トピックス

夏はキャンプへ!ソウルで楽しむ野外キャンプ場

  • 日付2012/08/07
  • Hit12092
夏はキャンプへ!ソウルで楽しむ野外キャンプ場
夜空を見上げてのキャンプ体験。特に自然の中で夜空の星を眺めていると、旅の価値が高まる気がしませんか?韓国人の1/5以上が住む大都市ソウルにもこうした自然の中でキャンプを楽しめる場所があります。そんな真夏の夜を涼しく過ごせるソウルにある野外キャンプ場をご紹介します。
ソウル大公園 自然キャンプ場
Natural Campsite in Seoul Grand Park
ソウル大公園の国立現代美術館の裏にある自然キャンプ場は、27000平方メートルの広さで、1日に1500人を収容できる規模を誇っています。清渓山から流れでるきれいな渓谷の水と山林から放出される爽やかな空気が吸い込める自然空間で、キャンプや炊事、レクレーション、ピクニックなどが楽しめます。素足で黄土の土を踏みながら散歩や焚き火をしながら話に花を咲かせれば、それはきっと忘れられない思い出となるでしょう。
Natural Campsite in Seoul Grand Park

☞ 利用期間: 2012年3月15日(木)~11月30日(金)
☞ 利用時間: 当日9:00~19:00、キャンプ13:00~翌日11:00 (テントのレンタル時間)
☞ 入場料: 大人 2,000ウォン、青少年 1,500ウォン、子ども 1,000ウォン
☞ キャンプ利用料: 15,000ウォン (4人用テント提供)、インターネットで予約・決済後利用可。
☞ キャンプ用品のレンタル料: マット(1人用) 1,000ウォン
☞ 施設: キャンプファイヤー場、バレー/バスケットボール場、売店、炊事場、シャワー場、アウトドアジム、公衆電話、トイレなど
☞ 問合わせ(キャンプ場):  +82-2-500-7870(韓国語)
☞ ソウル大公園自然キャンプ場ホームページ: http://grandpark.seoul.go.kr(日本語あり)
☞ 交通アクセス:  
<公共交通を利用する場合>
地下鉄4号線「大公園駅」2番出口 → 噴水 → ソウルランド正門 → 現代美術館 → 自然キャンプ場 (徒歩約35分)

<車で行く場合>
ソウル大公園入口 →ソウルランド後門 →ソウルランド東門駐車場 →現代美術館→自然キャンプ場

<駐車料金>
2時間まで 1,000ウォン、30分超過ごとに1,000ウォン/ 1日 8,000ウォン
(キャンプ利用客の場合、翌日の昼12時まで8,000ウォン、30分超過ごとに1,000ウォン)

☞ 問合わせ(駐車場) : +82-2-3418-4441
☞ ソウル大公園 自然キャンプ場
☞ ソウル大公園

 
蘭芝漢江公園 蘭芝キャンプ場
Nanji Campground in Nanji Hangang Park
蘭芝漢江公園の中にある蘭芝キャンプ場は、美しい漢江の景観を満喫し、生態公園や水遊び場などさまざまな施設が利用できる最新式のキャンプ場です。 キャンプ場には炊事場や調理台、温水シャワー場、テント、バーナー、バーベキューグリルなど、キャンプに必要な施設や用品が完備しており、誰でも簡単に利用することができます。 蘭芝キャンプ場周辺には生態湿地園や蘭芝川、ノウル公園、ハヌル公園、ワールドカップ上岩競技場、平和の公園など見どころが豊富です。昼は漢江で水遊びが楽め、夜は生態公園で星が眺められる異色的なキャンプを楽しめます。
Nanji Campground in Nanji Hangang Park

