おすすめコース

【慶尚北道】新羅の歴史を訪ねる慶州満喫コース(1泊2日)

  • エリア慶尚北道
  • 旅行期間1泊2日
【慶尚北道】新羅の歴史を訪ねる慶州満喫コース(1泊2日) 【 春の普門亭と普門湖 】

紹介

慶州(キョンジュ)は韓国の古代国家である新羅の首都だったところです。そのため都市全域に国宝級の遺跡が残っており、仏国寺(プルグクサ)、石窟庵(ソックラム)、慶州歴史遺跡地区良洞(ヤンドン)村がユネスコ世界文化遺産に登録されています。新羅時代の優れた建築技術や煌びやかだった仏教文化が感じられる慶州をめぐる1泊2日のコースをご紹介します。

1日目

  • 110:00国立慶州博物館

    212:00慶州校村村

    314:00大陵苑

    416:00路東洞カフェ

  • 517:00慶州中央市場

    618:00瞻星台

    719:00慶州東宮と月池


【10:00】 国立慶州博物館見学

国立慶州博物館(写真提供:慶州市)

慣れない場所を旅行するときは、行き先がどんなところかを前もって調べておくと役に立ちます。慶州の旅を国立慶州博物館から始めれば、その後にめぐる観光スポットへの理解が深まります。

新羅と慶州の歴史が一目で分かるように構成されている国立慶州博物館には、新羅歴史館、新羅美術館、月池館、屋外展示場があります。新羅歴史館では、新羅の歴史を時期ごとに分け、遺物を展示しています。新羅歴史館第2展示室では天馬塚(チョンマチョン)から出土した金冠、金製の帯などの煌びやかな装身具が目を引きます。

  • 国立慶州博物館の館内
  • 聖徳大王神鐘

新羅美術館には約700点の美術品が展示されています。新羅は仏教国家であったため、仏教美術の痕跡が多く残されています。月池館には慶州東宮(トングン)と月池(ウォルチ)で発見された遺物が展示されており、屋外展示場には聖徳大王神鐘をはじめ、寺院跡、宮殿跡などから移された遺物が展示されています。
※国立慶州博物館では観光客の理解を助けるためにアプリによる作品紹介サービスを提供しています。「国立中央博物館展示案内」アプリをダウンロードすると、国立慶州博物館を含む全国の国立博物館についての案内を日本語・英語・中国語できくことができます。

More Info

  • 住所:慶尚北道 慶州市 日精路186(경상북도 경주시 일정로 186)
  • 利用時間:月曜日~土曜日10:00~18:00/日曜日・祝日10:00~19:00
    ※1月1日、ソルラル(旧暦1月1日)・秋夕(旧暦8月15日)の当日休館
    ※毎月最終週の水曜日、3月~12月の毎週土曜は21:00まで開館時間延長
  • 利用料金:無料(但し、有料特別展示は除く)
  • ホームページ:http://gyeongju.museum.go.kr/(日本語あり)

【12:00】 慶州校村村(キョチョンマウル)めぐり

  • 慶州校村村
  • 土器工房の作品

慶州校村村は古い家屋や新しく建てられた韓屋が建ち並ぶところです。また、ガラス工房、土器工房、ヌビ(キルト)体験場などがあり、様々な工芸品を無料で見学でき、工芸体験も可能です。また、村の空き地ではシーソー、輪回し、投壺(トゥホ)といった昔の遊びを楽しめるところがあります。
慶州校村村は開放型観光地なため決められた利用時間はありませんが、体験プログラムを楽しむためには午前9時~午後5時の間に訪問するとよいでしょう。

  • キョリキンパプ
  • 伝統茶

お腹がすいたら、キョリキンパプがおすすめです。キョリキンパプは行列ができるほど人気があり、普通のキンパプに比べて卵焼きの分量が多いため、いっそうおいしく、香ばしく感じられます。天気がよければ校村村を散歩しながらキンパプを食べ、その後、伝統カフェで韓国の伝統茶を味わうのもよいでしょう。

More Info

  • 住所:慶尚北道 慶州市 校村キル39-2(경상북도 경주시 교촌길 39-2)
  • ホームページ:http://www.gyochon.or.kr/(韓国語)

【14:00】 大陵苑(テルンウォン)で古墳観覧

大陵苑

慶州に来たことを感じさせてくれるのは、丘のようにこんもりと盛り上がった巨大な古墳を市内で見かけたときです。大陵苑は新羅時代の古墳が集まっている場所で、王や王妃、貴族などの墓が23基残っています。一般的に墓は人里離れた場所にありますが、大陵苑は市内中心部にあり、大勢の観光客が訪れています。

