トピックス

韓国の年中行事、ソルラル(旧正月)

  • Tag Event
  • 日付2016/01/21
  • Hit238855

ソルラルに食べる雑煮「トックク」


韓国の人々が楽しみにしている年中行事「ソルラル(旧正月)」が近づいてきました。韓国では正月を旧暦で祝い、2016年は2月8日(月)がソルラル、2月7日(日)~2月10日(水)がソルラル連休に当たります(2月10日は振り替え休日)。この時期には親族が集まり、先祖を敬う儀式を行ったり、伝統ノリ(遊び)をしたりしながら楽しい時間を過ごします。実際に韓国の一般家庭ではどのようにして過ごすのか、その様子をご紹介します。

事前準備★ デパートや市場で贈り物や食材を購入!

茶礼の準備をする様子(写真左)と列車で帰省する人々

ほとんどの韓国の家庭ではソルラルの約1週間前から忙しくなります。茶礼(チャレ/先祖を供養する儀式)のための食材の準備や、家族やお世話になった人などに贈り物をする習慣があるためです。そのためデパートや大型スーパー、市場などに多くの人が集まります。茶礼の料理は肉、魚、果物、ナムルなど、多岐にわたっており、材料は形や色合いが良い新鮮なものを選びます。茶礼を行わない家庭ではソルラルに食べる料理の準備をします。
また帰省のためのバスや列車、飛行機のチケットを予約するのもソルラルの準備のひとつです。ソルラル1ヶ月前の前売り開始日は「チケット予約戦争」といわれるほどで、ほとんどのチケットが売切れてしまいます。車を利用する人も多いですが、高速道路の渋滞は避けられません。この時期には通常の2~4倍の時間がかかります。

  • ソルラルに人気の贈り物は?
  • 経済状況とその年の流行によって多少異なりますが、常に人気があるのは商品券と現金です。年配の方には高麗人参や蜂蜜などの健康食品やマッサージ器などの健康用品を贈ることが多く、友人・知人にはシャンプーや石けん、歯磨き粉などが入った日用品セットや、ハムや缶詰などの食品セットが人気です。他にも茶礼料理に必要な伝統菓子や果物、牛肉、干し魚なども人気アイテムとなっています。

ソルラル当日★ 茶礼(チャレ)を行い、伝統遊びで一勝負!

茶礼(写真左)とセベトン

ソルラルの朝には早起きして朝風呂に入り、ソルビム(正月のため新調した服)や一張羅の韓服を着たりして身支度をし、先祖を敬う儀式「茶礼」を執り行ないます。韓国ではこの日には先祖がこの世に戻ってきて食事をしていくと考えられています。茶礼では、テーブルの上に位牌を置き、茶礼用の食べ物を順序通りに並べ、酒を注いでお辞儀をする儀式が行われます。先祖に対する日ごろの感謝を表し、1年間、家族を見守ってもらうようお願いする意味が込められています。
茶礼が終わると食事の時間となり、ソルラルの朝に欠かせない韓国の雑煮「トックク」を家族全員で食べます。このトッククに使われる餅は本来長いものであるため長寿を表す縁起のいい食べ物とされています。数え年で年齢を数える韓国では、このトッククを食べることによって1歳年を取ります。
これが終わったら今度は「歳拝(セベ)」を行います。年少者がお辞儀をすると、年長者から徳談(トクダム)と呼ばれる幸せを祈る言葉とともに、セベトン(お年玉)が渡されます。これが子どもたちがソルラルを楽しみにしている理由のひとつです。最近では宗教上の理由から茶礼を行わない家が増えつつあり、そのような家では親族が集まって新年の始まりを祝い、健康と幸せを祈りながら正月を過ごします。


ユンノリ

  • ソルラルの遊び方は?
  • 朝の一通りのイベントが済んだら、伝統的な遊びをします。「ユンノリ」というすごろくに似たゲームが最もポピュラーなもので、これは一方を平たく切った丸く細長い棒をサイコロ代わりに投げて進めていくものです。チェギチャギ(羽蹴り)、投壺(トゥホ/矢を壺の中に投げ入れる遊び)、ノルティギ(板跳び)などの伝統遊びを楽しみたいなら、民俗村やソウル市内の古宮に行くといいでしょう。また家でゆっくり話をしながらテレビを見たり、映画鑑賞をしたりもします。ソルラルには様々なジャンルの映画や番組が放映されるため、見どころ満載です

  • 今年の干支は申(さる)
  • 韓国の人々は、ソルラルが近づいてくると干支に関心を持つようになります。韓国では伝統的にその年に生まれた子どもの性格や運勢を占う風習があるためで、最近ではそれを信じるというよりは、ひとつの楽しみとして占うことが多くなりました。2016年は十二支の9番目の動物である申(さる)の年、丙申年です。丙は赤い色を表わし、申は猿を意味しているため、丙申年は赤猿の年という意味になります。
  • ソルラルに韓国を旅行する場合は?
  • ソルラル期間中、ほとんどの家庭は帰省したり海外旅行に行ったりするため、ソウルは通常に比べて人が少なくなり、静かになります。また、お店やレストランも休業するところが多くなります。古宮や公園、テーマパークなどでは、ソルラルの特別イベントとして様々な韓国の伝統ノリ(遊び)が開催されるため、体験してみるのもおすすめです。ただし、地方へ移動する際は、列車はもちろん、バスや飛行機など、全ての交通機関が混雑するため注意してください。
    ※ソルラル連休(2月7日(日)~2月10日(水))中は、ほとんどの百貨店や商店がソルラル当日の2月8日(月)と、ソルラルの前日か翌日のどちらかを休み、2日間休業となります(休業日は店によって異なります)。

☞ 関連コンテンツ:2016年ソルラルの観光地・ショップの休業情報

ソルラルのおすすめスポット

南山コル韓屋村 景福宮 Nソウルタワー
三清閣 ソウル歴史博物館 ロッテワールド民俗博物館
国立中央博物館 ソウル岩寺洞遺跡 昌徳宮と後苑(ユネスコ世界文化遺産)
国立国楽院(写真提供:国立国楽院) 徳寿宮 宗廟(ユネスコ世界文化遺産)
東大門デザインプラザ(DDP) 芸術の殿堂(写真提供:芸術の殿堂)
※ソルラル連休は休業
国立現代美術館(ソウル館)
※ソルラル連休は休業

※上記の内容は2016年1月現在の情報です。今後変更されることがありますのでお出かけ前に必ずご確認ください。