2021年12月01日 (水) 09:47 (KST +0900) 韓国 ソウル

imagine your korea

地域ガイド

観光列車

海岸列車海列車

KORAIL(韓国鉄道公社)は韓国の山と海を鉄道を利用しながら楽しむことのできる観光列車を運行しています。ここでは東海の景観を楽しめる「東海サンタ列車」、鉄岩と汾川を行き来する「V-train(白頭大幹峡谷列車)」、東海岸を一度に楽しめる「海列車(Sea train)」、 西海の金色の波に沿って走る「西海金光列車(West Gold-train)」、ソウルから麗水、釜山から宝城を走る「南道海洋列車(S-train)」、韓国アリランの情緒あふれる「旌善アリラン列車(A-train)」、列車でホテル並みのサービスを楽しめる「レールクルーズヘラン列車」など、韓国の美しい自然を感じることのできるテーマ観光列車をご紹介します。

東海サンタ列車

  • 東海サンタ列車(写真提供:KORAIL)
  • 正東深谷パダブチェ道
  • 正東津海水浴場

東海の景観を楽しみ白頭大幹を通って汾川(プンチョン)サンタ村まで旅する列車で、江陵(カンヌン)駅から汾川駅区間を運行しています。東海の青い海を背景にした丘の上にある大きなクルーズ船を模したホテルは見もののひとつとなっている他、いろいろなサンタ体験ができるサンタ村でサンタとの思い出をつくるなど、充実した列車の旅を楽しむことができます。

停車駅: 江陵~正東津~墨湖~東海~新基~道渓~東栢山~鉄岩~石浦~承富~両元~肥洞~汾川

白頭大幹峡谷列車「V-train」 LINK

V-train(写真提供:KORAIL)

「Valley」の頭文字をとったV-trainは、江原道鉄岩(チョラム)、慶尚北道汾川や両元(ヤンウォン)などの美しい峡谷を走る列車です。見通しのよい峡谷の風景を満喫できるよう車両の側面が全面ガラス張りになっており、全座席の窓を開け閉めできます。また、一般列車よりもゆっくり走るため、車窓から入ってくる山や渓谷の新鮮な空気が肌で感じられます。(※V-trainにトイレはありませんのでご注意ください)

停車駅: 汾川~肥洞~両元~承富~鉄岩

西海金光列車「West gold-train」 LINK

  • 西海金光列車(写真提供:KORAIL)
  • 足浴室(写真提供:KORAIL)
  • オンドル室(写真提供:KORAIL)

西海金光列車(ソヘグンピッヨルチャ)はカフェ、足浴室などのヒーリング室やオンドル室が用意されており、列車内でゆっくりとくつろぐことができます。(※利用時にはそれぞれ追加料金が必要なため乗車前に確認が必要です)

停車駅: 龍山~水原~牙山~温陽温泉~礼山~洪城~大川~長項~群山~益山

南道海洋列車「S-train」 LINK

南道海洋列車(写真提供:KORAIL)

李舜臣将軍の亀甲船をモチーフにした南道海洋列車(S-Train)の「S」は「Sea(海)」のSと、曲線を描く慶全(キョンジョン)線、南海岸のリアス式海岸を形象化したものです。車内の床には波模様がデザインされるなどインテリアも工夫されています。列車はソウルから麗水(ヨス)、釜山から宝城(ポソン)までの2つの路線が運行されています。

停車駅:
(釜山出発) 釜山~亀浦~勿禁~三浪津~進永~昌原中央~馬山~晋州~北川~河東~順天~筏橋~得糧~宝城
(ソウル出発) ソウル~永登浦~水原~天安~西大田~益山~全州~南原~谷城~求礼口~順天~麗水EXPO

旌善アリラン列車「A-train」 LINK

  • 旌善アリラン列車(写真提供:KORAIL)
  • ミンドゥン山
  • ピョンバンチスカイウォーク

韓国の美しさとアリランを表現した旌善(チョンソン)アリラン列車(A-train)は江原道の清らかな自然を楽しみながら旌善アリランの精神を感じられる旅を提供しています。1日2回往復運行し、旌善五日市が開かれるときには運休日(月・火)も運行します。

停車駅: 清涼里~堤川~ 寧越~礼美~ミンドゥン山~別於谷~仙坪~旌善~羅田~アウラジ

平和列車DMZトレイン「DMZ-train」 LINK

平和列車DMZトレイン:http://japanese.visitkorea.or.kr/jpn/TMC/TE_JPN_4.jsp
DMZエリア別観光地:http://japanese.visitkorea.or.kr/jpn/TMC/TE_JPN_4_1.jsp