天馬塚の入口

大陵苑でもっとも有名なのは天馬塚(チョンマチョン)で、ここは内部が公開されています。現在、天馬塚内部に展示されている出土品はレプリカで、本物は国立慶州博物館に保管されています。

More Info

  • 住所:慶尚北道 慶州市 鶏林路9(경상북도 경주시 계림로 9)
  • 利用時間:9:00~22:00(※最終入場は閉場30分前)
  • 利用料金(大人:満19歳以上):3,000ウォン

【16:00】 路東洞(ノドンドン)カフェで休憩

カフェの窓から見える古墳

慶州の路東洞には窓ごしに古墳が見えるカフェがあります。コーヒーの香りに包まれ、連綿と続く歴史に思いを馳せながら、ゆったりとしたひとときを過ごしてみませんか?

More Info

  • 住所:慶尚北道 慶州市 路東洞(中央路) 一帯(경상북도 경주시 노동동(중앙로)일대)

【17:00】 慶州中央市場でお腹を満たす

慶州中央市場

慶州中央市場は昔ながらの五日市で、毎月2日、7日、12日、17日、22日、27日に市が立ちます。その日は大勢の売り買いする人々でごった返し、様々な見どころや食べどころがあります。もし旅行日程と市が立つ日が重なっていたらぜひ立ち寄ってみましょう。市が立つ日でなかった場合は中央市場の常設売り場をめぐってみましょう。トッポッキ、串刺し練り天、刺身、チヂミなどのおいしそうな食べ物が売られているので、ここでお腹を満たしてから移動するといいでしょう。

More Info

  • 住所:慶尚北道 慶州市 金城路295(경상북도 경주시 금성로 295)
  • 利用時間:5:00~22:30
    ※店舗ごとに営業時間は異なります
    ※毎月1日・15日は定休日

【18:00】 瞻星台(チョムソンデ)観光

瞻星台の夜景(写真提供:慶州市)

瞻星台は新羅の第27代王である善徳(ソンドク)女王の時に作られた石造建築物で、東洋で現存するもっとも古い天文台です。高さは約9メートルで、現在も当時のままの姿で残っています。瞻星台は古代韓国の芸術性と科学技術が調和をなす文化財であると評価されています。また、瞻星台はライトアップされた姿が美しいため、夜も大勢の観光客が訪れます。

More Info

  • 住所:慶尚北道 慶州市 瞻星路140-25(경상북도 경주시 첨성로 140-25)
  • 利用時間:11月~2月9:00~21:00/3月~10月9:00~22:00
    ※瞻星台は開放型・無料観光地なため、利用時間以外でも自由に観覧可能

【19:00】 慶州東宮(トングン)と月池(ウォルチ)で夜景観賞

慶州東宮と月池

慶州東宮と月池は新羅の王宮の別宮であり、王子が居住する場所として使用され、国の慶事があるときや貴賓をもてなすときにここで宴会が催されたといわれています。慶州東宮と月池は池と建物の調和が美しく、ライトアップされるとロマンチックな雰囲気となるため、夜の散歩を楽しむ人々も多く見られます。

ここでは3万点以上の遺物が発見されています。そのほとんどは生活に使用されたもので、当時の社会と文化を研究するのに大変重要な史料となっています。慶州東宮と月池で発見された遺物は国立慶州博物館の月池館に展示されています。

More Info

  • 住所: 慶尚北道 慶州市 源花路102(경상북도 경주시 원화로 102)
  • 利用時間:9:00~22:00(※最終入場は閉場30分前)
  • 利用料金(大人:満19歳以上):3,000ウォン

2日目

  • 19:00仏国寺

    212:00石窟庵

    314:00慶州普門観光団地

    417:00慶州世界文化エキスポ公園

【9:00】 仏国寺(プルグクサ)の石塔を鑑賞

  • 秋の紅葉が美しい仏国寺(写真提供:慶州市)
  • 釈迦塔
  • 多宝塔

仏国寺は韓国でもっとも有名な寺で、韓国人なら一度は行ったことがあるところです。仏教思想や教理を建築物で表わしており、こうした価値が認められ、1995年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。
仏国寺に入ると釈迦塔(ソッカタプ)と多宝塔(タボタプ)が目に留まります。釈迦塔はシンプルに造られていますが、多宝塔はデコラティブなデザインが特徴で、相反するデザインながらも周囲の建物と2つの石塔が見事に調和しています。
仏国寺を見終わったら次は新羅の仏教美術を代表するといわれる石窟庵に移動します。石窟庵近くには食事ができる場所がないので、仏国寺の近くで済ませておきましょう。

