14 2021年4月17日 (土) 12:01 (KST +0900) 韓国 ソウル

imagine your korea

検索

おすすめ3

  • thumnail-image

    独立門(독립문)

    ダサンコールセンター +82-2-120 独立門(トンニンムン)のある場所は元々使臣を迎えた迎恩門のあった場所でした。迎恩門は中国からの使臣がやって来たとき王が自ら出迎えた場所で、外交の象徴だったこの門の後に、1897年、独立門が建てられました。この門は、長い間影響を与えてきた中国や、韓国を脅かす日本やロシアに独立性を表わすためのもので、建設のための費用も国民の力によって集められました。 独立門はパリの凱旋門をモデルに作られており、御影石の煉瓦を積み上げた高さは14.28メートルです。上部にはハングルで「独立門」と書かれ、両側には韓国の国旗「太極旗(テグッキ)」が描かれています。 年中無休 常時開放 あり 無料 休憩スペース、体育施設、水飲み場、売店など あり 不可 地下鉄3号線「独立門駅」4番出口を出て徒歩5分。 1.観覧時間:24時間 2.休館日:年中無休 3.観覧料:無料 4.お問い合わせ:管理事務所 +82-2364-4686(韓国語)/観光案内電話 +82-2-1330(日本語可)

    • 観光スポット>カテゴリー
    • 日付観光スポット>カテゴリー2020/03/17
    古宅 遺跡 歴史
  • thumnail-image

    世宗物語(세종이야기)

    +82-2-399-1000 朝鮮4代王の世宗大王はハングル創製、科学・文化芸術、軍事政策など大韓民国の歴史上、最も輝かしい業績を残した人物です。光化門広場内の世宗大王の銅像の後ろ側にある通路から入ると、彼の業績をテーマにした「世宗物語」展示館があります。世宗物語の展示館は3,200平方メートル規模で、全9つの空間で構成されています。 世宗大王の年代記をはじめとして、民本政治、ハングル創製、科学と芸術、世宗の軍事政策などの業績およびエピソードを知ることができるだけでなく、ハングルの歴史も学ぶことができます。さらに、企画展示、世宗映像館・情報書籍、記念品館、休憩コーナーなどがあります。 世宗物語展示館は、光化門広場の出入り口以外に、「疎通の庭」という通路を中心に左側にはKTの建物の地下と、右側は世宗文化会館がつながっており、誰でも気軽に観覧することができます。 4D体験館 観覧料:無料 運営時間:10:30~19:00 上映時間:30分ごとに上映(約8分上映) 観覧方法:先着順 定員:32名 常設体験プログラム ハングル手紙(外国人対象) ハングルで名前書き(外国人対象) 常設展示10:00~20:00(最終入場19:30)4D体験館10:30~19:00常設体験10:30~19:00 月曜日※月曜日が祝日の場合は開館し、祝日の次の平日休館 無料 世宗文化会館駐車場地下2階A地区側に駐車

