シティツアー

  • ソウルソウル
  • 釜山
  • 蔚山蔚山
  • 慶州慶州
  • 麗水麗水
  • 順天
  • 水原 水原
  • 春川春川
  • 加平
  • 済州済州

ソウルシティツアー

韓国の首都ソウルは、韓国の伝統を感じることのできる古宮や伝統市場、ファッションや小物が揃うショッピングタウンなど、見どころに溢れています。そんなソウルを効率的に観光するならシティツアーバスがおすすめ。ソウルのシティツアーバスは、伝統文化コース、都心・古宮コース、代表的な伝統市場やショッピングタウンをまわるソウルシティツアーコース、夜景コースといった様々なコースが用意されており、好きなコースを選べます。また外国人観光客のために各座席に用意された多言語音声案内システムを通し、シティツアーで巡る各観光地に関する紹介や案内情報を聞くことができます。


都心・古宮コース (ハイデッカーオープントップバス、トロリーバス、1階バス)

ソウルパノラマコース(2階バス、ハイデッカーオープントップバス、トロリーバス)

夜景コース(2階バス、ハイデッカーオープントップバス、トロリーバス)

  • 運行コース:光化門(出発)⇒麻浦大橋⇒西江大橋⇒江辺北路⇒盤浦大橋セビッソム⇒銅雀大橋⇒聖水大橋⇒漢南大橋⇒Nソウルタワー南大門市場前⇒清渓広場(終着)
  • 運行時間:火曜日~日曜日19:30出発(7・8月は20:00出発)
  • 運行間隔/所要時間:1日1回運行/約1時間30分
  • 出発場所:光化門コリアナホテル横(ソウル地下鉄5号線「光化門(カンファムン)駅」6番出口)
    ※夜景コースは10人以上で運行されます
    ※各停留所で停車せずノンストップで運行し、セビッソム、Nソウルタワーまたは 銅雀大橋で30分のフォトタイムがもうけられています(フォトタイムとなる停留所は天候・交通の状況によって変わります)

アラウンド江南シティツアーコース(トロリーバス)

利用情報

  • チケット料金:
    • 都心・古宮コース (ハイデッカーオープントップバス、トロリーバス、1階バス):大人18,000ウォン
    • ソウルパノラマコース(2階バス、ハイデッカーオープントップバス、トロリーバス):大人18,000ウォン
    • 夜景コース(2階バス、ハイデッカーオープントップバス、トロリーバス):15,000ウォン
    • アラウンド江南シティツアーコース(トロリーバス):大人12,000ウォン
  • 統合割引チケット料金
    • Big 2 Silver(パノラマ+江南コース:1日2コースを自由に利用):大人22,000ウォン
    • Big 2 Gold(都心・古宮+パノラマコース:2日間2コースを自由に利用):大人28,000ウォン
    • Big 3 Gold 3(都心・古宮+パノラマ+江南コース:2日間3コースを自由に利用):35,000ウォン
    • ※同一コースであれば追加料金なく、途中の停留所で乗り降り可能(夜景コースは除く)
    • ※他コースへの乗り換え不可
    • ※車両整備等の状況により、1階バスの運行が変更される場合があります

  • チケットの購入:
    • 各コースの出発停留所横にあるチケットブースで購入(現金・クレジットカードで決済可能)
    • 座席が残っている場合は、出発前に運転手から購入可能(現金、T-money決済のみ/統合割引チケットは現金でのみ購入可能)

  • 対応言語:
    • 韓国語、日本語、英語、中国語、ロシア語、ベトナム語、タイ語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、インドネシア・マレーシア語(車両内オーディオ案内システム)

  • 運休日:
    • 月曜日(月曜日が祝日の場合は通常運行)
    • 夏休み期間(7月第4週~8月15日)は運休日なしで運行

  • お問い合わせ:
    • ソウルシティツアー:+82-2-777-6090(韓・英)
    • ホームページ:http://www.seoulcitybus.com/korean.php(日本語あり)

    • ※運行時間およびコースは現地の事情によって変更されることがあります

      韓国観光案内電話:+82-2-1330(日本語)

伝統文化コース(2階バス/オープン型、ハーフトップ)

ハイライトコース(2階バス/オープン型、ハーフトップ)

