おすすめコース

【江原道】豊かな大自然とグルメ満喫コース(2泊3日)

  • エリア江原道
  • 旅行期間2泊3日
【江原道】豊かな大自然とグルメ満喫コース(2泊3日) 【 雪岳山の蔚山岩 】

紹介

ソウルの東に位置する江原道(カンウォンド)は手付かずの自然が美しいところです。湖の都市・春川(チュンチョン)をはじめ、グルメ旅行を楽しむのにぴったりの束草(ソクチョ)、様々な体験や見どころが溢れる江陵(カンヌン)など、多種多様なテーマで旅を楽しめます。また、2018年2月には平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックが開催され、より大きな関心をあつめているエリアでもあります。山と海の両方を楽しむことができ、季節ごとに美しい風景が見られるのが江原道旅行の大きな魅力です。見どころ、楽しみどころが多いため、江原道にはゆっくりと2泊で行くことをおすすめします。

1日目

  • 18:00 南怡島

    211:30春川明洞 タッカルビ通り

    312:30春川浪漫市場

    417:00雪岳ウォーターピア

【8:00】 南怡島(ナミソム)で美しい景色を観賞

南怡島の風景

南怡島の名前は、この島に朝鮮時代の武将である南怡将軍の墓があることに由来します。元々は島ではありませんでしたが、清平ダムを造成するときにここの周囲が水に沈み、島となりました。

南怡島は景色の美しい場所が多いので、カメラを持って撮り歩きをするのにいいところです。南怡島の見どころはメタセコイア並木と松坡(ソンパ)イチョウ並木で、ドラマや映画、CMによく登場する南怡島最高のビューポイントです。秋には落ち葉で、辺り一面が黄色のじゅうたんとなって幻想的な風景を醸し出します。

More info

  • 南怡島
    • 住所:江原道 春川市 南山面 南怡島キル1 (강원도 춘천시 남산면 남이섬길 1)
    • 利用時間(船舶運航):7:30~21:40
      ※年中無休
    • 利用料金(大人:満19歳以上):13,000ウォン (往復渡船料込み)
    • ホームページ:http://namisum.com/(日本語あり)

【11:30】 春川明洞(チュンチョンミョンドン)タッカルビ通りで昼食

春川タッカルビ

南怡島観光でお腹がすいたら、香ばしい香りが漂う明洞タッカルビ通りへ。ここは春川の名物タッカルビが味わえるところで約50年の歴史を誇ります。大きくぶつ切りにした鶏肉にピリ辛のソースを加え、キャベツ、サツマイモ、餅などを入れて鉄板で炒めて食べる料理で、タッカルビの締めは焼き飯が定番です。

More info

  • 春川明洞タッカルビ通り
    • 住所:江原道 春川市 金剛路62番キル11-1(강원도 춘천시 금강로62번길 11-1)
    • 代表メニュー:タッカルビ、トッピング追加(チーズ、餅、麺 など)、焼き飯/2人前約24,000ウォン~30,000ウォン(店舗ごとに異なります)

【12:30】 春川浪漫市場を見物

春川浪漫市場

春川浪漫市場は春川を代表する常設市場で、地元の人々の日常生活がうかがえるところです。以前は春川中央市場と呼ばれていましたが、2010年に春川浪漫市場に名称を変更し、それに合わせて市場の内部をリニューアルしました。市場には30年~50年間営業している古い店が並んでおり、各店の特徴を表わした絵が看板に描かれています。通路のあちこちに様々なオブジェや壁画があり、見てまわるだけでも楽しい市場です。

More info

  • 春川浪漫市場
    • 住所:江原道 春川市 明洞キル34(강원도 춘천시 명동길 34)
    • 利用時間:10:00~22:00、休業日・営業時間は店舗ごとに異なります

関連ページ
秋に行きたい湖畔の都市、春川

【17:00】 雪岳(ソラク)ウォーターピアでウォーターアトラクションを楽しむ

雪岳ウォーターピア(写真提供:雪岳ウォーターピア)

雪岳ウォーターピアは天然の温泉と最先端のウォーターアトラクションを備えた総合温泉テーマパークで、東海に近い場所にあるため夏のリゾートとして人気があります。韓国の名山・雪岳山(ソラクサン)の絶景を背景に天然温泉を楽しむことができるだけでなく、子どもたちのための施設も充実しているため家族連れでのおでかけにも最適です。

More info

  • 雪岳ウォーターピア
    • 住所:江原道 束草市 弥矢嶺路2983番キル88(강원도 속초시 미시령로 2983번길 88)
    • 利用時間:終日券6:00~20:30、午後券16:00~20:30、夜間券19:00~20:30 (時期により利用時間が変わります)
    • ※冬期、天候により一部施設は運営中止
    • 料金(大人:満13歳以上):
      繁忙期(2019年4月27日~7月5日):終日券60,000ウォン、午後券51,000ウォン、夜間券30,000ウォン
      閑散期(2019年3月4日~4月26日):終日券55,000ウォン、午後券46,500ウォン、夜間券 27,500ウォン
    • ※期間や利用時間により料金が変わります
    • ホームページ:http://www.hanwharesort.co.kr/irsweb/resort3/jpn/tpark/tp_intro.asp?tp_cd=0100(韓国語)