    • 観光スポット>カテゴリー
    • 日付観光スポット>カテゴリー2021/04/08
    記念館 展示館 歴史
  • thumnail-image

    観て、くつろいで、遊ぶ!3つの楽しさがいっぱいの高架遊歩道・ソウル路7017

    観て、くつろいで、遊ぶ!3つの楽しさがいっぱいの高架遊歩道・ソウル路7017 seoullo7017, ソウル路7017, ソウルロ7017, 高架道路, ソウル夜景, ソウルウォーキングツアー, ソウル駅, 韓国の旅, ソウルの旅, 散策路, ソウル路7017, seoullo7017, ソウル駅広場, 南大門市場, 崇礼門, ウォーキング, 徒歩の旅 観光、憩いのひととき、そしてツアーも楽しめるソウルの新しい新名所、高度経済成長期に作られた自動車専用高架道路を再生し完成した高架式の遊歩道・ソウル路7017をご紹介します。 ここ数年、ソウルで話題のスポットといえばここ、高架式の遊歩道・ソウル路7017(Seoullo 7017)。 このソウル路7017は元々、韓国が高度経済成長期にあった1970年、ソウル駅の北側に線路をまたぐような形で東西に作られた自動車専用高架道路でした。しかし完成して40年以上経過し老朽化が進行、撤去か大規模補修かの必要に迫られ、ソウル市はこの自動車専用高架道路を、ソウル駅で東西に分断されている人の流れを変えるべく人々が自由に行き来できる高架式の遊歩道に生まれ変わらせることを決定、2017年に現在のソウル路7017が誕生しました。名称の数字「7017」には1970年に自動車専用高架道路としてお目見えし、2017年に遊歩道に生まれ変わったという意味が込められています。 高架式の遊歩道ということもあり、ソウル路7017には「空中庭園」というちょっとロマンチックな愛称もついています。 このソウル路7017はソウル駅の東側にある南大門(ナンデムン)市場やソウル駅広場と、通称「ソウル西部駅(ソブヨク=ソウル駅西口の意味)」といわれているソウル駅西口付近のエリア・ソウル特別市中区(チュング)万里(マルリ)洞を東西に結んだ高架式の遊歩道で、高架の上からはソウル駅周辺の主な観光スポットがよく見えます。 今回は、観て、くつろいで、遊ぶ、この3つの楽しさが凝縮したソウルの新しい観光スポット・ソウル路7017をみなさんにご紹介します。 TIP) ソウル路7017の主なコース 南大門市場 ⇒ ソウル路テラス ⇒ モクレン広場(モクレンステージ) ⇒ ソウル路ツーリストラウンジ ⇒ 空中自然休憩所 ⇒ バンバン遊び場(子ども用ミニトランポリン) ⇒ バラ広場(バラステージ) ⇒ 7017ソウル花飯(ファバン) ⇒ 庭園教室 ⇒ 万里洞広場 ※ソウル路7017は近隣ビルからの誘導路や道路沿いの階段など途中どこからでも入ることができます。 ※ソウル路7017の案内所やツーリストラウンジで観光パンフレットを無料配布しています。ツーリストラウンジにはコインロッカーがあり、無料でインターネットを使うことができます。 全長1kmの「空中庭園」にソウルの旅の五つの魅力が凝縮 ソウル駅・崇礼門・ソウルスクエア~ソウル路7017を巡る小旅行 ソウル路7017は端から端まで歩いても30分ほどしかかからない比較的短めの高架式の遊歩道。 とはいえ、ソウル路7017がある周辺には南大門市場、ソウル駅広場、南山ソウルタワー、崇礼門(スンネムン=通称「南大門」)、ソウルスクエアなどソウルを代表する建物・建造物があり、30分ほど歩くだけでもソウルの様々なランドマークに遭遇します。 遊歩道よりもうちょっと高いところから眺めてみたい方は、ソウル路7017のあちこちにある展望台に上ってみましょう。建物の1階相当分の高さを上るだけの小さな展望台ですが、遊歩道からの眺めとはまた違うアングルでソウル駅周辺を眺めることができます。 イチオシ!ソウル路7017おすすめフォトゾーン! ソウル路7017の中でいちおしの写真撮影スポットといえば、やはりソウル駅が一望できるソウル広場。 この他にもバラ広場やツタ劇場付近の展望台もソウル路7017訪問の記念写真におすすめの場所です。 初夏の陽差しを遮る涼しげな憩いのひとときを~ソウル路7017でつかの間の癒し ソウル路7017にはあちらこちらにさまざまな植物が植えられ、まるで樹木園のような遊歩道となっています。ここにある植物は植物の科ごとにハングルの順番・カナダ順に植えられ、50の植物の科、228種の花や木々があります。ソウル路7017は全体がいわば広々とした野外樹木園のような雰囲気の場所となっていると言っても過言ではありません。特にバラ広場は華麗なバラの花をバックに大変ロマンチックな雰囲気な場所となっています。 南大門市場側の方に植えられている木々の中には、どこかで聞いたことがある名前が書かれた黒いプレート付きの記念樹がところどころにあります。 それは「2PMのイ・ジュノの木」「EXOのスホの木」「TWICEのサナの木」といったK-POPスターの名前が付いた木。これらの樹木はそれぞれのファンクラブから寄贈されここに植えられたものです。 ポンポン飛び跳ねたり、遊歩道から眺めたり~ソウル路7017のおすすめプレイスポット ソウル路7017の西端にある万里洞広場には「ユンスル(陽光や月光に照らされきらめくさざ波の意)」(写真上段)という巨大なオブジェがあります。このアート作品は陽差しが照り付けると、さざ波が打ち寄せるかのように揺らめいて見える構造となっており、幻想的な雰囲気が感じされるオブジェです。 また、ソウル路7017の道すがらには「バンバン遊び場」(写真左下)というお子さんが飛び跳ねながら遊べるミニトランポリン施設もあり無料で利用できます。 この他に注目なのがソウル路7017のあちこちにある「好奇心の植木鉢」(写真右下)。柱の周りのいたるところにある丸いレンズがついた穴を覗き込むと、三つのテーマで構成されたソウルの様々な様子を映像で見ることができます。 夜には天の川に大変身!ソウル路7017の他にはないスペシャルな夜景 夜になると、ソウル路7017は一縷の巨大な青い天の川に変身します。遊歩道の路面に設置されている照明や街灯がソウル路7017全体を美しく輝かせ、ロマンチックな雰囲気を醸し出します。 またソウル駅や、ソウル駅広場の向かい側にあるビル・ソウルスクエア(旧・大宇センタービル)、崇礼門などソウル路7017周辺のスポットもライトアップされ、幻想的な夜景となります。 天の川のようなソウル路7017でソウル駅周辺の夜景を楽しむ。ロマンチックなソウルの旅の一ページを飾る素晴らしい想い出となること間違えなしです。 More Info ☞ ソウル路7017ホームページ: http://seoullo7017.co.kr/ (日本語・韓国語・英語・中国語) ☞ ソウル特別市観光情報ホームページ:http://korean.visitseoul.net/index (日本語・韓国語・英語・中国語・ロシア語) ☞ 韓国観光案内電話:+82-2-1330 (日本語はじめ韓・英・中・露・ベトナム・タイ・マレー/インドネシア語可能) ※上記の内容は2019年5月現在の情報です。今後変更されることがありますのでお出かけ前に必ずご確認ください。

    • 観光スポット>トピックス
    • 日付観光スポット>トピックス2020/09/21
    都心めぐり ナイトアクティビティ ウェルネス
1
1
お問い合わせ

観光案内チャットサービス

KTOライブチャットを開く(インストール不要)

メッセンジャーアプリを開く(要インストール)
top