goto content


Food_Themed_Streets_Guide_Book

Food_Themed_Streets_Guide_Book

h1 Title

韓国・全羅北道 文化探訪の旅4日間②

韓国・全羅北道 文化探訪の旅4日間②
韓国観光公社福岡支社よりコリアプラザ企画の旅のレポートが届きました。旅行に参加された方の中から4人の方が分担してレポートを書いてくださいましたので、4回に分けて掲載します(今回が第2回です)。Visit Korea
第1回のレポートはこちらをご覧ください。
2日目は岩坪美樹さんのレポートです
~2日目~ 9月12日(土) 本日のスケジュール
08:00~09:00    朝食(学忍堂にて韓国の家庭料理)
09:00~10:00    全州(チョンジュ)→扶安(プアン)バス移動
10:00~11:30    セマングム防潮堤見学(世界最長の防潮堤)
11:30~12:30    扶安→全州 移動
12:30~14:30    ◎ ビビンパプ体験+試食
14:30~15:30    全州→益山 移動
15:30~17:30    ◎ 弥勒寺跡・王宮里 見学
17:30~18:30    益山→全州 移動
18:30~20:30    ◎ マッコルリ通り 見学+夕食
20:30~21:30    農協ハナロマートにてショッピング
 
韓国・全羅北道 文化探訪の旅4日間②

 

韓屋・学忍堂でぐっすり眠った翌日・・
福岡とは違い、肌寒さも少しだけ感じましたが、涼しく気持ち良い朝を迎えました。
朝食は、学忍堂にて韓国の伝統的な朝食。『うわぁ!朝から、パンチャン(おかず)がいっぱい。』
前日、『これでもか!まだ来るか??』と言わんばかりに、宮廷料理をお腹いっぱい食べていたので『胃が消化されて無くて食欲無いんですよね~~~』とか言いつつ、
目の前に出された美味しそうなご飯をぺろりと食べてしまったのは私です・・。きっとみんなもそうだったよね??
野菜や山菜がたくさんの朝ごはんで、とっても健康的。韓国での食事って自然と野菜をたくさん摂取出来るから女性には嬉しいです!私達が食べている横にはキッチンがあり、優しいアジュモニが次から次へとご飯を作って出してくれました。コンナムルのスープ、なんて優しい味なんだろう!どうしたらこんな味が出るんだろう?皆、食事が出てくるたびに、質問したりメモしたり、とっても勉強熱心!
食事の後、今ではVIP等しか泊まれない母屋を特別に見せていただきました。
ここ学忍堂(ハギンダン)は長い間、文化人の交流の場、終戦後は迎賓館として常に歴史の舞台となってきた邸宅だそうです。

今でもパンソリの講演会など伝統芸能イベントなどを開催するんだとか。歴史を感じられたノスタルジックな宿泊体験でした。

 

韓国・全羅北道 文化探訪の旅4日間②


 さて、お腹も満たし全羅北道庁の方、通訳の方2人とも合流して全州から扶安に移動です。カプシダー!
バスの中では、ちょうど良いタイミングで韓国のおやつが配られます。
しかも何回も!うわーい。今回はお餅のチョコパイだぁ。
全羅北道庁が用意してくれるおやつも楽しみの1つだったりして。おかげでバスでの移動も楽しいものになりました。日本人が好きな韓国のお菓子を、ちゃんと調べて用意してくれていて、この心遣いが嬉しかったな。
なんて優しいんでしょう。コマウォヨー。
車で30分くらい走ると、山や海が見えてきました。セマングム(新萬金)防潮堤に到着です。
40,100ha規模の海を陸地に変えるセマングム干拓事業。世界最長の33kmにも及ぶ防潮堤を見る事が出来ました。

 

韓国・全羅北道 文化探訪の旅4日間②

 

セマングム展示館にて、いろいろなお話を聞きました。10年後、埋め立てられ陸地になったセマングム地区はどう変化しているのでしょうか?
防潮堤をバスで渡る予定だったのですが、時間の都合で
展示館からだけの見学になりました。残念。
望遠鏡を使わないと、途中までしか見えないぐらいに長い防潮堤です。先端産業・観光・新再生エネルギーなど世界第一の物流、観光都市を目指しているそう。
担当の方に可愛いセマングムのタオルをお土産に頂ました。

 

セマングム防潮堤を見学した後は、一路、扶安(プアン)から→全州(チョンジュ)へ。
伝統文化センターにてビビンパプの調理実習&昼食です。

 

いよいよ、ビビンパプ作り!

