2021年9月21日 (火) 10:27 (KST +0900) 韓国 ソウル

imagine your korea

在韓ブロガー連載コラム

在韓ブロガー連載コラム

大邱、独立書店を巡る旅

  • Tag etc Trend
  • 日付2021/07/22
  • Hit1379

「本が好き、本屋が好き! そして、ステキな本を見つけたい! 」 そんな皆さん、今から私と一緒に大邱の独立書店を巡ってみませんか?

インディペンデント書店とも呼ばれる個人経営の小規模書店のことを、韓国では独立書店とよびます。店主がセレクトした本だけが並ぶ点、個人がより自由な発想で制作する独立出版物を扱っている点、そしてついつい長居したくなってしまうような居心地の良さ。大型書店とはまた違う魅力があり、多くの書店ファンを魅了しています。

言葉が分からなくても大丈夫!美しい装丁を見ているだけでも飽きませんし、今回紹介するどの店にもドリンクメニューがあり、かわいい雑貨が売られています。いろいろな楽しみ方ができるのも独立書店ならでは、なのです。

実は大邱は「本」と深い縁がある都市です。もともと多くの詩人や作家を輩出した土地でもありますが、6.25韓国戦争以降、全国から避難してきた文人たちが、現在の中区・香村(ヒャンチョン)洞に集い、文筆活動を行いました。雑誌「戦線文学」を発刊するなど、多くの作家がこの地で本を出版しています。出版関連産業も花開いた土地で、1930年代から続く南山(ナムサン)洞印刷通りには多くの印刷店が軒を連ねていますし、2013年には城西(ソンソ)出版産業団地も誕生しました。

そこで今日は、これまで日本で紹介されてこなかった、大邱の独立書店にスポットライトを当ててみたいと思います。

では、とびきり素敵な4件を巡る旅に出発です!

旅のはじまりからおわりまでを共にする「旅行者の本(여행자의 책)」

「旅行者の本」店内
  • (写真左)小説の視写や、手紙を自由に書けるデスク
  • (写真右)「旅行者の本」外観

大邱国際空港を出たら、まずは歩いて5分の距離にある「旅行者の本」へ行きましょう。河川敷沿いにはきちんと整備されたデッキが続いているので、スーツケースを引っ張りながらでも、ちょっとした散歩気分で歩けます。

中学校の元教師と教え子が集まり、4人で共同運営しているこの書店。1階は人文系書籍を中心に扱う独立書店、2階は一晩中読書ができるブックステイです。

「本が好きで、旅をしながら多くの本屋を見てきました。そのうち、何時間でも本を読んでいられるような居心地の良い雰囲気の本屋を作りたいと思うようになりました。」

代表のパク・ジュヨンさんがそう話してくれた通り、住宅街の静かな一角にあるこの書店に到着すると なんとなく我が家に帰ったかのよう落ち着きを感じるから不思議です。さりげなく置かれたソファ、自由に文筆作業ができる机、そして窓の向こう側にはこの街の日常の風景。そんな‘普通’に溶け込んだ雰囲気だから、思わず「ただいま」と言って入りたくなるのです。

  • (左)36人の作家の作品を集めた書棚
  •  (右)アイスコーヒーと手作りチーズケーキ

ジュヨンさんが愛する国内外36人の作家の作品を集めた書棚は必見。ひとたび読み始めれば、その作家の虜になってしまう面白い本ばかりが揃っています。ラインナップの中には、太宰治、夏目漱石といった私たちに馴染み深い作家の翻訳本も。 他にも大邱に関連する書籍、日本でも話題となった韓国エッセイや小説が数多く置かれているコーナーもあります。 韓国語を勉強している方なら、好きな作品の原書を一冊購入し、気に入った席に座って早速読んでみるのもいいかもしれません。

美味しい飲み物とケーキも是非味わってください!マドレーヌ、カステラ、ブラウニー、チーズケーキ、厳選した素材で作る、甘さ控えめなケーキはどれも絶品です。

  • (左)一人部屋
  • (右)書店2階はブックステイ

さて、夜の穏やかな時間は、2階にあるブックステイ(※女性客優先利用)で。一人でのんびりできる部屋と、友達と一緒に利用できる4人部屋があります。これらの空間は、全てジュヨンさんたちの手作りというから驚きです。業者に依頼することなく、床のタイル貼り、壁の塗装、ドアの設置など、全て自分たちで作り上げたそう。

