2021年10月23日 (土) 19:20 (KST +0900) 韓国 ソウル

imagine your korea

INSSA KOREA

INSSA KOREA

地元民気分!延南洞の運転手食堂で食べるテジブルベク

  • 日付2020/09/01
  • Hit6469
韓国グルメ

レベル2

地元民気分!延南洞の運転手食堂で食べるテジブルベク
地元民気分!延南洞の運転手食堂で食べるテジブルベク
人気の観光スポット、ソウル延南洞(ヨンナムドン)ですることといえばユニークなグルメ店ツアー、映えるカフェで写真撮影、ヨントラルパークでお昼寝、フリーマーケットでショッピング……。今回の延南洞ではちょっと違った体験をしてみてはいかがでしょう。遊んでおなかが空いたらおいしいものを手軽な価格で食べられる運転手食堂に行ってみましょう。

HOW TO

  • HOW TO_image01
  • HOW TO_image02
  • HOW TO_image03
  • HOW TO_image04
ソウル延南洞一帯にある「運転手食堂(기사식당)」のメニューには主にテジブルベク(豚プルゴギ定食)、豚カツなどがあります。
運転手食堂最高の人気メニューは断然「テジブルベク」。 価格は8千ウォンほどで、できたての豚のプルゴギを筆頭に各種おかずと、肉を包んで食べるためのサンチュ、サムジャン、汁物がセットで出てきます。サンチュで肉を包むので手はきれいに洗っておきましょう。
サンチュを1枚取り、豚プルゴギ、ニラ、ニンニク、キムチ、サムジャンをサンチュの真ん中に置きます。サンチュでをそれを包み込み、口のなかで具材の調和を楽しみます。
足りないものはセルフバーを利用。豚プルゴギ以外のおかずや薬味は無料でおかわり可能です。食べ残さないように適度におかわりしながらお腹いっぱいたべましょう。
ワンポイント情報
用語整理
運転手食堂(キサシッタン)とは 
バスやタクシーなどの運転手が利用する食堂の総称。手軽な値段で気軽に利用できるため運転手以外の人々にも多く利用されています。
テジブルベクとは
メインのプルゴギにご飯とおかずがついてくる豚プルゴギ定食。テジは豚のことで、プルゴギ(タレ漬け肉を焼いたもの)+ペクパン(白飯)の頭文字を取って「プルベク(ブルベク)」と呼ばれています。
あなたにおすすめ すべて表示
お問い合わせ

観光通訳案内電話1330・LIVE CHAT チャットで韓国観光に関するお問合せ、24時間対応!

KTOライブチャットを開く(インストール不要)

メッセンジャーアプリを開く(要インストール)
top