韓国・全羅北道 文化探訪の旅4日間②

 

ビビンパプ発祥の地と言われる ここ全州では、こだわりのあるビビンパプを食すことが出来ます。
実習室にて、まずは韓国式の挨拶の仕方から。
みんな手を揃えて笑顔で、『アンニョンハセヨ~~』

先生の実演を見せて頂いた後、4人1グループに分かれ、テーブル毎に調理が始まりました。
グループ毎に対決することになったので、みんな真剣!
さすが、韓国料理を習っているだけあって包丁を持つと、皆さん目つきが変ります(笑)
材料は、もやし・卵・きゅうり・エホバック・人参・トラジ・しいたけ・わらび・せり・ナツメ・銀杏と黄布(ファンポ)ムク(緑豆の澱粉にクチナシで黄色く色づけして練ったゼリー状のもの)。味付けはとてもシンプルで、塩・コショウ・胡麻油・にんにくなど。
全州ビビンパプの特色は、化学調味料は一切入っていないこと。そして新鮮な野菜。
 ファンポムク(緑豆のゼリー)と、黄身とセリ(他の地域はホウレン草)を入れる事。
そしてお米をお鍋で炊き、水ではなく牛のダシで炊いていたのには驚きでした。
炊き上がる寸前に、大豆もやしを入れて炊き蒸らします。 盛り付けをし、コミョン・고명(食材を利用した彩り用の飾り)を飾り、1人1つずつ全州ビビンパプの出来上がり~~★ どうですか??きれいに出来上ってると思いませんか??自画自賛。
崩しちゃうのがもったいないのですが、美味しくなるように全体を混ぜて食べました。
スプーンで混ぜるのは邪道らしい・・(通訳のチャンさん談) ビビンパプの本場、全州ではご飯粒と具材がきれいに絡まり合うようにお箸で混ぜるんですって。早く言ってよーー。もうスプーンで思いっきり混ぜたじゃん!笑。
全州ビビンパプは、せり・トラジ・ファンボムクの食感や味が効いていてとても美味しかったです。

 

全州ビビムパップの実習・西田先生もアシスタント・ビビムパプの完成

 

韓国・全羅北道 文化探訪の旅4日間②じゃーーん!ここで、素敵なデザート登場。
昨晩、宮廷料理を作って下さった柳任子(ユ・インジャ)先生からこんな素敵な松餅(ソンピョン)の差し入れが届きました。一同感激。色とりどりで美しいっ。
食べるのがもったいないぐらい。でも、皆で美味しく頂きました(笑)
昨夜、遅くまでお店でお仕事されていたはずなのに・・・
きっと私達のために、朝からこの松餅を作って下さっていたんでしょうね。涙。
全州の人は、本当に心が温かく優しい方ばかりです。柳任子(ユ・インジャ)先生、どうもありがとうございました。
美味しい物に囲まれて、一同、口が休まる暇がありません。お腹も膨れっぱなしです。喋る口も食べる時だけは静か!
バスの中でも、この松餅(ソンピョン)をつまみながら、次の目的地、益山(イクサン)にある『弥勒寺跡・王宮里』へと急ぎます。

 

韓国・全羅北道 文化探訪の旅4日間②

 

