2022年8月19日 (金) 22:43 (KST +0900) 韓国 ソウル

imagine your korea

トラベルテーマ

韓流スポット

思わず恋に落ちてしまうロマンチックなところばかり!ドラマ『今、別れの途中です』ロケ地巡り

  • 日付2022/02/08
  • Hit1129
ドラマ『今、別れの途中です』のワンシーン(提供:スタジオドラゴン)

韓国の民放・SBS(ソウル放送)で昨年2021年11月から2022年1月まで放映され人気を博したドラマといえばこれ、『今、別れの途中です(今、別れている最中です)』。
アパレル会社でトップブランドを任せられるデザインチームのチーム長ハ・ヨンウン(ソン・ヘギョ)とフリーのファッションカメラマンユン・ジェグク(チャン・ギヨン)の二人を中心にストーリーが展開するドラマですが、ドラマの中で釜山・仁川・加平など韓国全国の今話題のスポットが次々登場するので、ドラマを見ているだけでも旅している気分にさせてくれます。すでにロケが行われた場所は主人公役の俳優の人気もあり、多くの人々が訪れ、盛り上がりを見せています。 ドラマは初回冒頭のふたりの衝撃的な出会いから始まり、偶然の再会、そしてときめきのシーンへと展開、釜山、仁川、そして加平へとその舞台を変えていきます。
主人公の二人は韓流ドラマにありがちな愛に溺れたりその場の雰囲気に流されるような展開はあまりありませんが、ドラマが進むにつれ、胸が詰まるような思いになるとともに、ドラマの舞台となったところへいつしか行ってみたい気持ちになってきます。今回はそんな気持ちにされてくれるドラマ『今、別れの途中です』の舞台となったロケ地を詳しくご紹介します。

『今、別れの途中です』ロケ地巡りおすすめのコース
● 1日目:ソウル特別市龍山区・T字路⇒仁川広域市・アートセンター仁川または京畿道坡州・ヘイリ村MOCHUISLE
● 2日目:京畿道加平・アチムゴヨ樹木園⇒エーデルワイス・スイステーマパーク
● 3日目:釜山広域市・The bay 101(マリンシティ・広安大橋)⇒同海雲台LCT The SHARP ランドマークタワー

釜山広域市・The bay 101 ~フリーのフォトグラファーと聞いてヨンウンがジェグクに自社の写真を撮ってくれないかと申し出るシーン~

The bay 101 の光景
  • The bay 101 の光景
  • The bay 101 の光景

ドラマに登場する「2021ファッションウィーク」のシーンは、人々で活気あふれる観光都市・釜山でロケが行われました ドラマの最初の画面に登場する海雲台(ヘウンデ)一帯は、カップルや家族、そしてビジネスでやってきた人々を魅了する美しい夜景で有名なところで、中でもThe bay 101は特に夜景が美しい場所として定評があります。ドラマではフリーマーケットのシーンが映し出されましたが、実際ここにはヨットハーバーやカフェ、セレクトショップなどがある複合商業スペースとなっています。また海の向こうに見える広安大橋や、マリンシティなど海辺に建つ摩天楼、そして海原に浮かぶヨットなど幻想的な夜景がテラス席から眺められることから、いまでは釜山の夜景の名所として有名です。

More info

釜山広域市海雲台・LCT THE SHARP ランドマークタワー ~ヨンウンとジェグクの再会~

海雲台LCT THE SHARPでのワンシーン(提供:スタジオドラゴン) 海雲台LCT THE SHARP ランドマークタワーにある展望台とシティビュー
  • 海雲台LCT THE SHARP ランドマークタワーにある展望台とシティビュー
  • 海雲台LCT THE SHARP ランドマークタワーにある展望台とシティビュー

釜山の新たなランドマークといえばここ、海雲台LCT THE SHARP(THE #)。3棟の超高層ビルのうち2棟は居住棟、残りの1棟がランドマークタワーと呼ばれる101階建てで、ホテルや展望台、レストランなどが入居する商業施設棟となっています。
特に98階から100階までは『釜山 X the SKY』という展望台があり、釜山の海原や韓国第二の大都市釜山の街並みも一望できます。また展望台の一部の床はガラス張りとなっており、100階の高さから真下を眺められ、訪れる人々の人気の的となっています。
ドラマではヨンウンがジェグクと再会するのがこの超高層ビルの中にあるレストランで、撮影が行われたレストランでは主人公たちが味わった料理も提供しており、韓流ドラマファンには見逃せない場所のひとつです。

