トピックス

ソウルの韓国語学校ガイド

  • 日付2011/07/26
  • Hit33143
韓国ドラマや映画を字幕なしで見るために韓国語を習う外国人が多くなり、韓国の文化や言語を学ぶ目的で韓国を訪れる外国人も増えてきています。しかし現地の韓国語学校で学ぼうとすると、学校探しから始まって、カリキュラムや学費、住むところなど、色々と悩んでしまうもの。今回はソウルの有名な韓国語学校8ヶ所を取り上げ、そんな気になる情報を集めてみました!

>> 韓国全国の大学の韓国語教育機関リストはこちら
 
梨の花の香り漂う大学
梨花女子大学(イファ・ヨジャ・デハッキョ)

梨花女子大学は韓国初の女性高等教育機関として1887年に設立され、その当時、学校周辺に梨の花がいっぱい咲いていたことから梨花と名づけられました。延世大学、西江大学とともにソウルの新村付近に位置しています。

インフォメーション

梨花女子大学
☞ 住所:ソウル市西大門区大峴洞11-1
☞ アクセス
・地下鉄
地下鉄2号線「梨大駅」2番か3番出口から出て直進。徒歩約5分。
・バス
161番、270番、272番、370番、470番、601番、606番、700番、9600番、9601番、9602番、9706番などを利用し、「梨花女子大学」また「梨花女子大学後門」で下車。
☞ お問い合わせ:+82-2-3277-2114(韓国語)
☞ ホームページ:http://elc.ewha.ac.kr/(日本語あり)




主な語学プログラム

1988年に始まった梨花女子大学言語教育院の韓国語教育では、現在、世界各国で韓国語教材として使用されている「スラスラ話せる韓国語(Pathfinder in Korean)」や「梨花韓国語(Ewha Korean)」などのオリジナル教材が使用され、コミュニケーション中心の講義で進められます。国籍、性別、年齢に関係なく、様々な学生がここで韓国語を学んでいます。
課 程 内 容 備 考
正規課程 春、夏、秋、冬の4学期があり、1学期の期間は10週 / 月・水・金の週3回 / 授業は午前クラス(11:00~13:10)と午後クラス(19:00~21:00)(1学期あたり72時間) / 1クラス10人~15人 実生活に関するコミュニケーション能力の向上を目標としています。会話、聞き取り中心の実用的な韓国語を学び、特に夕方クラスでは社会人に必要なビジネス韓国語も習うことができます。
短期課程 夏と冬に開講され、期間は3週間 / 月~金の週5回 / 授業9:00~13:00(1学期あたり60時間) / 1クラス10人~15人 会話、聞き取り、読み書きの総合教育プログラムを短期間で集中して学びます。文化授業では、韓国文化の体験を通して理解を深めます。
集中課程 春、夏、秋、冬の4学期があり、1学期の期間は10週 / 月~金の週5回 / 授業9:00~13:00(1学期あたり200時間) / 1クラス10人~15人 会話、聞き取り、読み書きの総合教育プログラムで、1クラスを2人の講師が指導します。実生活に関する課題活動を通してコミュニケーション能力を向上させ、文化授業では韓国文化に対する理解を深めます。

※梨花女子大学に入学した外国人留学生や外国人交換学生を対象とした韓国語プログラム課程もあります。

インフォメーション

梨花女子大学言語教育院 Visit Koreaインフォーメーション(学費、提出書類などの詳細)
梨花女子大学言語教育院ホームページ(日本語あり)
☞ 言語教育院へのお問い合わせ +82-2-3277-3184(日本語可)


学生寮・下宿
2月、7月、8月の短期課程受講者に限り、大学院の学生寮に入室でき、語学院登録時に申込みできます(集中課程受講者は先着順で利用可。正規課程は申込み不可)。学生寮は申込み順に部屋が割り当てられ、その結果は各申込者に知らされます。1人部屋、2人部屋があり、申込者全員が1人部屋を使うことはできません。
梨花女子大学のある新村エリアの下宿費の目安は1ヶ月1人45万~50万ウォン。
Top

世界の中の韓国を感じよう!
韓国外国語大学(ハングク・ウェグゴ・デハッキョ)

