木が照らされ夜桜見物に絶好の場所となっています。
  • 73. 中央塔(弾琴湖)一帯…新羅時代の石塔で韓国国宝第6号・忠州(チュンジュ)塔坪里(タプピョンニ)七重石塔は韓国の中央にあることから通称・中央塔(チュンアンタプ)と呼ばれる由緒ある石塔。この中央塔を中心に南漢江の流れを堰き止め、上流の忠州湖ダムの調整池の役割を果たす弾琴湖(タングモ)湖畔には、中央塔史跡公園が広がり、忠州博物館などの文化施設、散策路などとともに地元の人々の憩いの場となっています。夜になると忠州塔坪里七重石塔は様々な色彩の照明でライトアップされ、人気のフォトスポットに。

全羅南道(13)

  • 74. 康津ナイトドリーム(康津郡)…康津(カンジン)ナイトドリームは、グルメ・文化・自然などさまざまな体験ができる康津を代表するナイトツアー。2017年から始まった康津ナイトドリームは、駕牛島(カウド)のトレッキング、市場での夕食、 四宜斎 (サウィジェ)でのマダン劇観覧、永郞生家(ヨンナンセンガ)・世界牡丹公園での紙灯篭を手に夜の散策や野外公演観覧など盛りだくさんの内容で康津の素晴らしさを満喫できるツアーです。 。
  • 75. 谷城蟾津江汽車村(谷城郡)…廃線区間を利用したSL型ディーゼル機関車観光列車やレールバイク、綺麗な花の庭園やハイキングなどが楽しめる谷城(コクソン)蟾津江(ソムジンガン)汽車村。夜にはバラ園などをはじめ美しい光に包まれ、夜景が美しいことでも有名です。
  • 76. 九峰山展望台(光陽市)… 標高473mの九峰山(クボンサン)は製鉄の街・光陽(クァンヤン)に聳える山。その九峰山にある九峰山展望台は光陽市内のみならず目の前に広がる南海(ナメ)の海原、そして順天・麗水・河東(ハドン)まで見渡せる眺めのよい展望台です。山頂には鉄の街らしく近未来的なメタルアート烽燧台もあり、夜になるとライトアップされ、街の灯りとともに素晴らしい夜景を楽しめます。
  • 77. プラタナス ピョルピッ・タルピッキル(星明り・月明かりの道)(潭陽郡)…潭陽(タミャン)竹緑苑のすぐそば・栄山江(ヨンサンガン)の川縁にあるプラタナスの並木道。ここは夜になると様々なライトアップやイメージプロジェクターなどを駆使し、美しい夜景の道になります。特に三日月をしたオブジェはSNSるスポットとして大人気です。
  • 78. カッパウィ海上歩行橋(木浦市)…海食や風化の作用によって形成されたタフォニ(風化穴)で、いかにも笠をかぶっているかのように見えることから名づけられた岩・カッパウィ(笠岩)。そのカッパウィがある海岸線に沿って海の上に設置されたのでがカッパウィ海上歩行橋。夜になると橋は様々なLEDで彩られ、またライトアップされ昼間とは違った幻想的なカッパウィもご覧いただけます。
  • 79. 踊る海の噴水(木浦市)栄山江(ヨンサンガン)河口の平和公園前の水辺にある木浦(モッポ)の新名物・踊る海の噴水。水面に浮かぶフロート式の噴水台の全長は150m、吹き出す水は高さ最大70mまで及び世界最高レベル。夜に行われる噴水ショーでは、レーザー光、音楽、映像とともに、ダイナミックで感動的な噴水ショーを繰り広げます。
  • 80. 木浦海上ケーブルカー(木浦市)…木浦海上ケーブルカーは木浦市内に聳える儒達山(ユダルサン)の麓から儒達山、そして栄山江河口にある高下島(コハド)を結ぶロープウェイ。儒達山から高下島までは海の上を渡ります。ゴンドラからは木浦の自然や街が大変よく見え、特に夜は七色の光に照らされた木浦大橋など素晴らしい夜景が自慢のロープウェイです。
  • 81. 宝城茶畑光祭り(宝城郡)…韓国でお茶と言えばここ、宝城(ポソン)。その茶畑などを中心に、きらめく光のイルミネーションで夜の宝城を彩るのが宝城茶畑光祭り。天の川のトンネル、茶畑ファサードなど様々な光の演出をはじめ、光と火が織りなすステージなど、他では味わえない夜をお過ごしいただけます。
  • 82. 千四大橋(新安郡)…2019年春に開通したばかりの全羅南道(チョルラナムド)新安郡の小島を結ぶ橋梁で、ここ新安郡に1004もの島々が点在することから千四大橋(チョンサテギョ)と名付けられました。西海(ソヘ)に浮かぶ島々の間をまっすぐに伸びる千四大橋から眺める景色は最高で、特にライトアップされた千四大橋の夜景は絶景です。
  • 83. 浪漫屋台(麗水市)…麗水(ヨス)の夜をおいしいグルメとともに楽しむなら浪漫屋台・ナンマンポチャ!港町・麗水ならではのグルメ、刺身・海鮮鍋・海鮮蒸しなど海の幸を楽しみながら、素晴らしい港町の夜景、そして公演などもお楽しみいただけます。
  • 84. 麗水海上ケーブルカー(麗水市)…麗水市内の紫山(チャサン)公園と、麗水のすぐ目の前に浮かぶ突山島(トルサンド)内の突山公園を結ぶ韓国初の海上ロープウェイ。陸地と島の間の狭い海峡を渡るだけあって景色は最高です。夜には亀甲船大橋(コブクソンテギョ)のライトアップ、麗水旧港の街の灯りなど素晴らしい夜景がゴンドラから楽しめます。
  • 85. 麗水の夜の海&浪漫ストリートパフォーマンス(麗水市)…麗水は全羅南道(チョルラナムド)を代表する港町だけあって、南海(ナメ)の海原を臨む夜景は最高。中でもエキスポ海洋公園で行われるマルチメディア噴水ショー・BIG-O SHOWは夜の麗水を彩る人気のプログラムです。また、亀甲船大橋そばの浪漫屋台会場から麗水中央鮮魚市場までの旧市街地の海岸沿い5か所で夜間行われるストリートパフォーマンス「麗水夜海浪漫バスキング」では星空の下、様々なパフォーマンスが行われ人気を博しています。
  • 86. 正南津長興水祭り(長興郡)…耽津江(タムジンガン)を堰き止めできた長興ダム、そして南川江(ナムチョンガン)が注ぐ宝城湾(ポソンマン)がある水のふるさと・長興(チャンフン)。毎年夏に行われる正南津(チョンナムジン)長興水祭りは、水をテーマに行われる真夏の清々しいフェスティバルです。 夜には公開放送をはじめさまざまなステージが行われ、会場の耽津江には光のオブジェなども設置され、真夏の楽しい一夜をお楽しみいただけます。