2日目

  • 19:00雪岳山国立公園(外雪岳)

    212:00大浦港

    313:40アバイ村

    416:00洛山寺

【9:00】 雪岳山国立公園(外雪岳)登山

  • 雪岳山
  • 権金城  
  •  雪岳ケーブルカー

雪岳山は韓国を代表する名山で、江原道の束草(ソクチョ)市、襄陽(ヤンヤン)郡、高城(コソン)郡、麟蹄(インジェ)郡の4つの市郡にまたがっています。もっとも高い峰である大青峰(テチョンボン)を中心として西側は内雪岳(ネソラク)、東側は外雪岳(ウェソラク)と呼ばれています。

束草地域は外雪岳に近く、主なコースとしては蔚山岩(ウルサンバウィ)コース、権金城(クォングムソン)コース、飛竜瀑布(ピリョンポッポ)コースなどがあります。コースによって難易度や所要時間が異なり、登山初心者には権金城コースがおすすめです。他のコースとは違って雪岳ケーブルカーに乗って移動できるため、比較的手軽に目的地に行くことができます。

More info

  • 雪岳ケーブルカー

【12:00】 大浦(テポ)港でランチ

大浦港の風景

雪岳山近くある大浦港は東海岸で有名な漁港で、大型船よりは小型漁船が主に出入りしています。大浦港入口から埠頭辺りにかけて広がるグルメ村を見物しながら海の幸を味わうことがここでの何よりの楽しみです。エビやイカの天ぷら、刺身など、様々な食べ物が売られており、おいしい海産物をお腹いっぱい食べることができます。

More info

  • 大浦港
    • 住所(大浦港水産市場):江原道 束草市 大浦港希望キル59(강원도 속초시 대포항희망길 59)
    • 代表メニュー:エビの天ぷら、イカのスンデ(オジンオスンデ)、北朝鮮式豚の腸詰(アバイスンデ)など/2人前約7,000ウォン~10,000ウォン(店舗ごとに異なります)

【13:40】 アバイ村で渡し船体験

アバイ村のケッペ(渡し船)と風景

束草でもっとも特色のあるスポットといえばアバイ村でしょう。アバイとは「おじいさん」を意味する北韓(北朝鮮)の咸鏡道(ハムギョンド)の方言で、アバイ村には、1950年の韓国戦争(朝鮮戦争)のときに咸鏡道から避難してきた人々が住んでいます。アバイ村に行くには、束草市内からケッペという渡し船に乗ります。船での移動距離はわずか50メートルですが、ここならではの珍しい体験をすることができます。

アバイ村に到着したら村を一周してみましょう。壁にさまざまな絵が描かれており、記念写真を撮るのにぴったりです。

More info

  • アバイ村ケッペ
    • 住所:江原道 束草市 中央埠頭キル39(강원도 속초시 중앙부두길 39)
    • 利用時間:4:30~22:30
    • 料金(大人:満13歳以上):片道500ウォン
    • ホームページ:www.abai.co.kr (韓国語)

【16:00】 洛山寺(ナクサンサ)観光

海が見渡せる洛山寺

関東八景(江原道の東海岸の景勝地)のひとつである洛山寺は、統一新羅時代に義湘大師(ウィサンデサ)が建てた寺院です。巨大な海水観音像や、海から観音菩薩が現れたという紅蓮庵(ホンニョナム)など、寺院内には多くの宝物と文化財があります。周辺の景色も優れており、韓国の多くの芸術家がここを題材にした文学作品や芸術作品を残しました。

More info

  • 洛山寺
    • 住所:江原道 襄陽郡 降峴面 洛山寺路100(강원도 양양군 강현면 낙산사로 100)
    • 利用時間:11月~2月6:30~17:00/3月~10月5:30~18:00
      ※洛山寺は日の出から日没まで利用可能で、季節により利用時間が変更されることがあります
    • 料金(大人:満19歳以上):3,000ウォン
    • ホームページ:http://www.naksansa.or.kr/web/intro.php(韓国語)

3日目

  • 110:00 サンクルーズテーマ公園

    211:30 正東津海岸または江陵コーヒー通り

    315:00 烏竹軒

    416:30 江陵船橋荘

  • 518:00 鏡浦台




【10:00】 サンクルーズテーマ公園散策

サンクルーズテーマ公園

正東津(チョンドンジン)海岸の絶壁にはサンクルーズリゾートがあります。船の形をした面白い建物で、2014年にCNNより韓国でもっとも風変わりな異色宿泊施設として選ばれたことがあります。夜景もさることながら、ここから見る日の出は特に有名です。