宿泊は長期滞在も可。時々階下の書店に降りて、今日の一冊を探したり、展示スペースの絵や写真を鑑賞したり。それがこのブックステイの醍醐味。独立書店巡りというスロウな旅の拠点にぴったりなのです。

今夜はここに宿泊するので、一旦荷物を預け、 地下鉄1号線「峨洋橋(アヤンギョ)」駅へ。では、次の書店へ向かいます。

More info

  • 旅行者の本(여행자의 책)
  • ☞所在地:大邱広域市東区防川路2キル3(대구광역시 동구 방천로2길3)
  • ☞アクセス:
    ・大邱国際空港から徒歩約5分。
    ・大邱地下鉄1号線「峨洋橋(アヤンギョ/아양교)」駅からタクシーで約10分
  • ☞営業時間:1階独立書店「旅行者の本」平日10:00~22:00 日曜10:00~18:00
  • ☞定休日:秋夕(チュソク)・ソルラル当日1日
  • ☞電話問合わせ:+82-53-219-8080(韓国語)
  • ☞ブログ:https://blog.naver.com/traveler_book(韓国語)
    インスタグラム:https://www.instagram.com/_traveler_book/
  • ☞ブックステイ: NAVER여핸자의책で検索、예약(予約)をクリック。宿泊する日にちを選んで予約。
    あるいはEメール 2198080@naver.com で予約希望のメールを送信。
    4人部屋 25,000ウォン/1日 1人部屋 35,000ウォン/1日
    チェックイン 15:00 チェックアウト 11:00
    基本的に女性客優先のブックステイです。

猫とシティポップとカクテルと。「心_place(심플레이스)」

エッセイが充実した書店
  • (左)小さな入口。見逃さないで!
  • (右)シティポップが流れる店内

地下鉄1号線「東大邱(ドンデグ)」駅、新世界百貨店の裏手。とある小さな建物の地下へ続く階段を下りると、そこには照明を落とした隠れ家的書店があります。店に入るなり聞こえてくるのはシティッポップ。松田聖子、竹内まりや、山下達郎の懐かしのナンバーが耳に心地よく、ついついステップを踏みたくなってしまいます。気分はすっかり80年代!読書用デスクに置かれたレトロなスタンドライトや、アンティークの小物が昔懐かしい雰囲気を醸し出しています。

「気楽に楽しんでください。」
お店にいる間に何度もそう言ってくれたのは、店主のク・ヨンイルさん。この店のことを「憩いの場」と表現します。入口の看板には、シンプル本屋(심플책방)と書かれた看板が置いてありますが、実はそちらは略称。正式な店名は「心place」、心が落ち着く場所という意味。ここは心穏やかに、のんびりと過ごすための空間なのです。

  • (左)雄ネコのレモンとライム
  • (右)工夫を凝らした陳列台

店で販売する書籍の90%はエッセイ。ベストセラーになった人気作品から、独立出版物まで多彩なラインナップです。シティポップタッチのイラストがかっこいいカラーリングブックも販売しており、 購入したらすぐにお店で塗れるよう、色鉛筆も常備。奥のテーブル席では、お客さんが塗り絵にいそしんでいます。

さて、今日はどの本を買おうか、本から本へ視線を移していると、ふと足元に柔らかな感触が。そう、猫のしっぽ。この店の看板猫、レモンとライムです。気のむくままに店内を歩き、寝転び、テーブルに飛び上がる。彼らもここでゆったりとした時間を楽しんでいる、というわけです。

  • 写真左:メロンソーダ、そして石
  •  写真右:レモンツリーの下にある本は自由に読んでOK

この店ではお洒落な絶品カクテルやジュースも味わえます。甘く冷たいロマンチックな味はこの書店の雰囲気にぴったり。飲み物と一緒に、なぜか熱々の石も出されるので首をかしげる人もいるかもしれません。これは冷たいグラスを持って冷え切ってしまった手を、この石を握って温めて欲しい、という店主のユニークでセンスあるサービスなのです。 ちなみにデザートは本! 気に入った本を購入し、カクテルを味わいながらじっくり読んで、読書に飽きたら猫と遊ぶ。シティポップな地下の空間で、本に囲まれて過ごす至福の時がここにはあります。