1954年に英語、フランス語、中国語、ドイツ語、ロシア語の5言語の学科でスタートした韓国外国語大学は、現在では全世界45言語の教育を行っており、韓国初の通訳・翻訳大学と大学院を運営している外国語教育専門の高等教育機関です。

インフォメーション

韓国外国語大学
☞ 住所:ソウル市東大門区里門洞270
☞ アクセス
・地下鉄
1号線「外大前駅」から徒歩約10分
・バス
261番、147番、1217番、1222番、1215番のバスを利用し、「外大前」で降ります。
☞ お問い合わせ:+82-2-2173-2114(韓国語)
☞ ホームページ:http://www.hufs.ac.kr/(日本語あり)


主な語学プログラム

1974年に設立された外国語研修院は、世界の中での韓国語の存在や専門的な韓国語教育のレベルを高めるために、2006年、韓国語文化教育院へと生まれ変わりました。過去30年以上の間、韓国語と韓国固有の文化を学ぶため、大勢の外国人と海外在住韓国人が韓国外国語大学韓国語文化教育院を訪れました。
課 程 内 容 備 考
正規課程 春、夏、秋、冬の4学期があり、1学期の期間は10週 / 月~金の週5回 / 授業9:00~13:00(1学期あたり約200時間) / 1クラスあたり7~13人 韓国語に初めて接する学生のための予備クラス、基本の文字の学習、会話、聞き取り、読解、書き取りを1級から6級までのレベルに分けて授業を進めます。
短期課程 春と夏に開講され、期間は4週間 / 月~金の週5回 / 授業9:00~13:00(1学期あたり80時間) / 1クラスあたり7~13人 会話、聞き取り、読解、書き取りの総合教育を行い、円滑な言語能力だけでなく、韓国の伝統文化体験や各種の特別な活動の機会を提供します。

※この他、韓国で大学進学を目指す外国人や海外在住韓国人の学生のための大学入学予備課程と特別課程も随時運営されています。

インフォメーション

韓国外国語大学韓国語文化教育院Visit Koreaインフォーメーション(学費、提出書類などの詳細)
韓国外国語大学韓国語文化教育院ホームページ (日本語あり)
☞ 韓国語文化教育院へのお問い合わせ
+82-2-2173-2269(日本語可)


学生寮・下宿
すべての課程の受講者が対象で、語学院登録の際に1人部屋または2人部屋の学生寮への申込みが可能です。寮は申込み順に部屋が割り当てられ、その結果は各申込者に知らされます。韓国外国語大学が位置する付近の下宿費用は1ヶ月に約45万ウォン、考試院(コシウォン / 受験生用の狭い部屋)は1ヶ月に30万~40万ウォンほど。
Top

豊富な文化体験プログラム
高麗大学(コリョ・デハッキョ)

1905年に韓国人によって設立された最初の近代的高等教育機関で、歴史ある名門大です。毎年秋に延世大学との友好のために開催されている親善フェスティバルは、韓国人だけでなく外国人も楽しめるイベントとして知られています。

インフォメーショ

高麗大学
☞ 住所:ソウル市城北区安岩洞
☞ アクセス
・地下鉄
地下鉄6号線「安岩駅」または「高麗大駅」で下車
・バス
1017番、144番、1147番、1216番、7211番、1216番、1147番を利用し、「高大前(고대앞)」で下車
☞ お問い合わせ:+82-2-3290-1114(韓国語)
☞ ホームページ:http://www.korea.ac.kr/(韓国語・英語)