全羅北道(1)

  • 87. 全州文化財夜行(全州市)…2016年から開始した夜の全州(チョンジュ)を巡るプログラム・全州文化財夜行。毎年、春と秋に慶基殿(キョンギジョン)一帯で繰り広げられる全州文化財プログラムでは、全州の歴史や文化、さまざまなステージ、体験プログラム、グルメに至るまで楽しいことが目白押し。昼間の全州にはない、全州のもう一面を感じられるお祭りです。

慶尚南道(4)

  • 88. 三千浦大橋(泗川市)…慶尚南道(キョンサンナムド)泗川(サチョン)市内の陸地から3つの島を経て南海郡(ナメグン)昌善島(チャンドンド)へと続く道路に架かる4つの橋のうち、一番陸側にあるのが三千浦大橋(サムチョンポテギョ)。夜になると全長436mの斜張橋はライトアップされ、美しい姿を現します。
  • 89. 楮島 クワイ川の橋スカイウォーク(昌原市)…昌原(チャンウォン)市内とそのすぐ沖にある島・楮島(チョド)を結ぶ歩行者専用の離島架橋・楮島クワイ川の橋スカイウォーク。橋の床板中央をガラス張りにし直下に広がる海峡を眺めることができます。夜にはさまざまな色の光でライトアップされ、幻想的なアーチ橋の姿となります。
  • 90. 統営 夜の海 夜景ツアー(統営市)…統営の夜景を船上から満喫できるのが、統営 夜の海 夜景ツアー。道南(となむ)観光団地にある統営海洋スポーツセンターから統営大橋を往復する夜景ツアーでは、ライトアップされた統営大橋や、統営の街の灯りなど素晴らしい夜景をお楽しみいただけます。
  • 91. 蟾津江平沙里タルマジュン(月迎え)(河東郡)…毎月満月の夜、慶尚南道(キョンサンナムド)河東郡(ハドングン)平沙里(ピョンサリ)の蟾津江(ソムジンガン)の河原では、河東特産のお茶やベートーヴェンのピアノソナタ「月光」の演奏を楽しむ韓国ならではの夜をお過ごしいただけます。