More info

  • 釜山 X the Sky
  • ☞ 所在地 : 釜山広域市 海雲台区 タルマジキル30 LCT ランドマークタワー棟 98~100F(부산광역시 해운대구 달맞이길 30 엘시티 랜드마크타워동 98~100F)
  • ☞ 営業時間 : 10:00~21:00/年中無休
  • ☞ 入場料金 : 大人及び青少年 27,000ウォン/子ども 24,000ウォン
  • ☞ 公式ホームページ : http://www.busanxthesky.com (日本語あり)
  • ☞ 最寄駅 : 釜山地下鉄2号線中洞駅下車、5・7番出口から徒歩12分
    ※韓国観光公社日本語ホームページ「韓国地図」で「BUSAN X the SKY」と入力の上、位置をご確認ください。
  • ☞ 関連コラム : 在韓ブロガー連載コラム『国際観光都市 釜山は新名所の宝庫!』

京畿道坡州・ヘイリ村 MOCHUISLE ~ヨンウンの悲しい記憶~

京畿道坡州にあるカフェMOCHUISLE(モ・クシュラ)
  • 京畿道坡州にあるカフェMOCHUISLE(モ・クシュラ)
  • 京畿道坡州にあるカフェMOCHUISLE(モ・クシュラ)

異国情緒あふれるレストランとして知られる京畿道(キョンギド)北西部の坡州(パジュ)にあるレストラン&カフェ・MOCHUISLE(モ・クシュラ)もドラマに登場します。ドラマの中で主人公ヨンウンが胸が詰まるほどの辛い別れをするのがこの場所。しかしドラマのシーンとは異なり、実際のカフェはハリーポッターのホグワーツの大広間のようでもあり、中世ヨーロッパの修道院のような独特な雰囲気のインテリアの建物となっており、SNS上で人気を博している場所でもあります。ビンテージ風の室内スペースや図書館ラウンジ、全面ガラス張りの植物園風のテラス、ルーフトップなど個性豊かなスペースが数多くあり、席を移動しながら角度を変えて記念の写真を撮るのもおすすめです。

More info

  • MOCHUISLE(モ・クシュラ)
  • ☞ 所在地 : 京畿道 坡州市 炭峴面 ヘイリマウルキル 54(경기도 파주시 탄현면 헤이리마을길 54)
  • ☞ 営業時間 : 10:30~21:30 (準備時間15:00~16:00・・ラストオーダー20:00)/年中無休
  • ☞ 最寄駅 : KORAIL京義中央線金村駅下車、1番出口を出て駅前広場前の大通りを左(東)に120m進んだところにあるバス停「金村駅」(バス停ID:30265)から75-3番バス乗車、「ヘイリ1番ゲート( 헤이리 1번게이트 )」バス停下車、徒歩8分(520m)
    ※韓国観光公社日本語ホームページ「韓国地図」で「アスカゲーム博物館」と入力の上、位置をご確認ください。MOCHUISLEは「アスカゲーム博物館」と北のほうにあるノラン美術館の間あたりにあります。
  • ☞ 関連コラム(ヘイリ村) : ステイホームの今だから、おうちで楽しむ韓国の旅 韓国の夜景にうっとり “夜間観光100選”~ソウル・仁川・京畿編~

仁川広域市・アートセンター仁川 ~ヨンウンが勤めるTHE ONE社屋~

アートセンター仁川でのワンシーン(提供:スタジオドラゴン) アートセンター仁川と周辺の風景
  • アートセンター仁川と周辺の風景
  • アートセンター仁川と周辺の風景