主な語学プログラム

1986年3月に設立された高麗大学韓国語文化教育センターは、授業以外にも様々な文化活動を通して言語や文化への理解を深めます。陶磁器実習、伝統芸術公演観覧、書道、テコンドー、サムリノリなどの授業が行われ、サークル活動や見学の機会もあります。
課 程 内 容 備 考
正規課程 春、夏、秋、冬の4学期があり、1学期の期間は10週 / 月~金の週5回 / 授業9:00~13:00(1学期あたり約200時間) / 1クラスあたり10~13人 10時間は新しい語彙や文法を学んで会話の練習をし、残りの10時間は韓国語の駆使能力を高めるための4時間の会話集中訓練と、読解、書き取り、聞き取り授業をそれぞれ2時間ずつ行います。
夏期韓国語集中課程 毎年7月に4週間運営 / 月~金の週5回 / 授業9:00~13:00(1学期あたり80時間) / 土曜日は現場見学および文化授業 / 1クラスあたり11~12人 韓国語のレベルにより、初級、中級、上級クラスに分けられ、毎日4時間の授業が行われます。
日本人のための
韓国語特別課程
春と夏(1次・2次)に開講され、期間は3週間 / 月~金の週5回 / 授業9:00~13:00(1学期あたり60時間。現場見学時間を除く) / 土曜日は現場見学および文化体験 / 1クラスあたり11~12人 夏休みや休暇を利用して韓国語や韓国文化を学ぼうとする日本人を対象としたコース。韓国語のレベルにより初級、中級、上級クラスに分けられ、毎日4時間の授業が行われます。

※この他、様々な学習者を対象にした韓国語・文化特別課程もあります。夏休みや休暇などを利用して韓国語や韓国文化を習おうとするグループを対象にした委託課程もあります。

インフォメーション

高麗大学韓国語文化教育センターVisit Koreaインフォーメーション(学費、提出書類などの詳細)
高麗大学韓国語文化教育センターホームページ(日本語あり)
☞ 韓国語文化教育センターへのお問い合わせ
+82-2-3290-2971(日本語可)


学生寮・下宿
正規課程、夏期韓国語集中課程、日本人のための韓国語特別課程(1次)の受講者を対象に、語学院登録時に学生寮に先着順に申込みできます。その他高麗大が位置する安岩地域の下宿は1人あたり1ヶ月約45万~50万ウォン。
Top

キャンパスの美しい大学
慶熙大学(キョンヒ・デハッキョ)

1949年に設立された慶熙大学はゴシック様式の建物や景観の美しさで有名です。歴史の古い韓医学やホテル経営関連の学問で名高く、近くには韓国外国語大学と高麗大学があります。

インフォメーション

慶熙大学
☞ 住所:ソウル市東大門区回基洞1番地
☞ アクセス
・地下鉄
1号線「回基駅」1番出口
・バス
1215番、273番、1222番、147番、261番を利用し、「慶熙大入口」または「慶熙中高前」で下車
☞ お問い合わせ:+82-2-961-0114(韓国語)
☞ ホームページ:http://www.khu.ac.kr/(韓国語・英語)



主な語学プログラム

1993年に設立された慶熙大学の韓国語学堂では優秀な講師陣を取り揃えています。歴史は古くありませんが、短期間韓国語課程を集中育成した結果、10年前からは政府招請外国人奨学生や海外在住韓国人奨学生に韓国文化を伝える委託機関として指定されるまでになりました。
課 程 内 容 内 容
正規課程 春、夏、秋、冬の4学期があり、1学期の期間は10週 / 月~金の週5回 / 授業9:00~13:00(1学期あたり約200時間。現地学習時間を除く) / 1週間に1度、午後にテコンドーなどの文化授業あり / 1クラスあたり約15人 語学能力試験(placement test)を通してレベル別の授業を進め、正規課程を修了後、慶熙大学や大学院に進学しようとする学生の役立つような学習を行っています。 「1:1ヘルプ制度」で、外国人留学生と韓国人学生との相互文化交流の機会を提供。
短期課程 春と夏に開講され、期間は3週間 / 月~金(木曜を除く) の週4回 / 韓国語授業9:00~13:00(1学期あたり48時間)、韓国文化授業14:00~16:00(1学期あたり24時間) / 毎週木曜日は現場学習授業 / 1クラスあたり約15人

※この他に外国人高校生および外国人会社員のための特別プログラムを随時開設しており、大使館の職員や家族のための特別プログラムを実施しています。韓国文化への理解を深めるため、韓国語の歴史、政治、経済、映画、歌、現地学習などの文化講義も実施しています。

インフォメーション

慶熙大学国際教育院Visit Koreaインフォーメーション(学費、提出書類などの詳細)
慶熙大学国際教育院ホームページ(日本語あり)
☞ 国際教育院へのお問い合わせ +82-2-961-0081~2(日本語可)