  • 運行コース:東大門デザインプラザ(DDP)東大門文化歴史公園)(出発)⇒ソウルの森公園⇒漢江トゥクソム遊園地⇒ロッテワールド・蚕室ロッテワールドタワー⇒バラ広場(K-POP公演場)⇒漢城百済博物館オリンピック公園(世界平和の門)⇒建国大学⇒聖水駅(手作り靴通り)⇒漢陽大学⇒東大門デザインプラザ(DDP)(終着)
  • 運行時間:9:50~19:15(東大門デザインプラザ停留所の最終出発時間は17:30)※ハイライトバスは状況によって運行しない場合がありますので、チケットブースでご確認のうえご利用ください
  • 運行間隔/所要時間:40分/約1時間45分
  • 出発場所:ソウル地下鉄2・4・5号線「東大門歴史文化公園(トンデムン・ヨッサムンファゴンウォン)駅」1番出口、東大門デザインプラザ前
    ※江辺北路、蚕室大橋、ロッテワールドタワー一帯で各種デモや集会、国家的な行事などで車両の通行が不可能な場合は、そのコースを除外して運行します

夜間運行コース(2階バス/オープン型、ハーフトップ)

利用情報

  • チケット料金:
    伝統文化コース・ハイライトコース:大人15,000ウォン、夜間運行コース:大人12,000ウォン
    ※各コース追加料金なく、途中の停留所で自由に乗り降り可能(夜間コースは除く)
    ※「東大門デザインプラザ」チケット売り場で乗り換えチケットを購入すれば、伝統文化コース⇔ハイライトコースへの乗り換え可能(大人5,000ウォン)
    ※アシアナ航空国内・国際線搭乗券(搭乗日から7日以内)、AIR BUSAN国内・国際線搭乗券(搭乗日から31日以内)をお持ちの方は、チケット購入時に該当の搭乗券を提示すると伝統文化コース・ハイライトコースを20%割引で利用可能

  • チケットの購入:
    東大門デザインプラザ(DDP)前チケット売り場または乗車時に購入(現金、クレジットカード、T-moneyで決済可能)

  • 対応言語:
    韓国語、日本語、英語、中国語(車両内オーディオ案内システム)

  • 運休日:年中無休

  • お問い合わせ:
    ソウルシティツアー:+82-1544-4239(韓国語)
    ホームページ:http://www.seoultrolley.co.kr/main.html (日本語あり)

    ※運行時間およびコースは現地の事情によって変更されることがあります

    韓国観光案内電話:+82-2-1330(日本語)

主な観光スポット

仁寺洞LINK

サムジキル / 仁寺洞通りのお土産屋さん

ソウルを代表する観光地である仁寺洞は過去と現代が共存する場所です。仁寺洞は大通りを中心に伝統茶のカフェや飲食店、伝統工芸店、骨董品のお店などが集まっています。なかでもサムジキルはひときわ目を引く空間で、1階の広場を囲むように回廊式の通路が地上4階まで続き、そこに個性あふれるショップやカフェが軒を連ねています。

景福宮LINK

景福宮の昼と夜の風景

景福宮は朝鮮王朝の第一法宮で、広い敷地と秩序整然としている建物の配置が特徴です。宮殿内には美しい庭園や池などがあり、撮影スポットとしても有名です。

NソウルタワーLINK

Nソウルタワーの夜景 / 愛の南京錠

韓国初のタワー型観光名所でソウル市内を最も美しく見ることができる展望台です。ここには展望台だけではなく、高級レストラン、デジタル展望台、ギフトショップ、博物館など様々な施設があります。カップルの間では南京錠に名前を書いて鍵をかける「愛の南京錠」がデートスポットとして人気な他、夜景を楽しむことのできる場所としても有名です。

江南駅

江南駅通り / 江南駅地下商店街

ソウル江南駅一帯は、ショッピングセンターやおいしいお店が密集し、若者たちがあふれる江南エリア最大の繁華街です。手ごろな価格の洋服、アクセサリーを販売する地下商店街ショッピングセンター、通りに並ぶコスメショップを通じて韓国のファッショントレンドに触れることができます。また、ここを訪れた際には、江南駅11番出口にあるPSYの「江南スタイル」フォトゾーンでの記念撮影をお忘れなく。

ロッテワールドタワーLINK

ロッテワールドタワー / ソウルスカイ展望台内部

高さ555メートル・123階のロッテワールドタワーは、ソウルの華やかな夜景を観賞できる「ソウルスカイ」展望台、ホテル、ホール、オフィスなどを備えた超高層ビルです。また、複合ショッピングモールセンターであるロッテワールドモールやロッテワールドテーマパークにも近く、観光・ショッピング・レジャーを楽しめる人気スポットです。