サンクルーズリゾートの周辺には「祝福の手」をはじめ、様々な芸術作品がある正東津彫刻公園や透明なガラスの床を通して海が見えるガラス展望台などがあります。

More info

  • サンクルーズテーマ公園
    • 住所:江原道 江陵市 江東面 献花路950-39(강원도 강릉시 강동면 헌화로 950-39)
    • 運営時間:7:00~18:00
    • 料金(満7歳以上):5,000ウォン (サンクルーズリゾート宿泊客は無料で入場可)
    • ホームページ:http://www.esuncruise.com/ (韓・英・中)

【11:30】 正東津(チョンドンジン)海岸でレールバイク乗車または江陵(カンヌン)コーヒー通りで休憩

時間に余裕があれば2ヶ所ともまわりたいところですが、バスに乗って移動するのにかなり時間がかかるため、このコースではどちらかを選択します。春や秋の過ごしやすい季節は正東津海岸のレールバイク、夏や冬は江陵コーヒー通りで一息入れるのがおすすめです。

正東津レールバイク

正東津はソウルの光化門(クァンファムン)から正確に東に位置することからその名が付きました。海のすぐ近くに正東津駅があり、美しい海辺を見ながら 正東津レールバイクを楽しむことができます。レールバイクは、特に春と秋に人気があり、厳寒期は安全上の問題により運休となります。

安木海岸のコーヒー通り

海を見ながらコーヒーを飲むなら安木(アンモク)海岸へ。最初は自販機があるだけでしたが、徐々にカフェができはじめ、現在では海沿いに個性的なカフェがずらりと軒を連ねています。香り高いコーヒーをゆっくり味わいながら、優雅なひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

More info

  • 正東津レールバイク
    • 住所:江原道 江陵市 江東面 正東駅キル17(강원도 강릉시 강동면 정동역길 17)
    • 利用時間:
      正東津駅出発:11月~2月9:00~16:00、3月~10月9:00~17:00
      砂時計公園出発:11月~2月8:50~15:50、3月~10月8:50~16:50
    • 料金:2人乗り20,000ウォン、4人乗り30,000ウォン
    • ホームページ:http://www.sunbike.kr/infault.asp(韓国語)
  • 江陵コーヒー通り
    住所:江原道 江陵市 滄海路17(강원도 강릉시 창해로 17)

【15:00】 烏竹軒(オジュッコン)観光

烏竹軒

クロチクがある家という意味で名付けられた烏竹軒は、江陵旅行するなら絶対に外せない観光スポットです。

烏竹軒は母の鑑と呼ばれる申師任堂(シン・サイムダン)と、彼女の息子で朝鮮時代を代表する学者である栗谷李珥(ユルゴク・イイ)が生まれたところです。2人は韓国で大変尊敬されている人物で、5万ウォン紙幣と5千ウォン紙幣の肖像にもなっています。

More info

  • 烏竹軒
    • 住所:江原道 江陵市 栗谷路 3139番キル24(강원도 강릉시 율곡로 3139번길 24)
    • 利用時間:9:00~18:00(※最終入場17:00)
    • 料金(大人:満19歳~満64歳):3,000ウォン
    • ホームページ:https://www.gn.go.kr/museum/index.do(韓国語)

【16:30】 江陵船橋荘(カンヌンソンギョジャン)で伝統家屋を見学

船橋荘の風景

烏竹軒からほど近いところに位置している江陵船橋荘。

船橋荘は昔のまま残されている上流階級の伝統家屋です。中心となる棟だけでも102間あり、今も人が住んでいる伝統家屋の中でもっとも大規模なものです。昔は両班(貴族階級)が建てられる家の規模は99間以下となっていたため、珍しい家屋といえます。周囲には樹齢数百年の松の木が多く生えており、奥ゆかしい景色を作りだしています。

More info

  • 江陵船橋荘
    • 住所:江原道 江陵市 雲亭キル63(강원도 강릉시 운정길 63)
    • 利用時間:11月~2月9:00~17:00、3月~10月9:00~18:00
    • 料金(大人:満19歳~満64歳):5,000ウォン
    • ホームページ:https://knsgj.net/(韓国語)

【18:00】 鏡浦台(キョンポデ)から鏡浦湖(キョンポホ)を眺望

鏡浦湖の多彩な風景

鏡浦台といえば海水浴場が有名ですが、鏡浦台とは高麗時代に建てられた亭子(あずまや)の名前で、ここから鏡浦湖を眺めることができます。

鏡浦台はどの季節に行っても美しい自然を見ることができますが、特に鏡浦桜祭りが開かれる4月は大変美しく、大勢の人が訪れます。また、初日の出スポットとしても人気があります。

More info

  • 鏡浦台
    • 住所:江原道 江陵市 鏡浦路365(강원도 강릉시 경포로 365)
    • 料金:鏡浦台亭子および鏡浦湖公園無料(常時開放)

More Info

最終更新日:2019年4月11日