☞ 利用期間: 年中利用可
☞ 利用時間: 11:00~翌日10:00
☞ 入場料: 大人 3,750ウォン / 5~7歳 2,000ウォン / 4歳以下 無料
☞ テントのレンタル(マット、入場料を含む): 4人家族用テント 29,000ウォン、6人家族用テント 38,500ウォン、4~6人用日よけテント(4人分の入場料含む/内部に縁台あり、四方をオープン可) 40,000ウォン、6~10人用モンゴルテント 50,000ウォン(入場料は含まれない/ 内部に縁台あり、四方をオープン可)
☞ 施設: 炊事場・調理台、マット、24時間温水シャワー場、トイレなど
☞ 問合わせ(キャンプ場): +82-2-304-0061~3
☞ 交通アクセス : 
<公共交通を利用する場合>
地下鉄6号線「ワールドカップ競技場駅」1番出口、蘭芝漢江公園の標識に沿って徒歩20分程度。または 地下鉄2・9号線「堂山駅」8番出口 → 9707番広域バスに乗車 →蘭芝漢江公園のバス停で下車(約5分所要)

<車で行く場合>
上岩ワールドカップ競技場 → 蘭芝漢江公園 → 公園内の道路を利用 →蘭芝キャンプ場

<駐車料金>
30分まで 1,000ウォン、10分超過ごとに200ウォン(キャンプ場利用客は60%割引/管理事務所で駐車確認印必ずもらうこと) /1日 10,000ウォン
*駐車料金の徴収時間
12~2月 9:00~21:00
3~11月 9:00~23:00
(翌日の午前9時より駐車料金が発生)

☞ 蘭芝キャンプ場HP http://www.nanjicamping.co.kr/(韓国語、英語)
☞ 蘭芝市民公園蘭芝地区

 
江東グリーンウェイ家族キャンプ場
Gangdong Greenway Family Campground
江東グリーンウェイ家族キャンプ場は、ソウル都心の中の一字山自然公園の森の中に位置する環境にやさしい家族キャンプ場で、一般キャンプサイト(49張)とオートキャンプサイト(8張)から成っています。一般キャンプサイトには全てテントが設置されており、駐車場もキャンプ場から100メートル程のところにあり大変便利です。自家用のテントが設置できるオートキャンプサイトはテントのすぐ横に車を駐車できるようになっていて、キャンプ場周辺の一字山から流れ出る小川の水の音を聞きながら歩ける散歩コースもキャンプ場を訪れる家族連れに人気を集めています。

☞ 利用期間: 毎年3月1日~11月30日
☞ 利用時間: 13:00~翌日11:00
☞ テントのレンタル(マット2枚、入場料、駐車料金含む) :
オートキャンプ場:4人基準 21,000ウォン(私物テント設置、テント横駐車可能)
家族キャンプ場:4人基準 20,000ウォン(4人を超える場合追加予約) / インターネットで予約・決済後利用可 / テント設置済、マット2個レンタル
☞ 施設: バスケットボール場、水飲み場、温水シャワー場、売店、休憩所、トイレなど
☞ 問合わせ(キャンプ場): +82-2-478-4079
☞ 交通アクセス :
<公共交通を利用する場合>
地下鉄5号線「江東駅」4番出口 →バス(361、370、30-2、30-3、112、112-1、112-5、1113-1番)に乗車 →吉洞生態公園のバス停で下車(約10分所要)

<車で行く場合>
吉洞生態公園交差点→ハーブ天文公園→江東グリーンウェイ家族キャンプ場

☞ 江東グリーンウェイ家族キャンプ場ホームページ http://www.gdfamilycamp.or.kr/(韓国語)
☞ 江東グリーンウェイ家族キャンプ場

 
ワールドカップ公園 ノウルキャンプ場
Noeul Campground
ノウルキャンプ場は空に近いキャンプ場で、ワールドカップ公園にある公園のうち最も高いところにあるノウル公園内に位置しているため、美しい日没の様子を観賞するのに最適です。ゴルフ場の予定地だっただけに見晴らしのよい自然景観ときれいに整えられた芝生が特徴です。キャンプ区画ごとにテーブルや火鉢はありますが、一般のキャンプ場とは異なりテントとマットはレンタルしていません。駐車場からキャンプ場が離れているため、駐車場からキャンプ場までは電気車(有料)を利用するか、歩いて行かなければなりません。多少不便ではありますが、静かでロマンチックな自然の中で自分だけの特別なキャンプの思い出が作れます。