学生寮・下宿
すべての課程の受講者が対象で、語学院登録の際に1人部屋または2人部屋の学生寮に申込むことができ、Eメールでも申込めます。学生寮は申込み順に部屋が割り当てられ、その結果は授業の始まる2週間前までにホームページのお知らせに掲載されます。学生寮の利用者が多い夏期の場合は国際教育院側で近くの宿泊施設の情報を提供しています。慶熙大学付近の下宿費は1人一ヶ月あたりおよそ50万~60万ウォン。
Top

緑いっぱいの広いキャンパスと高水準の教育
ソウル大学(ソウル・デハッキョ)

1946年に開校したソウル大学は、古い歴史と伝統で韓国最高の権威と名声を誇る国立大学です。キャンパスが広く、学校の敷地内を市内バスが走っており、ソウルの名山の一つである冠岳山入口とも繋がっています。

インフォメーション

ソウル大学
☞ 住所:ソウル市冠岳区冠岳路1
☞ アクセス
・地下鉄
2号線「ソウル大入口駅」「落星垈駅」「奉天駅」「新林駅」のいずれかで降り、シャトルバスを利用。
・バス
ソウル大学進入バス……5511番、5513番、5516番
ソウル大学経由バス……5517番、5613番、6511番、5614番、5522番、5412番、501番などを利用し、「ソウル大学」で下車
☞ お問い合わせ:+82-2-880-5114(韓国語)
☞ ホームページ:http://www.snu.ac.kr/index.jsp (韓国語・英語)




主な語学プログラム

1963年に設立されたソウル大学言語教育院は、世界の人々のための韓国語教育として、また、公認言語能力測定機関や韓国の言語学学術誌発行機関として韓国語の国際化に寄与しています。
課 程 内 容 備 考
正規課程 春、夏、秋、冬の4学期があり、1学期の期間は10週 / 月~金の週5回 / 午前クラス(9:00~13:00)と午後クラス(13:30~17:20) / 1クラスあたり約12人 1級から6級までレベル別に授業が行われ、サムルノリ、韓紙工芸、韓国料理などの文化体験活動も実施されます。
夜間クラス 春、夏、秋、冬の4学期があり、1学期の期間は10週 / 授業は冠岳キャンパス(月・木)と、蓮建(火・木)で18:30~21:20(1学期あたり60時間) / 1クラスあたり約12人 日常生活に必要な会話を中心とした授業を行い、1級から4級まで開設されています。
韓国語3週集中研修 夏と秋に開講され、期間は3週間 / 月~金の週5回 / 授業は9:00~13:00(1学期あたり60時間) / 1クラスあたり約12人 会話、聞き取り、読解、書き取りの総合教育で、短期集中型の教育プログラムです。

※この他、英語圏の学生を対象とし、夏期に韓国語と韓国文化体験の機会を提供する「夏期5週間韓国語短期研修」や、日本の学生を対象に夏休み期間に韓国語と韓国文化体験の機会を提供する「日本大学生短期研修」、正規課程6級を修了した学習者が専門的な上級韓国語を学ぶ「研究クラス」などがあります。

インフォメーション

ソウル大学言語教育院Visit Koreaインフォーメーション(学費、提出書類などの詳細)
☞ ソウル大学言語教育院ホームページ (日本語あり)
☞ 言語教育院へのお問い合わせ
+82-2-880-5488(日本語可)


学生寮・下宿
学生寮は正規課程(午前クラス、午後クラス、研究クラス)の受講者のみ申込みできます。最大3学期まで利用でき、申し込み順に部屋が割り当てられ、その結果はEメールで知らされます。学生寮の利用者が多い場合には言語教育院側で近くの宿泊施設情報を提供してます。ソウル大学近くの下宿費用は1人あたり1ヶ月35万~45万ウォンほど。ワンルームは1人あたり1ヶ月40万~50万ウォンほど(保証金を除く)で、保証金がない場合は1ヶ月60万~70万ウォンほど。
Top

会話中心のカリキュラム
西江大学(ソガン・デハッキョ)

