新着情報 : 韓国観光公社公式サイト 韓国、海外でのワクチン接種完了者についてもワクチン接種優遇対象に :韓国観光公社公式サイト
2021年10月16日 (土) 17:24 (KST +0900) 韓国 ソウル

imagine your korea

新着情報

新着情報

[韓国・観光] 韓国、海外でのワクチン接種完了者についてもワクチン接種優遇対象に

  • 日付2021/10/08
  • Hit3732

コロナウイルス感染症-19ワクチン(イメージ写真)

10月7日(木)から、海外でコロナウイルス感染症‐19(COVID-19)ワクチンの接種を完了した人についても、一定の条件を満たした場合に限り、韓国国内での私的な集まりの人数制限適用外とするなど、韓国国内で接種を完了した人と同様のワクチン接種優遇を受けられるようになりました。

今回、韓国政府が優遇対象に含めると発表した海外でのワクチン接種完了者は、WHO(世界保健機関)が承認するワクチン(アストラゼネカ(コビシールドを含む)、ファイザー、モデルナ、ヤンセン、シノファーム、シノバックス)の接種を受け、訪韓前に韓国の在外公館に必要書類を提出、隔離免除書の発給を受けた人となります(但し重要な業務上の目的・学術・公益上の目的で入国する外国人の隔離免除書の発給については韓国側の受入機関が韓国内で申請する必要がありますのでご注意ください)。

韓国国内におけるワクチン接種の優遇適用を希望する人は、入国後、韓国国内の保健所を訪問する必要があります。
保健所で予防接種証明書及び隔離免除書を提示すると、韓国の予防接種システムに国外でのワクチン接種履歴が登録され、アプリなどによる電子証明書または紙媒体による証明書の発給を受けることができます。
なお、ワクチン接種完了者に対する優遇策等についてはコロナウイルス感染症‐19公式ホームページ(http://ncov.mohw.go.kr・韓国語・英語・中国語)でご確認頂けます。

More info

韓国、海外でのワクチン接種完了者に優遇適用に

☞ 隔離免除書の発給 ・発給対象:
重要な業務上の目的、人道的目的、学術・公益上の目的などで韓国に入国しようとする韓国人及び外国人
・発給手続:領事館業務時間内に本人が直接申請あるいはメールにて書類提出
※ 但し重要な業務上の目的、学術・公益上の目的で入国する外国人の隔離免除書の発給については韓国側の受入機関が韓国内で申請する必要がありますのでご注意ください。
・隔離免除適用除外国家(2021年10月現在):
ナミビア、南アフリカ共和国、マラウイ、モザンビーク、ミャンマー、バングラデシュ、ブラジル、スリナム、アンゴラ、ウズベキスタン、インドネシア、ザンビア、ジブチ、チリ、カザフスタン、キルギス、トリニダード・トバゴ、パキスタン、ペルー、フィリピンの20か国
※入国目的により査証(ビザ)の種別による制限及び必要書類、申請方法などが異なりますので、必ず居住国の韓国の在外公館(大使館領事部・総領事館)にお問合せ下さい。
※予防接種完了者隔離免除適用除外国家は随時見直しが行われますので、コロナウイルス感染症‐19公式ホームページ(http://ncov.mohw.go.kr・韓国語・英語・中国語)で必ずご確認下さい。

韓国観光案内電話 +82-2-1330 (日本語・韓国語・英語・中国語・ロシア語・ベトナム語・タイ語・マレー/インドネシア語)
※韓国観光公社VISITKOREAホームページ、外国語モバイルアプリ『VISITKOREA』、観光通訳案内電話1330専用アプリ『1330 Korea Travel Hotline』の画面下にある赤いアイコン「LIVE CHAT」をクリックすると、チャット形式(文字ベース)で韓国観光に関するお問い合わせも可能です。「LIVE CHAT」に関する詳しい内容はこちらをご覧ください。
あなたにおすすめ すべて表示
お問い合わせ

観光通訳案内電話1330・LIVE CHAT チャットで韓国観光に関するお問合せ、24時間対応!

KTOライブチャットを開く(インストール不要)

メッセンジャーアプリを開く(要インストール)
top