トピックス

韓国の年中行事、ソルラル(旧正月)

  • Tag Event
  • 日付2018/02/02
  • Hit310203

ソルラルに食べる雑煮「トックク」韓国の人々がソルラルに食べるトックク

韓国最大の名節(節日)「ソルラル」まであともう少し。韓国のソルラル(旧正月)は陰暦(旧暦)1月1日のことをいいますが、今年2018年は陽暦の2月16日がその日に当たります。
では、韓国の人々はソルラルをどのように過ごすのでしょうか。
ソルラルの時期になると、韓国の人々は生まれ育った故郷に戻り、先祖を祀る儀式を行ったりします。そして、家族が久しぶりに集まって、楽しい韓国伝統の遊びをしたりして楽しいひとときを過ごします。それでは韓国のソルラルの様子をみてみましょう。

デパートや市場で贈り物や食材を購入!

茶礼の準備をする様子(写真左)、列車で帰省する人々先祖を祀る儀式・茶礼の準備(左)/列車に乗って故郷へと急ぐ人々(右)

韓国ではソルラルがはじまる一週間前からとても忙しくなります。名節の時に食べる料理を心をこめて準備したり、両親や知人、親戚に渡す贈物の用意をしたりします。ソルラル連休にはふるさとの実家へ帰る人が多く、事前に電車やバス、飛行機のチケットを手配するのもまた一苦労です。
特にソルラル連休の期間には民族大移動となるため、各地の道路は大渋滞となります。なかにはいつもより2倍から4倍以上の時間がかかることもあります。

ソルラルに人気の贈り物は?

経済状況とその年の流行によって多少異なりますが、常に人気があるのは商品券と現金です。年配の方には高麗人参や蜂蜜などの健康食品やマッサージ器などの健康用品を贈ることが多く、友人・知人にはシャンプーや石けん、歯磨き粉などが入った日用品セットや、ハムや缶詰などの食品セットが人気です。他にも茶礼料理に必要な伝統菓子や果物、牛肉、干し魚なども人気アイテムとなっています。

ソルラル当日は茶礼(チャレ)を行い、伝統遊びで一勝負!

茶礼(写真左)、セベトンソルラルを迎え茶礼を行う様子 / 歳拝を行いお年玉をもらう子どもたち

ソルラルの朝は早めに起きて体を清め、ソルラルを迎えるために新調した服「ソルビム」で身支度をすることから始まります。ソルラルには祖先を祀る儀式・茶礼(チャレ)を行い、茶礼を終えるとあらかじめ準備した料理を囲んで家族みんなで和気藹々とした雰囲気の中、食事をします。
ソルラルの朝の食事にはなくてはならないのが韓国の雑煮「トックク」です。トッククとは韓国の主食である米(主にうるち米)から作った、楕円形に薄切りした餅が入った雑煮のことで、昔から韓国の人々はソルラルにトッククを食べることで、歳をまたひとつとると考えていました。トッククを全て食べたら、両親など目上の人に新年の挨拶・歳拝(セベ)を行います。歳拝を行うと、目上の人は歳拝をした人に今年一年がよい年であるように願う意味で言葉をかける徳談(トクダム)を話し、その後韓国のお年玉にあたるセベトンを渡す風習があります。

ソルラルの遊び、ユンノリ(すごろく)

ユンノリユンノリ

茶礼が終わったら家族みんなが集まり、韓国の伝統遊びをします。ソルラルではユンノリがもっともポピュラーな韓国伝統の遊びです。少しルールを覚えれば遊ぶことができ組み分けして行うので家族とのふれあいの場ともなります。
ユンノリは4つの細長い木の棒・ユッカラクを投げて、出た目(×印がついた面)の数によって駒を進めていく簡単なゲームです。各チーム4つ手持ちの駒を持ち、4つ全てが早くゴールにたどり着いた人が勝ちます。

2018年は戌年ですが、どんな意味があるのでしょうか?

韓国の人々は陰暦の新年が近づくと誰でも来年は何年か、来年の干支はなにかということに大きな関心を持ちます。これは伝統的にその年の干支によって、その年に生まれる子どもの性格や運勢、そして人々の星回りを占う風習があるためです。今ではこれを素直に信じるというよりは単純に楽しみの一つとしてちょっと知ってみたいという程度の感じになっています。
2018年は十二支の11番目の干支・戌年、韓国では十干と十二支を組み合わせた言い方でいうのが一般的なので今年は戊戌年(ムスルニョン)となります。この戊(つちのえ)は地のエネルギーで犬を意味し、今年の戊戌年を「黄金の戌年」とも表現し、まれに見るいい年とみる向きもあります。

Plus Tip!

ソルラル期間中、ほとんどの家庭は帰省したり海外旅行に行ったりするため、ソウルは通常に比べて人が少なくなり、静かになります。また、商店や飲食店も休業するところが多くなります。古宮や公園、テーマパークなどでは、ソルラルの特別イベントとして様々な韓国の伝統的な遊びが行われるため、体験してみるのもおすすめです。ただし、地方へ移動する際は、列車はもちろん、バスや飛行機など、全ての交通機関が混雑するため注意してください。
※ソルラル連休(1月27日(金)~1月30日(月))中は、ほとんどの百貨店や商店がソルラル当日の1月28日(土)と、ソルラルの前日か翌日のどちらかを休み、2日間休業となります(休業日は店によって異なります)。

<ショッピング tip>

旧正月の連休期間中(2018年2月15日~2月17日)、大部分のデパートやお店はソルラル当日の2月16日(土)とソルラル前日/翌日のうちいずれか1日をあわせて2連休となるところが多くなっています。(店舗によって異なりますので、訪問前にご確認ください)

ソルラル連休中おすすめのソウル都心観光スポット

南山コル韓屋村 景福宮(太極旗キル) 南山ソウルタワー
南山コル韓屋村 景福宮(太極旗キル) 南山ソウルタワー
三清閣 ソウル歴史博物館 ロッテワールド民俗博物館
三清閣 ソウル歴史博物館 ロッテワールド民俗博物館
国立中央博物館 ソウル岩寺洞遺跡 昌徳宮と後苑(ユネスコ世界文化遺産)
国立中央博物館
※ソルラル当日(2月16日)のみ休館
ソウル岩寺洞遺跡 昌徳宮と後苑(ユネスコ世界文化遺産)
国立国楽院 徳寿宮 宗廟(ユネスコ世界文化遺産)
国立国楽院
写真提供:国立国楽院
徳寿宮 宗廟(ユネスコ世界文化遺産)
東大門デザインプラザ(DDP) 芸術の殿堂 国立現代美術館
東大門デザインプラザ(DDP) 芸術の殿堂
写真提供:芸術の殿堂
国立現代美術館(ソウル館)
※ソルラル当日(2月16日)「ソウル館」のみ休館

※上記の内容は2018年1月現在の情報です。今後変更されることがありますのでお出かけ前に必ずご確認ください。