漢江トゥクソム遊園地(トゥクソム漢江公園)LINK

トゥクソム漢江公園 / 展望文化コンプレックス

トゥクソム漢江公園はソウル市民に愛される漢江公園のひとつで、広々とした芝生広場や自然学習場、子どもの遊び場、クライミングジムといった施設を備えています。また、多彩な芸術作品を展示する展望文化コンプレックスも見どころのひとつとなっています。ソウル地下鉄2・7号線「建大入口(コンデイック)駅」に近く、ショッピング、グルメ、休息、すべてを楽しめます。

奉恩寺LINK

奉恩寺

都心・江南にある奉恩寺は約1200年の歴史を誇るお寺です。長い歴史のある分、仏教の歴史を代弁する場所といえますが、宗教とは関係なく、年中多くの人たちが訪れる、心癒される空間でもあります。

通仁市場LINK

通仁市場で売られているおかず / お弁当カフェのコイン

ソウルの代表的な伝統市場であり、おいしい食べ物で有名な通仁市場では餅、ナムル、チャプチェなど好きなおかずを選んで食べることのできる「お弁当カフェ」が人気です。

南山コル韓屋村LINK

南山コル韓屋村 / 伝統文化体験(右・写真提供:南山コル韓屋村)

南山コル韓屋村は南山のふもとにあった伝統家屋を集めて造られた場所で、伝統家屋や散策路、亭子(東屋)などがあります。多様な伝統文化体験プログラムが運営されており、外国人観光客が韓国の伝統を知ることのできる場所です。

最終更新日:2018年7月6日

水原シティツアー

京畿道の水原(スウォン)にある華城(ファソン)は、朝鮮王朝第22代国王である正祖大王が建設した計画都市であり、首都ソウルの南の関門でもあります。昔から軍事的にも非常に重要な地域であり、「華城」を建て、そこに軍事的機能や産業的な機能をすべて兼ね備えた都市を作り上げました。現在、華城の周辺には大小の道路や京畿道庁があり、過去と現在の建築物の調和を鑑賞できます。

第1コース(水原・華城半日コース)

第2コース(水原・光教1日コース)

  • 運行コース:水原観光情報センター(水原駅)⇒解憂斎華城行宮(武芸24技)⇒錬武台(弓矢体験)⇒昼食(池洞市場内で各自自由食)⇒華虹門(訪花隨柳亭)水原華城博物館⇒光教湖公園⇒ 水原観光情報センター(水原駅)
  • 運行日時:金曜日・土曜日9:50~17:00(1日1本)
    ※3~10月のみ運行
  • 所要時間:約7時間
  • 出発場所:首都圏電鉄1号線「水原駅」4番出口水原観光情報センター前

第3コース(水原・隆陵・健陵1日コース)

利用案内
  • チケット料金:
    水原・華城半日コース:大人11,000ウォン
    水原・光教1日コース:大人12,000ウォン
    水原・隆陵・健陵1日コース:大人14,900ウォン
    ※全コースとも華城行宮観覧料、水原華城博物館入場料、隆陵・健陵と龍珠寺入場料込み。
  • 予約:出発前日の16:00までにインターネットか電話で予約後、オンライン決済または口座振込(空席がある場合は当日現地でチケット購入可能/クレジットカード決済可能)
  • チケット受取り:首都圏電鉄1号線「水原駅」4番出口水原観光情報センター
  • 運休日:月曜日
  • 電話予約・お問い合わせ:ゴールドツアー:+82-31-256-8300(日本語可)
  • ※悪天候やイベント開催等の関係で、錬武台(弓矢体験)が中止されることがあります。(※弓矢体験はシティツアーが無料で提供しているサービスです)
  • ※バス内ではオーディオガイド(日本語あり)が提供されます。
  • ※最少催行人数5人に達しなかった場合、ツアー中止となることがあります(中止の場合は各申し込み者に連絡があります)。
    ※予約の変更は催行日の2週間前までに1度だけ可能。変更後の再変更、キャンセル、払い戻しは不可。
    ※決済前の予約のキャンセルはオンラインまたは電話で申請可能。決済後は電話でのみ申請可能。場合によってはキャンセル料がかかります(キャンセルの連絡は9:00~16:00まで可能)。
  • ホームページ:http://www.suwoncitytour.co.kr/(韓・英)
    ※運行時間やコースは現地の事情により変更されることもあります。
  • 韓国観光案内電話:+82-2-1330(日本語)