『今、別れの途中です』はアートセンター仁川、ディスカバリークライミングスクエア、松島(ソンド)、永宗島(ヨンジョンド)など仁川のさまざまな場所でも撮影されました。その中でもドラマでよく登場するのがここ、アートセンター仁川。
それもその筈、ドラマの中で主人公ヨンウンが勤めるアパレル会社THE ONEの社屋として登場するのがここアートセンター仁川の建物です。
大規模なコンサートホールを兼ね備えた複合文化芸術スペース・アートセンター仁川はドラマ放映開始後、ドラマロケ地としても有名な場所となりました。
またシン・ヘソン、L(キム・ミョンス)、イ・ドンゴンなどが出演したドラマ『ただひとつの愛』(KBS2・2019年)やパク・ウンビ、キム・ミンジェ主演ドラマ『ブラームスが好きですか?』(SBS・2020年)のロケもここで行われており、韓流ドラマに度々登場するスポットとしても有名です。
ユニークな形をした建物や季節に合わせて色が変わる広々とした広場、アートセンター仁川を取り囲むように聳える松島新都市の高層ビル、そして涼しげな海原の風景などが眺められ、仁川の新たな観光名所として赤丸急上昇中の場所がここ、アートセンター仁川です。

More info

京畿道加平・アチムゴヨ樹木園 ~ヨンウンの思い出~

アチムゴヨ樹木園でのワンシーン(提供:スタジオドラゴン) アチムゴヨ樹木園
  • アチムゴヨ樹木園
  • アチムゴヨ樹木園

ドラマの中でフランスは主人公ヨンウンにとって思い入れの強い場所。昔の恋人と出会い幸せだった思い出を築いたその場所がフランスだったからです。
しかし、フランスでのデートシーンは海外ロケを行わず、韓国国内で撮影、そのロケ地こそ、ここ京畿道(キョンギド)加平(カピョン)にあるアチムゴヨ樹木園です。
自然景観が素晴らしい加平にあるアチムゴヨ樹木園にはおよそ5000種の花々や木々が植えられており、まさに大きな自然の美術館のような場所です。
また園内にはエデン庭園、ハヌルキル、韓国庭園などさまざまなテーマで作られた施設があり、韓国伝統の庭園の景色と異国情緒あふれる雰囲気の庭園が同時に楽しめます。野外に様々な植物が植えられている樹木園だけあって、春には様々な花々が、秋には紅葉が美しいことで有名ですが、冬のアチムゴヨ樹木園も魅力的です。毎年12月から翌年の春先までアチムゴヨ樹木園では五色ピョルピッ庭園展が開催、園内はイルミネーションで彩られ、春や秋とはまた違った美しい光景を楽しむことができます。

More info

  • アチムゴヨ樹木園
  • ☞ 所在地 : 京畿道 加平郡 上面 樹木園路 432(경기도 가평군 상면 수목원로 432)
  • ☞ 営業時間 : 8:30~18:00/年中無休
  • ☞ 入場料金 : 大人 9,500ウォン、青少年 7,000ウォン、子ども 6,000ウォン
  • ☞ 公式ホームページ : http://www.morningcalm.co.kr (日本語あり)
  • ☞ 最寄駅 :
    ・KORAIL京春線清平駅下車、1番出口を出た先にある「清平駅」バス停(バス停ID:44069)から30-6番または30-7番バス乗車、「樹木園(수목원)」バス停下車、すぐそば
    ・清平ターミナルから30-6番または30-7番バス乗車、「樹木園(수목원)」バス停下車、すぐそば
    ※このほか清平駅・清平ターミナルからは加平シティツアーバスもご利用いただけます。詳しくはアチムゴヨ樹木園ホームページをご覧ください。

京畿道加平・エーデルワイス スイステーマパーク

エーデルワイス スイステーマパークでのワンシーン(提供:スタジオドラゴン) エーデルワイス スイステーマパーク
  • エーデルワイス スイステーマパーク
  • エーデルワイス スイステーマパーク

エーデルワイス・スイステーマパークはドラマの中でスイスのシーンを撮影した場所で、アチムゴヨ樹木園と同じ京畿道加平にあります。「スイスの小さな村のお祭り」をコンセプトに作られたエーデルワイス・スイステーマパーク。アルプスの山々を彷彿とさせる緑豊かな禾也山(ファヤサン)を望む広大な敷地にスイス風の建物や時計台、広場などが建てられ、あたかもスイスの田舎へ旅しに来たような気分にさせてくれます。
園内にはスイスの生活やチーズ・ワインなどの食文化などを垣間見ることができるさまざまな展示館があり、この他にもトリックアート美術館、フォトゾーン、サンタビレッジ、羊牧場など様々な体験施設もあります。
またスイスの首都・ベルンの象徴・熊をかたどった着ぐるみを着て記念撮影も可能ですので、訪問の記念に一枚撮ってみてはいかがでしょうか。