☞ 利用期間: 2012年5月1日(火)~11月30日(金)
☞ 利用時間: 14:00~翌日正午12:00 (当日22時以降入場不可)
※シャワー室利用時間: 6:00~21:00 /17:00~21:30
☞ テント・マットのレンタルなし
☞ 利用料(入場料を含む) 1泊2日基準:
電気使用区画(テーブル、火鉢あり) 13,000ウォン
一般区画(テーブルあり/火鉢の選択可) 10,000ウォン
インターネット予約 (先着順)
☞ 施設: 水飲み場、子どもの遊び場、売店、トイレなど
☞ 問合わせ(キャンプ場): +82-2-300-5571(火曜日の14時から日曜日)
☞ 交通アクセス :
<公共交通を利用する場合>
地下鉄6号線「ワールドカップ競技場駅」 1番出口→ワールドカップ競技場の南門の陸橋の下にあるバス停からマウル(小型)バス(麻浦8番)に乗車 →西部免許試験場で下車 →蘭芝川公園方向に道を渡る →地域暖房公社方向に徒歩 →ノウル公園からキャンプ場まで徒歩 (約40分所要)

<車で行く場合>
ワールドカップ競技場の南門 →平和の公園または蘭芝川公園駐車場→ノウル公園からキャンプ場まで徒歩

<駐車料金>
(先払い) 平日 5,000ウォン、週末/祝祭日 10,000ウォン (1日利用)

* 午後8時まではノウル公園内に車両が進入できないため、ノウル公園の駐車場に駐車し、電気車を利用するか徒歩でキャンプ場まで移動しなければなりません。午後8時以降はノウル公園に車両が進入できますが、頂上で荷物を下ろしたあと、ノウル公園に駐車しなければなりません。※電気車問合せ:+82-2-304-7119

<電気車>

運行時間 –10:00~20:00
運行間隔 – 20分(変更されることもあります)
乗車券(片道) - 12歳以上 2,000ウォン / 4~11歳 1,500ウォン

☞ ノウルキャンプ場ホームページ http://worldcuppark.seoul.go.kr/guide/camp5_1.html(日本語あり)
☞ ノウルキャンプ場

 
中浪キャンプの森 中浪家族キャンプ場
Noeul Campground
ソウル市の中浪区にある中浪キャンプの森 中浪家族キャンプ場は、中心部から地下鉄で1時間ほどの場所にあるため家族で気楽にキャンプを楽しめる場所です。またキャンプ初心者が多く訪れる代表的な場所となっています。ソウル市で運営する他のキャンプ場と違ってここはテントの横に駐車ができ、キャンプ道具を運ぶ必要がないのが特長です。2010年8月にオープンした施設も最新式で、キャンピングサイトごとに駐車スペースがあり、かまどや電源もあります。各サイトごとスペースが広く周辺環境も整っていて、シャワー場の外にある屋外ミニスパでは子どもたちが簡単に水遊びを楽しめるようになっています。

☞ 利用期間: 2012年5月1日(火)~10月31日(水)
☞ 利用時間: 当日13:00~翌日11:00 (当日22時までに要入場)
※シャワー室利用時間: 7:00~22:00 /週末・祝日:7:00~22:30
☞ テントレンタル: 10,000ウォン
☞ 利用料:
キャンプ場利用(1泊2日基準):駐車料金含む 25,000ウォン /電気使用: 3,000ウォン(選択可)
物品レンタル: テントレンタル(固定設置)10,000ウォン / マットレンタル: 4,000ウォン(4人基準、選択可)
☞ インターネット予約 / マットレンタルはは現地受付、クレジットカード可)(韓国語)
☞ 施設: キッズ水遊び場、休憩所、野外スパ、売店、トイレなど
☞ 問合せ: 管理事務所 +82-2-434-4371~2(韓国語)
☞ 交通アクセス :
<公共交通を利用する場合>
地下鉄1号線「楊原駅」2番出口から徒歩5分。
※駐車料金なし(各キャンプ区間横に駐車スペースあり)

中浪家族キャンプ場ホームページ: http://parks.seoul.go.kr(日本語あり)
☞ 中浪キャンプの森

 
top
 

最終更新日:2012年7月18日