1960年に設立された西江大学は延世大学、梨花女子大学と隣接した新村地域に位置しており、小規模ながら名門大学として名高い学校です。

インフォメーション

西江大学
☞ 住所:ソウル市麻浦区新水洞1番地
☞ アクセス
・地下鉄
2号線「新村駅」6番出口から徒歩で約400m、約8分。または6号線「大興駅」1番出口から徒歩で約600m、約12分。
・バス
110A番、110B番、153番、604番、730番、5712番、7016番、8153番などを利用し、「西江大正門」または「西江大学」で下車。
☞ お問い合わせ:+82-2-705-8114(韓国語)
☞ ホームページ:http://www.sogang.ac.kr/index.asp(韓国語・英語)




主な語学プログラム

1990年に設立された西江大学韓国語教育院では会話中心の教科課程を開発し、運営しています。1日4時間の授業時間中、2時間以上を会話の練習に当て、学期ごとに2、3回のスピーチテストを行います。1級~4級までの全部で20冊になる教材もコミュニケーションを目的として作られたものです。
課 程 内 容 備 考
正規課程(週20時間) 春、夏、秋、冬の4学期があり、1学期の期間は10週 / 月~金の週5回 / 9:00~13:00(1学期あたり200時間) / 1クラスあたり約12人 会話、聞き取り、読解、書き取りの総合教育。レベル別に7段階に分けられ、実生活に関する言語や活動を中心にコミュニケーション能力の向上を図ります。1クラス3人の教師が指導し、文化授業も実施されます。
正規課程(週15時間) 春、夏、秋、冬の4学期があり、1学期の期間は10週 / 月~金の週5回 / 10:00~13:00(1学期あたり150時間) / 1クラスあたり約12人 週20時間の正規課程から「書き取り」の授業を除いた内容となっており、「書き取り」は課題で出されます。2人の教師が指導し、文化授業も実施されます。
夜間課程 春、夏、秋、冬の4学期があり、1学期の期間は10週 / 月・火・木18:50~20:40(1学期あたり60時間) / 1クラスあたり約12人 昼間に授業に出られない学習者を対象としたコースで、学習者の目的に合わせて授業を進めています。

※この他に15人以上の団体申込み時に開設される短期課程や、歌・漢字・映画で学ぶ韓国語授業などがあります。

インフォメーション

西江大学韓国語教育院Visit Koreaインフォーメーション(学費、提出書類などの詳細)
西江大学韓国語教育院ホームページ(日本語あり)
☞ 韓国語教育院へのお問い合わせ +82-2-705-8088(日本語可)


学生寮・下宿
学生寮は1学期あたり5人ほどしか入寮できないため、ほとんどの人は利用できません。代わりに学校側と契約している業者を通して下宿やホームステイを紹介しています。西江大学が位置する新村地域の下宿は1人1ヶ月あたりおよそ45万~50万ウォン。
Top

長い伝統を誇る大学
延世大学(ヨンセ・デハッキョ)

1899年に韓国で初めて医学校として設立された延世大学は、韓国の伝統ある名門大学の一つです。梨花女子大、西江大学とともに主要キャンパスの密集地域である新村に位置しています。

インフォメーション

延世大学
☞ 住所:ソウル市西大門区新村洞
☞ アクセス
・地下鉄
2号線「新村駅」で下車
・バス
163番、170番、171番、270番、6711番、6714番、7014番、7720番、9600番、9601番などを利用し、「延大前」または「新村駅」で下車。
☞ お問い合わせ:+82-1599-1885(韓国語)
☞ ホームページ:http://www.yonsei.ac.kr/(韓国語)