More info

  • エーデルワイス・スイステーマパーク
  • ☞ 所在地 : 京畿道 加平郡 雪岳面 タラクチェ路 226-5(경기도 가평군 설악면 다락재로 226-5)
  • ☞ 営業時間 : 平日 10:00~18:00/週末 9:00~18:00/年中無休
  • ☞ 入場料金 : 大人 8,000ウォン、青少年 7,000ウォン、子ども 5,000ウォン
  • ☞ 公式ホームページ : http://www.swissthemepark.com (韓国語※)
    ※一部、英語・中国語併記
  • ☞ 最寄駅 :
    ・KORAIL京春線清平駅下車、タクシーで25分(16.8km)

ソウル特別市龍山区漢南洞・T字路

漢南洞にある大使館路5キルSATURDAY MOOD前のT字路
  • 漢南洞にある大使館路5キルSATURDAY MOOD前のT字路
  • 漢南洞にある大使館路5キルSATURDAY MOOD前のT字路

第2回目の放送で韓国の20代から30代の女性たちに人気のストリートファッションが登場するシーンはソウルを代表する観光スポット・梨泰院観光特区があるソウル特別市龍山区(ヨンサング)漢南洞の大使館路界隈でロケが行われました。
ドラマにも登場したスマイルマークの看板を掲げたSATURDAY MOODのお店がある前には三方に分かれるT字路があり、このT字路を中心に高級ファッション店や個性あふれるファンシーショップ、カフェ、レストランなどが軒を連ねています。この辺りは人々が暮らす住宅地と商業地が隣り合わせとなっているところで、人々の日常生活空間と繁華街の活気が共に感じられるエリアです。お店の中には地元の人が2、30年営業しているお店もあり、この地域の魅力のひとつとなっています。

More info

  • T字路
  • ☞ 所在地 : ソウル特別市 龍山区 大使館路5キル 27(서울특별시 용산구 대사관로5길 27)
    ※上記所在地はT字路前にある「SATURDAY MOOD」の住居表示です。
  • ☞ 最寄駅 :
    ・ソウル地下鉄6号線漢江鎮駅下車、3番出口から梨泰院駅方面(南)へ徒歩10分(600m)
    ・ソウル地下鉄6号線梨泰院駅下車、3番出口から漢江鎮駅方面(東)へ徒歩10分(590m)
    ※韓国観光公社日本語ホームページ「韓国地図」で「Salad Seller」と入力の上、位置をご確認ください。『今、別れの途中です』のロケ地となったT字路は「Salad Seller」のすぐ横の三叉路です。なお「SATURDAY MOOD」のお店は「Salad Seller」の向かい側(西側)にあります。

More info

    • ☞ VISITKOREA日本語ホームページ新コーナー「韓流スポット」 :
      韓流ドラマなどのロケ地をコラム形式で詳しくご紹介する新コーナー「韓流スポット」!
      来るべき韓国旅行に備えてチェック!
      https://japanese.visitkorea.or.kr/jpn/TMC/TE_JA_7_7.jsp

  • 韓国観光案内電話 : +82-2-1330 (日本語・韓国語・英語・中国語・ロシア語・ベトナム語・タイ語・マレー/インドネシア語)
    ※韓国観光公社VISITKOREAホームページ、外国語モバイルアプリ『VISITKOREA』、観光通訳案内電話1330専用アプリ『1330 Korea Travel Hotline』の画面下にある赤いアイコン「LIVE CHAT」をクリックすると、チャット形式(文字ベース)で韓国観光に関するお問い合わせも可能です。「LIVE CHAT」に関する詳しい内容はこちらをご覧ください。

※上記の内容は2021年12月現在の情報です。今後変更されることがありますのでお出かけ前に必ずご確認ください。

あなたにおすすめ すべて表示
お問い合わせ

観光通訳案内電話1330・LIVE CHAT チャットで韓国観光に関するお問合せ、24時間対応!

KTOライブチャットを開く(インストール不要)

メッセンジャーアプリを開く(要インストール)
top