おすすめコース

【全羅南道】自然と人工の調和!麗水・順天の風景観賞コース(1泊2日)

  • エリア全羅南道
  • 旅行期間1泊2日
【全羅南道】自然と人工の調和!麗水・順天の風景観賞コース(1泊2日) 【 麗水の亀甲船(コブクソン)大橋の夜景 】

紹介

2012年に世界博覧会が開催された麗水(ヨス)は、自然環境と人工施設物との調和が美しい都市です。多くの観光客が訪れるところで、昼は青い海、夜は夜景が人気があります。 また、生態系がよく保存されている順天(スンチョン)は都市全体が庭園と呼ばれています。麗水と順天を1泊2日で効率よくめぐるコースをご紹介します。

1日目

  • 19:00麗水へ移動

    213:00エキスポ海洋公園

    314:00アクアプラネット麗水

    416:00梧桐島

  • 518:00麗水海上ケーブルカー




【13:00】 エキスポ海洋公園で個性的な建築物を観覧

エキスポ海洋公園(写真上)とスカイタワー(下左)、噴水台

麗水エキスポ(EXPO)駅から外に出ると大規模な海洋公園が見えます。ここは2012年に麗水世界博覧会が開催された場所で、現在はマリンスポーツや各種の展示会、イベントなどに利用されています。
公園の建物の中で特に目を引くのはセメント貯蔵庫を改造してつくられた展望台「スカイタワー」と、楕円形の独特な造形物「BIG-O(ビッグオー)」です。スカイタワーの外観は巨大なパイプオルガンで装飾されており、世界でもっとも大きな音を出すパイプオルガンとして2011年にギネスブックに認定されました。スカイタワー展望台に上るとエキスポ海洋公園全体を眺めることができます。また、夜になるとBIG-Oでは花火より鮮やかで美しい五色の噴水ショーが繰り広げられます。

<スカイタワー>

  • 利用時間:平日10:00~22:00、土日・祝日9:00~22:00(年中無休)
  • 利用料金:大人3,000ウォン

【14:00】 アクアプラネット麗水で珍しい海洋生物を見る

メイン水槽での餌付けショー(写真上)と海底トンネル(下左)、ケープペンギン

エキスポ海洋公園内にあるアクアプラネット麗水は、麗水を訪れる観光客が必ず立ち寄るところです。珍しいシロイルカ(ベルーガ)の他、バイカルアザラシ、アカウミガメ、ケープペンギンなどの様々な海洋生物を見ることができます。
アクアプラネット麗水では決められた時間にアライグマ、バイカルアザラシ、ピラニア、シロイルカ、ケープペンギンなどへの餌付けショーを行っています。特に約280種3,000匹余りの海洋生物が飼育されている超大型メイン水槽でダイバーが巨大エイに餌付けをするショーは必見です。

住所:全羅南道 麗水市 梧桐島路 61-11
利用時間:10:00~19:00(入場は18:00まで/年中無休)
利用料金:大人23,000ウォン
アクセス:エキスポ海洋公園
ホームページ:http://www.aquaplanet.co.kr/yeosu/jp/index.jsp(日本語)

【16:00】 梧桐島(オドンド)散策

島に自生するツバキ(写真上)、防波堤で繋がっている梧桐島(下左)、梧桐島灯台

梧桐島は麗水を象徴する観光名所です。190種の珍しい樹木と独特な絶壁、海が調和する小さな美しい島です。島全体がツバキ群落地といえるほどツバキが多く、毎年3月中旬から下旬にかけて梧桐島一帯でツバキ祭りが開催されます。
陸地と梧桐島の間に768mの防波堤があり、歩いて渡ることもできますが、30分に1本運行しているツバキ列車に乗ると楽に移動できます。また、海から梧桐島周辺の美しい風景が観賞できる遊覧船やモーターボートもあります。
梧桐島には4つのトレッキングコースがあります。スタート地点は異なりますが、各コースはすべて灯台に行き着きます。

住所:全羅南道 麗水市 梧桐島路 242
ツバキ列車利用時間:9:30~16:50(20分に1本/天候・季節により変動)
利用料金:大人800ウォン
アクセス:アクアプラネット麗水から徒歩1.5km