More info
  • チケット購入: Let's Korailホームページまたはコース別に現地で購入可能

    ※東海サンタ列車、V-train(白頭大幹峡谷列車)、その他の観光列車(A-train(旌善アリラン列車)、S-train(南道海洋列車)、West gold-train(西海金光列車)、DMZ-train)を利用するときはコレールパス(Let's Korailホームページ、国内外指定旅行会社、鉄道旅行センターで購入可能)を利用すれば一定期間内に特定の列車を自由に利用できます
    ※観光列車の料金は利用区間や日程によって異なりますのでLet’s Korailホームページにてご確認ください
  • Let’s Korail観光列車紹介ページ: http://www.letskorail.com/ebizprd/EbizPrdXTrain_intro.do
  • KORAILチケット予約:http://www.letskorail.com/ebizbf/EbizBfDMZTrnTicketSearch.do?hidJobDv=OTRN(英語ページで希望の列車を選択して予約)
    ※列車の時刻表はホームページにてご確認ください

  • お問い合わせ:KORAIL +82-1544-7788(韓国語)、+82-1599-7777(日本語可)

  • 観光案内電話:+82-2-1330(日本語)

海列車「Sea train」LINK

  • 海岸列車の内部海列車(写真提供:KORAIL)
  • 海岸列車の内部 海列車(写真提供:KORAIL)
  • 海岸列車の内部海列車

海列車(パダヨルチャ)は車窓からの風景だけでなく客室内でも一味違った楽しみを提供しています。1・2号車は特室でプロポーズ室が設けられていて2人だけの空間でワインを飲みながら海を楽しむことができます。3号車にはカフェテリア「Sea Train Café」があり、コーヒーや軽食とともに東海岸地域の特産品も販売しています。その他、海列車の車内にはさまざまな海の生物が描かれたフォトゾーンがあり、旅の記念となる写真を撮ることもできます。

停車駅:江陵~正東津~ 墨湖~東海~湫岩~三陟海辺

More info
  • チケット購入:江陵駅・三陟海辺駅で現地購入
    ※これ以外の停車駅では電話で空席があるか確認する必要があります(空席がある場合のみ途中乗車可能、チケット代金は乗車後に列車内で清算)
    ※外国人は電話での予約可能

  • 料金(大人:満13歳以上/片道基準):1号車・2号車(特室)16,000ウォン、3号車(家族室)4人基準52,000ウォン、4号車(一般室)14,000ウォン、(プロポーズ室)2人基準50,000ウォン

  • 列車出発時間:
    江陵⇒三陟海辺:定期列車10:47、14:41/週末臨時列車7:54
    三陟海辺⇒江陵:定期列車12:00、15:59/週末臨時列車9:28
    ※所要時間は片道約1時間10分、往復約2時間40分
    ※運行時間は変更されることがありますので電話でお確かめの上ご利用ください

  • ホームページ:
    KORAIL観光開発「海列車」:http://www.seatrain.co.kr

  • お問い合わせ:+82-33-573-5474(日本語可)
    ※外国語可能なスタッフが不在の場合、外国語での対応ができない場合があります

  • 韓国観光案内電話:+82-2-1330(日本語)

レールクルーズヘラン列車 LINK

レールクルーズヘラン列車(写真提供:KORAIL)

レールクルーズヘランは、海上の高級遊覧船と鉄道を組み合わせたホテル式観光列車です。客室もホテルのようにデラックスルーム、スイートルーム、ファミリールームが用意されており、快適な寝室や施設はもちろん、ワインやカクテルなどの飲食サービスも提供されています。レールクルーズヘランは期間、コース別に選ぶことができ、希望するコースに合わせて優雅な列車の旅を楽しむことができます。

停車駅: 季節に合わせて2~3ヶ月ごとに変更されますのでヘランのホームページでご確認ください

More info
  • チケット購入:レールクルーズヘランホームページおよび電話で予約
  • 料金(デラックスルーム1人基準):全国一周2泊3日122万ウォン/1泊2日東部圏コース80万ウォン/1泊2日西部圏コース80万ウォン
  • 客室タイプ:スイートルーム(2人)、デラックスルーム(2人)、ファミリールーム(3~4人)、スタンダードルーム(4人)
  • ホームページ:http://www.railcruise.co.kr/website/infault.asp
  • お問い合わせ:+82-1544-7755(韓国語)
  • 韓国観光案内電話:+82-2-1330(日本語)
最終更新日:2021年8月25日
あなたにおすすめ すべて表示
お問い合わせ

観光通訳案内電話1330・LIVE CHAT チャットで韓国観光に関するお問合せ、24時間対応!

KTOライブチャットを開く(インストール不要)

メッセンジャーアプリを開く(要インストール)
top