More Info

  • 住所:慶尚北道 慶州市 仏国路385(경상북도 경주시 불국로 385)
  • 利用時間:2月7:30~17:30、3月~9月7:00~18:00、10月7:00~17:30、11月7:00~17:00、 12月~1月7:30~17:00 (※年中無休)
  • 利用料金(大人:満19歳以上):5,000ウォン
  • ホームページ:http://www.bulguksa.or.kr/(日本語あり)

【12:00】 石窟庵(ソックラム)の本尊を鑑賞

石窟庵の本尊(写真提供:慶州市)

石窟庵は慶州の吐含山(トハムサン)に建てられた韓国の代表的な石窟寺院です。新羅の人々の信仰と優れた建築技術などが分かる歴史遺跡で、仏国寺とともにユネスコ世界文化遺産に登録されました。 石窟庵には、ここの一番の見どころである本尊があります。また、本尊の周囲に彫られた繊細で精巧な彫刻は、新羅の仏教美術の素晴らしさを物語っています。

More Info

  • 住所:慶尚北道 慶州市 仏国路873-243(경상북도 경주시 불국로 873-243)
  • 利用時間:2月~3月中旬・10月7:00~17:30、3月中旬~9月6:30~18:00、11月~1月 7:00~17:00(※最終入場は閉場1時間前)
  • 利用料金(大人:満19歳以上):5,000ウォン
  • ホームページ:http://seokguram.org/(日本語あり)

【14:00】慶州普門(ポムン)観光団地

普門観光団地

普門観光団地は慶州の市街地から東側に10キロほど離れたところにある普門湖を中心に造られました。ここは国際的な規模の高級ホテルやコンドミニアム、ゴルフ場、テーマパーク、ウォーターパーク、散策路など多様な施設が揃っており、四季を通して楽しめる総合観光リゾート地です。また、慶州には桜の木が多く、普門観光団地でも春になると満開の桜を見ることができます。

More Info

  • 住所:慶尚北道 慶州市 薪坪洞 一帯(경상북도 경주시 신평동 일대)

【17:00】 慶州世界文化エキスポ公園を散策

皇龍寺九層木塔をモチーフにした慶州タワー

普門観光団地周辺には、遠くからでもひときわ目立つ慶州タワーがあります。慶州タワーは慶州世界文化エキスポ公園のランドマークで、新羅時代にあった大型の木塔「皇龍寺(ファンニョンサ)九層木塔」をモチーフにしています。
慶州タワーの上からは普門観光団地を一望できる他、タワー内部には新羅の遺物や資料が展示されており、慶州の歴史を知ることができます。
(※慶州タワーは2019年10月11日(金)~12月31日(火)まで観覧可能、内部再整備のため2020年3月まで観覧不可となります)

慶州世界文化エキスポ公園

慶州世界文化エキスポは慶州と世界文化の融合によって新しい文化を作り、人類の文化を発展させるという趣旨で開かれるイベントで、1998年に初めて開催されました。
2019慶州世界文化エキスポは2019年10月11日(金)~11月24日(日)「千年新羅、光でよみがえる!」をテーマに開催され、新羅に関連した作品展示や映像を観覧することができるだけでなく、多彩な公演・体験も楽しめます。

More Info

  • 住所:慶尚北道 慶州市 慶甘路614(경상북도 경주시 경감로 614)
  • 利用時間:
    公園:6:00~22:00
    公園内の展示館:9:00~18:00
    慶州タワー:10:00~19:00
  • 利用料金:入場無料
    ※2019慶州世界文化エキスポ開催期間は有料(大人:満19歳以上)12,000ウォン)
  • ホームページ:http://www.cultureexpo.or.kr/open.content/(韓・英)

おみやげにぴったりの慶州銘菓

皇南(ファンナム)パン&もち麦パン

  • 皇南パン(左/写真提供:皇南パン)
  • もち麦パン

皇南パンは慶州みやげにおすすめしたいもののひとつで、皇南パンの名前はこの菓子が初めて販売された場所が皇南洞であったことに由来します。薄皮の中にあっさりとした小豆餡がたっぷり入っていて人気があります。もち麦(韓国語でチャルボリ)パンはもち麦の粉で作られた小さなドラ焼きのような菓子で、皮がモチモチしていて、甘さ控えめの小豆餡が入っています。

More Info

観光情報

  • 慶州文化観光ホームページ:http://guide.gyeongju.go.kr/(日本語あり)
  • 韓国観光案内電話:+82-2-1330(日本語)
最終更新日:2019年9月26日