【18:00】 麗水海上ケーブルカーに乗って海を渡る

海を渡る麗水海上ケーブルカー

麗水海上ケーブルカーは突山(トルサン)公園紫山(チャサン)公園の1.5kmの区間を行き来しています。時速5kmで移動し、片道13分、往復25分ほど時間がかかります。突山公園のノラ停留所か紫山公園のヘヤ停留所のどちら側からでも乗下車できるので、どちらか近い場所から乗ります。梧桐島から行く場合は紫山公園のヘヤ停留所から乗るといいでしょう。 
ケーブルカーはクリスタルキャビンと一般キャビンがあり、クリスタルキャビンは床がガラス張りになっているため、足元に青い海が見えます。夜遅くまで運行しているので、ケーブルカーに乗って美しい麗水の夜景を見ることもできます。

住所:全羅南道 麗水市 突山邑 紫山4キル 39(ヘヤ停留所、紫山公園方向)
利用時間:9:00~22:00(月曜日~金曜日、日曜日、祝祭日)/9:00~23:00(土曜日)
利用料金:一般キャビン大人往復13,000ウォン、片道10,000ウォン/クリスタルキャビン大人往復20,000ウォン
アクセス:梧桐島から徒歩1km
ホームページ:http://yeosucablecar.com/(韓国語)

2日目

  • 19:00順天へ移動

    210:00順天ドラマ撮影場

    313:00順天湾国家庭園

    416:00順天湾湿地

【10:00】 順天ドラマ撮影場で制服を着て写真撮影

昔のソウルのタルドンネ(低所得者層が集まる高台の集落)を再現したロケセット

軍隊の敷地だったところに作られたロケセットで、2006年2月にオープンしました。1950年代から1980年代までのソウルと順天の様子が再現されており、当時の家や商店、通りが造成されています。ドラマ『エデンの東』、『製パン王キム・タック』、バラエティー番組『ランニングマン』、映画『解語花(ヘオファ)』、『私のオオカミ少年』など、700本以上のテレビ番組と映画のロケがここで行われました。

1970年~1980年代の商店街(写真上)、昔の通り(下左)、制服試着体験をしているカップル

順天ドラマ撮影場は、1970年代以前に生まれた人々にとっては懐かしさを感じるところです。若者には1960年~1980年代の雰囲気が体験できるところとして人気があります。ここに行ったらぜひ体験してみたいのが「思い出の制服試着」です。貸し出し料金2,000ウォンで50分間、昔の制服が借りられるので、ドラマの主人公のように制服を着てロケセットのあちこちで写真を撮ることができます。ロケセットの中にある酒幕(チュマク)という昔風の食堂でチヂミやトトリムク(どんぐりこんにゃくの和え物)も味わってみましょう。

住所:全羅南道 順天市 ピレゴルギル 24

利用時間:9:00~18:00(入場は17:00まで)

利用料金:大人3,000ウォン

アクセス:順天駅から順天駅のバス停まで300m移動。77番の市内バスを利用し「ドラマセット場」で下車。順天ドラマ撮影場まで400m。

【13:00】 順天湾国家庭園で美しい庭園を観賞

様々な植物が植えられている順天湾国家庭園

順天湾国家庭園は韓国第1号の国家庭園(国が管理する公園)で、生態学的価値が高い順天湾を保護するために造られました。韓国最大級の人工庭園で、春になるとチューリップやツツジなどが咲き、広大な菜の花畑が黄色に染まり、美しい景観を呈します。また秋には順天湾の国家庭園、順天湾、順天市一帯などで順天湾葦祭りが開催されます。
ここには2ヶ所の出入り口があり、東門側には順天湖水庭園や世界庭園、西門側には韓国庭園や順天湾国際湿地センターなどがあります。

順天湖水庭園

面白い形の丘と湖がある順天湖水庭園は独特な景観を呈しています。またタイ、日本、イギリス、オランダ、フランス、中国などの各国の様式で作られた世界庭園も見どころがいっぱいです。順天湾国家庭園は大変広いので、すべての庭園を見るにはかなりの時間がかかります。入口で無料のマップをもらい、めぐる場所を先に決めておきましょう。