益山では、百済文化遺跡の見学です。
弥勒寺(ミルクサ)はとても伝統を持つ寺でもあり、百済武王(ムワン)の600年頃に創建され、朝鮮中期以降に廃刹されたと推定されているようです。
韓国ドラマ「薯童民謠(ソドンヨ)」の主人公でもある薯童(璋)、その後の武王が獅子寺へ行こうとした際に、弥勒三尊が現れた池という池を埋めて3つの伽藍を作ったといわれています。広大な土地に3つの伽藍、金堂と3つの塔から出来ていて、大部分が現在でも発掘作業・復元作業中です。寺の後方には弥勒山がそびえ景色が美しい。なんといっても空気が気持ち良いんです。
天気も良いし、あーーー!シウォナダー。
写真(上・中央)は復元中の石塔。
韓国・全羅北道 文化探訪の旅4日間②この復元中の石塔にも、当時の古い石が使われてありところどころ、色や風合いが違います。実物は現在解体復元中で、復元中の様子を見る事も出来ました。東洋最古の木造型石塔だったそうです。発掘現場の辺りは桜の木がたくさんあり、春に訪れるとまた違った景色が見れるんだろうなぁと思いました。弥勒寺からは、さまざまな物が発掘され出土されています。2009年の発掘調査では、写真(上・右)の真ん中の石塔跡から金製舎利壺が発見されました。舎利壺の実物は、現在保存処理作業中で見れませんでしたが、パネルにて写真を見る事が出来ました。
遥か昔の品が、こうやって今でもきれいな状態で発掘されるなんてとっても不思議ですよね。
今回のメンバーの中には、韓国の歴史ドラマを見て『百済』に興味のあった方もいらっしゃって、感激していました。
あ、ちなみにここの展示館、ぺ・ヨンジュンさんも訪れたらしくサインと写真が飾ってありましたよ。いい香りがしたそうです(笑)
弥勒寺の見学を終え、益山から全州に戻ります。次のスケジュールはお待ちかねの????

マッコルリ通り!!やったーーー!

 

韓国・全羅北道 文化探訪の旅4日間②

 

夕食はマッコリ通りにて、マッコリとたくさんのパンチャン(おかず)を頂きました。
全州市には5つのマッコリタウンがあって、安くて美味しいマッコリを気軽に味わえます。
マッコルリを注文すると、こんな大きなヤカンに入って出てくるんですよ~~!
そして食べきれない程たくさんのおかずも付いてきます。
ここには、2種類のマッコリがありました。違いが分かりますか??
左が普通のマッコリ・右がマッコリの上澄みです。
上澄みは色が薄くて、より炭酸が効いてるような気がしました。
甘くてヨーグルトジュースみたいな感じ。やばい!くいくい飲めてしまいます。
全羅北道庁の方と、ワンショットの嵐。『ワンシャーーン!』 先生も少し飲まれました。赤ら顔の先生、とっても可愛いっ。
韓国の方ってお酒が強いですよね。鹿児島生まれで強いはずの私もさすがに負けました!!
でも、この後食材のお買い物があるのでほどほどにね。でも、マッコリが止まらない!美味しすぎる★助けて~~!

韓国・全羅北道 文化探訪の旅4日間②朝まで飲みたい気分(私だけ??)でしたが、時間になりマッコリタウンともお別れ。
そして、本日・最終スケジュールの『農協ハナロマート』へ。
主に食品をメインに、各自いろいろなものを購入しました。
食材には詳しい西田先生がいるのでとても頼もしく、先生がお勧めする物は気付くとほとんどの人が買い物カゴに入れてました。ナツメや五味子(オミジャ)の実、海苔等を購入した方が多かったです。 

買い物の後は、今日と明日お世話になる『全州 コア・リベラホテル』へ。
リベラホテル、とてもキレイで過ごし易かったです。なんと言っても立地が素晴らしい! 
窓を開けると目の前は、韓屋村!!素晴らしい景色にうっとりです。
みなさん、本日も一日お疲れ様でしたーーー。おやすみなさーーい。と、いったん部屋に入りつつ、血が騒いで?おとなしく出来るわけが無く(笑)
夜な夜な抜け出して、皆さんと近所に飲みに行ったのでした。まだ飲むの???
夜の韓屋村もライトアップされてとっても素敵です。デートで歩きたいな!
全州2日目。お腹いっぱい胸いっぱいの1日でした!
明日はどんな一日になるのでしょうか??

 

~岩坪 美樹~ 

 

☞韓国・全羅北道 文化探訪の旅4日間③に続きます。

 

日付 2009/11/04

visitkorea