主な語学プログラム

延世大学韓国語学堂は1959年4月に延世大学付属教育機関として出発した、歴史と伝統を誇る韓国の語学堂です。教授法が体系的であり、優秀な教授陣を揃えています。授業は読解、書き取り、会話、聞き取りの4つの部分を同時に発達させる内容が段階別に組まれており、体系的な学習ができます。1997年12月にはアメリカのロサンゼルスにも延世大学語学堂が設立され、現地でも韓国語の普及に努めています。
課 程 内 容 備 考
正規課程 春夏秋冬の4学期で運営、1学期は10週 / 月~金の週5回 / 授業は午前クラス(9:00~13:00)と午後クラス(13:40~17:30)(学期あたり200時間) / 1クラスあたり13人程度 会話、聞き取り、読解、書き取りを基本とし、韓国語に不慣れな西洋圏の学生にコミュニケーションや活動中心の授業を提供する8段階の課程と、これより少し上のレベルの学生のための6段階課程とで構成されています。
夜間課程 春夏秋冬の4学期で運営、1学期は10週 / 授業は月・火・木 18:30~21:00(学期あたり90時間) /
1クラスあたり8~12人
韓国語教育を夜間に提供するために開設されたコースで、1級から8級までのレベル別に開設されています。
3週短期課程 春、夏(1次・2次)、秋の3学期で運営、1学期は3週 / 月~金の週5回 / 授業9:00~13:00(学期あたり60時間) / 1クラスあたり13人程度 午前は韓国語授業、午後は文化体験時間となっており、韓国料理体験、テコンドー、サムルノリなどの授業が行われます。 

 

インフォメーション

延世大学韓国語学堂Visit Koreaインフォーメーション(学費、提出書類などの詳細)
☞ 延世大学韓国語学堂ホームページ (日本語あり)
☞ 韓国語学堂へのお問い合わせ
+82-2-2123-8551(日本語)


学生寮・下宿
正規課程と3週間の短期課程、夏学期の受講者に限り、語学院登録時に先着順で志願できます。希望者は学生寮のホームページ(http://ih.yonsei.ac.kr)を通して申し込み期間内に志願し、学生寮のホームページやEメールで結果を確認します。韓国語学堂で学校周辺の下宿情報を提供しており、延世大学のある新村エリアの下宿費の目安は1ヶ月1人45万~50万ウォン。
Top

体系的な段階別の教育を実施
翰林国際大学院大学(ハルリム・クッチェ・デハグォン・デハッキョ)

翰林国際大学院大学は2004年、グローバル人材専門教育機関として設立されました。現在、国際学科、コンベンションイベント経営学科、アメリカ法学科などの特化された専攻を開設しており、地下鉄2号線と盆唐線の交わる宣陵地域に位置しています。

インフォメーション

翰林国際大学院大学
☞ 住所:ソウル市江南区大峙洞906-18番地
☞ アクセス
● 地下鉄
2号線「宣陵駅」下車または盆唐線「ハンティ駅」下車
● バス
363番、4418番などを利用し、「道谷サゴリ」で下車
☞ お問い合わせ:+82-2-3453-9333(韓国語・英語)
☞ ホームページ:http://www.hugs.ac.kr/(韓国語)




主な語学プログラム

翰林国際大学院大学翰林語学堂は、韓国文化体験を強化した韓国語教育プログラムを運営しており、受講生のレベルと目的によって体系的な段階別の教育を実施しています。また姉妹大学との連携を通して、語学研修後に大学院へと進学する総合的な進学システムも用意されています。
課 程 内 容
正規課程 春と秋に開講され、1学期の期間は15週 / 月・火・木・金の週4回 / 1日4時間授業(授業時間は流動的) / 1クラスあたり10~15人
短期課程 夏と冬に開講され、1学期の期間は6週 / 月・火・木・金の週4回 / 1日4時間授業(授業時間は流動的) / 1クラスあたり10~15人

※この他「国際会議通訳・翻訳士」と「韓国語教育専攻」大学院を目指す学生を対象にした韓国語プログラム課程も運営しています。
 

インフォメーション

翰林国際大学院大学 翰林語学堂Visit Koreaインフォーメーション(学費、提出書類などの詳細)
翰林国際大学院大学 翰林語学堂ホームページ(韓国語・英語)
☞ 言語教育院へのお問い合わせ +82-2-555-4912(韓国語・英語)


学生寮・下宿
翰林語学堂で授業を受ける学生は、語学堂が紹介する近くの考試院やワンルームを利用することができます。食事が提供され、シャワー室や便宜施設が整ったワンルームは1ヶ月40~50万ウォン程度。
Top