主な観光スポット

華西門(ファソムン)LINK

  • 華西門(ファソムン)
  • 華西門(ファソムン)
華西門

華城の西側にある門で、宝物403号に指定されています。石を積み上げて造った城門の上に1階建ての門楼が築かれており、門の前方には半月形の甕城(城門の両側に築かれた外敵を防ぐための施設)も設置されています。

華城行宮(ファソンヘングン)LINK

  • 華城行宮(ファソンヘングン)
華城行宮でのイベントの様子

行宮とは、王が戦争を避けたり、休暇を取ったり、王陵を訪れたりする際に、短期間滞在するために地方各地に建てられた宮殿です。華城行宮は、正祖大王(朝鮮の第22代国王)が近くの王陵を訪れる時に滞在した臨時の宮殿で、規模が大きく、とても美しいことから、行宮の中でも一番の評価を得ています。朝鮮時代末期の武芸訓練法である『武芸図譜通志』の24種類の武芸の再現も見ることができます。

長安門(チャンアンムン)LINK

  • 長安門(チャンアンムン)
長安門

長安門は、華城の北門であり正門でもあります。「長安」とは首都という意味であることから、当時の水原が王が暮らす本当の首都の漢陽と合わせて重要な都市であったことを表しています。王が首都の漢陽から水原へ入ってくる門として使われていたことから、長安門が正門であったということが分かります。国宝1号に指定されているソウルの南側の正門である崇礼門よりも大きいのが特徴です。

華虹門(ファホンムン)LINK

  • 華虹門(ファホンムン)
華虹門

華城内を流れる水原川の北側の水門であり、別名「北水門」と呼ばれています。華虹門は、石を積み上げて造った城門の上に楼閣が築かれており、南へと流れる水原川が城内へ流れ込むように、全部で7つの水門が設置されています。水門の下に降り注ぐ水しぶきは、水原の美しい八景のひとつです。

錬武台(東将台)(ヨンムデ(トンジャンデ)) LINK

  • 錬武台(東将台)
  • 錬武台(東将台)
錬武台

水原華城の東北側の丘に建てられた錬武台は、四方が開けており城内を眺めるのに良い場所です。過去には、兵士を集めて訓練をする場所でもありました。錬武台の周辺には今でも弓の稽古場として使用されています。

解憂斎(ヘウジェ) (Mr. Toilet House)

  • (Mr. Toilet House)
解憂斎

世界トイレ協会の設立を祝して建てられた博物館です。ミスタートイレットこと、元・水原市長の沈載徳氏が世界のトイレ文化改善に貢献すべく、自分の家を取り壊して便器型の家を建て、「解憂斎」と名づけました。2007年には韓国記録院に「もっとも大きなトイレ造形物」として認められました。

八達門(パルダルムン) LINK

  • 八達門(パルダルムン)
八達門(写真提供:水原市庁)

水原華城の南側にある八達門は、水原華城の4つの城門の中で北側の門とともに大規模で華やかです。八達門という名前には「四方八方に道が開かれる」という意味があります。築城当時の姿をそのまま保っており、宝物第402号に指定されています。

水原華城博物館 LINK

  • 水原華城博物館
  • 水原華城博物館
水原華城博物館の外観と展示室

水原華城博物館は、世界文化遺産の華城の歴史と優秀性を効果的かつ体系的に理解することができる博物館です。華城の建築過程と水原の都市発展過程を紹介する展示室や、華城の建築に携わった人物を紹介する資料室が常設で運営されています。

華城隆陵・健陵(ユンヌン・コルルン)[ユネスコ世界文化遺産] LINK

  • 華城隆陵・健陵(ユンヌン・コルルン)
  • 華城隆陵・健陵(ユンヌン•コルルン)
隆陵・健陵

隆陵は、正祖の父である思悼世子(荘祖)と、その妻である恵慶宮洪氏の合葬墓です。健陵は、正祖大王と彼の妻である孝懿王后の合葬墓で、墓の横には石碑や石垣が築かれています。

龍珠寺(ヨンジュサ) LINK

  • 龍珠寺(ヨンジュサ)
  • 龍珠寺(ヨンジュサ)
龍珠寺

龍珠寺はもともと新羅時代に建てられましたが、戦争により焼失しました。その後、正祖大王が悲運の死を遂げた父である思悼世子の冥福を祈って1790年に再度建てられました。寺の中には七重の石塔や、6本の石柱で支えられた天保楼という門楼があり、韓国の伝統的な仏教建築だけでなく、仏教の精神が宿る伝統的な遺物を見ることもできます。

最終更新日:2018年7月19日