順天湾国家庭園から順天湾湿地への移動:順天湾国家庭園から順天湾湿地へ移動するときはスカイキューブを利用してみましょう。スカイキューブは順天湾国家庭園(国家庭園駅)と順天湾湿地(文学館駅)の間を運行する乗り物です。文学館から順天湾湿地までは1.2kmほど離れており、葦列車(月曜日運休)を利用するか、徒歩で移動します。

  • 住所:全羅南道 順天市 国家庭園1号キル 47
  • 利用時間:1・2月、11・12月8:30~18:00/3~4, 10月 8:30~19:00/5~9月 8:30~20:00
  • 順天湾国家庭園利用料金:大人8,000ウォン(順天湾国家庭園の入場券で順天湾湿地も観覧可能)
  • スカイキューブ利用料金:大人往復8,000ウォン、片道6,000ウォン(月曜日運休)
  • アクセス:順天ドラマ撮影場からワングン中央キルに沿ってクムダンドンシンアパートのバス停まで徒歩1km。100番の市内バスを利用し「順天湾庭園」で下車。
  • ホームページ:http://www.scgardens.or.kr/?r=JPN(日本語)

【16:00】 順天湾湿地の展望台から葦の群落を眺望

龍山展望台からの眺め

順天湾湿地は南海岸地域に発達した沿岸湿地で、干潟に広がる葦やシチメンソウの群落、S字型の水路などが美しい場所です。ナベヅルやナベコウなど、11種の希少な鳥を始めとする200種以上の鳥が飛来するところで、生物学的価値が高く、ラムサール条約湿地に登録されました。

葦の群生地に造成されたプロムナード

順天湾湿地のプロムナードを歩くだけでも素晴らしい景色が見られますが、少し山登りをすればさらに見事な眺めが待っています。葦の群落のプロムナードの端から繋がっている山道を1kmほど登ると龍山(ヨンサン)展望台があり、ここから順天湾湿地を一目で見ることができます。特に夕暮れ時の美しさは格別です。

  • 住所:全羅南道 順天市 順天湾キル 513-25
  • 利用時間:8:00~日没
  • 利用料金:大人8,000ウォン(順天湾湿地の入場券で順天湾国家庭園も観覧可能)
  • アクセス:順天湾国家庭園からスカイキューブを利用し、「文学館駅」で下車。または順天湾国家庭園からタクシー利用。
  • ホームページ:http://www.suncheonbay.go.kr/?r=JPN(日本語)

時間があればここもめぐってみよう!その他のおすすめ名所

麗水・順天旅行でもう少し時間に余裕があるなら、この2ヶ所がおすすめです。

<麗水> 向日庵(ヒャンイラム)

海辺の絶壁の上にある向日庵

向日庵は約1400年前の百済時代に建てられたといわれており、日の出が美しいことで知られています。毎年12月31日から1月1日までここで「麗水向日庵日の出祭り」が開かれます。向日庵には7つの岩窟があり、すべて通過するとひとつだけ願いがかなうと伝えられています。また、願掛けのために大雄殿の周辺の岩の上に小さな石や賽銭を載せたりもします。

  • 住所:全羅南道 麗水市 突山邑 向日庵路 60
  • 利用料金:大人2,000ウォン
  • アクセス:麗水エキスポ(EXPO)駅のLバス停から111番の市内バスを利用し、「荏浦(向日庵)」で下車。向日庵まで400m。
  • ホームページ:http://www.hyangiram.org/(韓国語)

<順天> 順天楽安邑城(スンチョン・ナガンウプソン)

順天楽安邑城

藁葺き屋根の昔ながらの家が並ぶ順天楽安邑城は、今も人が生活している村です。邑城とは、昔、住民を保護するとともに軍事や行政的な機能を担っていたところです。古い町並みとともに、民俗市場や記念品店、伝統工芸などが、ここを訪れる人々を楽しませてくれます。

  • 住所:全羅南道 順天市 楽安面 忠愍キル 30
  • 利用時間:12月・1月は9:00~17:00、2月~4月・11月は9:00~18:00、5月~10月は8:30~18:30
  • 利用料金:大人4,000ウォン
  • アクセス:順天駅のバス停から63番の市内バスを利用し、「楽安邑城」で下車
  • ホームページ:http://www.suncheon.go.kr/nagan/(韓国語)

More Info

最終更新日:2016年12月1日