慶尚北道(5)

  • 92. 東宮と月池(慶州市)…悠久の都・慶州(キョンジュ)にある新羅時代の離宮・東宮(トングン)とその敷地内にある月池(ウォルチ)。新羅の都を象徴するこの東宮と月池は慶州観光のハイライト。夜には敷地全体がライトアップされ、月池に映し出される東宮の姿はまた格別で、古の時代を感じさせる古都・慶州の素晴らしい夜景を満喫できます。
  • 93. 瞻星台(慶州市)…新羅時代に建立された東洋で現存するもっとも古い天文台・瞻星台(チョムソンデ)。国宝第31号に指定されている瞻星台は、慶州へ来た方なら必ずしや見学する慶州を代表する名所です。夜には瞻星台周囲に設置された照明が当てられ、古都・慶州の星空の下、幻想的な姿を現します。す。
  • 94. 安東タルピッツアー「タル・グ・ラク」(安東市)…安東(アンドン)のグルメ、夜景を激安料金で楽しめるバスツアー「タル・グ・ラク」。月を意味するタル、懐かしさを意味する「クリウム」のク、そして楽しい「ラク(楽)」をコンセプトに「タル・グ・ラク」と命名、夜の安東を巡る全く新しい形のシティツアーです。
  • 95. 月映橋及び文化財(月映夜行)(安東市)…2003年に安東湖に架けられた木造の橋・月映橋(ウォリョンギョ)。夜になると、橋全体が淡くライトアップされ、名前の通り月明かりに照らされたかのように橋が水面に映えて美しい光景となります。
  • 96. ホタル天文台(英陽国際夜空保護公園)(英陽郡)…地元・英陽郡(ヨンヤングン)が運営する市民天文台。ホタル生態体験村特区にあることから、夏はホタルの観察と満天の夜空を観測できる韓国唯一の天文台です。

世宗特別自治市(1)

  • 97. 世宗湖公園(燕岐面)…政府中央庁舎など様々な機関が移転して新たに誕生した世宗(セジョン)新都市。その真ん中に造られた人造湖・世宗湖の周囲にある親水公園が世宗湖公園です。水上舞台島に建てられた楕円形ドームは夜になると美しくライトアップされ世宗市民の憩いの場となっています。

済州特別自治道(3)

  • 98. セヨン橋(西帰浦市)…済州島の南・西帰浦(ソギポ)の港と、港のすぐ沖に浮かぶセソム(草島・茅島)との間に架かる、済州伝統の船を模った橋。夜になるとセヨン橋がライトアップされ人気のスポットに。音楽が流れるミュージックベンチもあります。
  • 99. ヨンヌニオルム(西帰浦市)…ヨンヌニオルム(龍眼岳)は済州を代表する標高247.8mの側火山。龍が横たわっている様子に見え、また火口が龍の目のようなことから名前が付きました。空が澄んだ日には満天の夜空に無数の星々が見えおすすめの場所です。
  • 100. ライトアートフェスタ(済州市)…済州の大自然に忽然と現れた今話題の観光スポットといえばここ、ライドアートフェスタ。世界各国の著名な照明デザイナー・アーティストによる華麗な光の作品が園内一面を覆いつくします。済州の夜空の下、広がる光の世界は圧巻です。

More Info

※上記の内容は2020年5月現在の情報です。今後変更されることがありますのでお出かけ前に必ずご確認ください。