鉄道

正東津駅を通過するムグンファ 正東津駅を通過するムグンファ

韓国で都市間の移動時に利用しやすい交通手段のひとつが鉄道です。韓国の鉄道は、列車の速度と内部の便宜施設によってKTX(韓国高速鉄道)、KTX山川(サンチョン)や一般列車のITX-セマウル号、ムグンファ号、ヌリロ、そして観光列車などに区分され、料金もそれぞれ異なります。「京釜(キョンブ)線」「湖南(ホナム)線」が主軸を形成しており、その他にも麗水(ヨス)や昌原(チャンウォン)など他の地域を結ぶ、「全羅(チョルラ)線」と「慶全(キョンジョン)線」もあります。

また、一定期間KTXや一般列車を無制限に利用できる外国人専用KORAIL PASSなどを利用すると、より合理的な価格で鉄道旅行をすることができます。

ソウル主要鉄道駅

ソウル駅

ソウル駅

ソウルのもっとも重要な駅で、ソウルと釜山(プサン)を繋ぐ複線鉄道である京釜線の出発点です。ソウル駅からは大田(テジョン)駅、東大邱(トンテグ)駅、新慶州(シンキョンジュ)駅、釜山駅などの京釜線と、全州(チョンジュ)駅、光州(クァンジュ)駅、木浦(モッポ)駅、麗水駅などの全羅・湖南線が利用できます。

  • 住所: ソウル特別市 龍山区 漢江大路 405 ソウル駅

龍山駅

龍山駅

KTXの導入以降、龍山駅はソウル交通の中枢としての役割を果たしています。ソウルと木浦をつなぐ複線鉄道である湖南線の出発点です。龍山駅からは論山(ノンサン)駅、光州松汀駅(クァンジュソンジョン)駅、木浦駅、益山駅などを経由する全羅・湖南線や、釜山などに行く京釜線が利用できます

  • 住所: ソウル特別市 龍山区 漢江大路 23キル 55 龍山駅

清涼里駅

清涼里駅

清涼里駅は、江原道の正東津(チョンドンジン)や旌善(チョンソン)をはじめ、慶尚北道安東(アンドン)や慶州、春川(チュンチョン)行きのITX青春列車など、観光都市を行き来する一般列車の始発駅です。また、2017年12月22日からは、ソウルと江陵を結ぶ江陵線KTXを運行しています。

  • 住所: ソウル特別市 東大門区 旺山路 214 清涼里駅

永登浦駅

永登浦駅

永登浦駅はソウル西南部地域の需要を担当しており、ITX-セマウル号、ムグンファ号列車が停車します。

  • 住所: ソウル特別市 永登浦区 京仁路 846 永登浦駅

水西駅 (SRT)

水西駅 (SRT)

江南地域から全国主要都市をつなぐ駅で2016年12月にSRT(Super Rapid Train)高速列車の運行が始まりました。現在、水西駅から利用可能な路線は湖南線「木浦駅」までと京釜線「釜山駅」までです。

  • 住所: ソウル特別市 江南区 パムゴゲ路 99 水西駅 (SRT)

鉄道区分

韓国高速鉄道 (KTX)

韓国高速鉄道 (KTX)

最高時速約305キロメートルの韓国最高速の鉄道で、2004年4月から運行されています。

ITX-セマウル

ITX-セマウル

セマウル号に替わるために作られた鉄道で、京釜線、湖南線、慶全線などの主な幹線で運行しています。

ムグンファ号

ムグンファ号

1960年から運行している韓国の古い鉄道です。ムグンファ号は一般的にKTXやITX-セマウル号が停車しない駅にも停車します。

SRT

SRT

水西駅から運行している高速列車で、京釜線と湖南線があります。

鉄道に関する詳細

  • ソウル主要鉄道駅の写真・資料提供: KORAIL
  • 水西駅および列車の写真提供: SR

最終更新日:2018年5月25日