さて、隠れ家的独立書店を満喫したら、また地下鉄の駅へ。次は大邱の中心部、繁華街に近いエリアにある独立書店へ向かいます。

More info

  • 心_place(심플레이스)
  • ☞所在地:大邱広域市東区東部路34キル4 地下1階(대구광역시 동구 동부로34길4 지하1층)
  • ☞最寄駅:大邱地下鉄1号線「東大邱(ドンデグ/동대구)」駅2番出口から徒歩約5分
  • ☞営業時間:12:00~21:00
  • ☞定休日:月曜、秋夕(チュソク)・ソルラル当日、1月1日
  • ☞電話問合わせ:+82-507-1334-9513(韓国語)
  • ☞インスタグラム:https://www.instagram.com/sim_place

マダンが素敵な大邱最初の独立書店、ザ・ポラック(더폴락)

本、雑貨、CD、Tシャツ……掘り出し物が見つかる書店
  • (左)ザ・ポラック入口
  • (右)ザ・ポラック外観

地下鉄1号線「中央路(チュンアンノ)」駅を出たら、古い街並みが残る香村洞、北城(ブクソン)路方面へ。奥まった路地の一角にあることが多い大邱の独立書店巡りは、目的地までの街並みを楽しむこともポイントです。特に香村洞は、昔から続く喫茶店や古着屋、靴屋などが立ち並ぶ古い通りが多いので、入り組んだ路地を少し迷うぐらいがむしろ楽しいエリア。細い路地で、思いがけず素敵なマダンがある一軒家を見つけたなら、そこがザ・ポラックです。

  • (左)所蔵価値の高い書籍がたくさん
  • (右)思わず手にとりたくなる美しい本

「好きなものに囲まれリラックスできるアジトを作りたい。」
そんな想いから、2012年に店主のキム・インヘさんはじめ、同級生5人で一緒にオープンした書店です。当時はまだ独立出版物を扱ったり、店主が書籍全てをセレクトするようなスタイルが珍しかった時期。ザ・ポラックは、大邱はもちろん、全国的に独立書店の先駆けともなった店なのです。

扱うのは主にグラフィック、フェミニズム、ヴィーガンの分野。 大邱では最も早くオープンした独立書店だけあり、古い独立系書籍も豊富です。エッセイや写真集を出版する独立出版社も兼ねており、これまで様々な本を出版してきました。

  • (左)ジンジャーレモンジュースとインヘさんが制作した独立出版物
  •  (右)インディーズ音楽もあり

本を買ったらすぐに帰らず、窓際の席に座ってページをめくってみましょう。ドリンクメニューは豊富なので、その日の気分や季節に合わせて選べます。天気のいい日ならマダン(庭)のテーブルでくつろぐのもおすすめ。

本だけでなく、映画や音楽も愛する店主の店だけに、映画の上映会や音楽会、イラストや絵などの展示会も開催しています。香村洞の文化空間的役割も果たすザ・ポラック。イベントがある日に合わせて出かけるのもいいですね。

次の書店までは徒歩で移動します。カメラを片手に、大邱の街の風景を楽しみながら行きましょう!

More info

  • ザ・ポラック(더폴락)
  • ☞所在地:大邱広域市中区慶尚監営1キル62-5(대구광역시 중구 경상감영1길62-5)
  • ☞最寄駅:大邱地下鉄1号線「中央路(チュンアンノ/중앙로)」駅4番出口から徒歩約5分
  • ☞営業時間:12:00~21:00
  • ☞定休日:月曜日、秋夕(チュソク)・ソルラル当日1日、1月1日
  • ☞電話問合わせ:+82-10-2977-6533(韓国語)
  • ☞公式ブログ: https://blog.naver.com/thepollack (韓国語)
    インスタグラム:https://www.instagram.com/thepollack5

かわいい雑貨と個性的な本に出会えるゴーストブックス/고스트북스

読書好きなおばけがお出迎え
  • (左)珍しい絵本やイラストブックが並ぶ
  • (右)おばけの看板が目印

ザ・ポラックから歩いて約10分。小さなビルの入り口に置かれた、本を読むかわいいおばけの看板が目印です。ちょっと暗い階段を3階まで上がり扉を開けると、白を基調とした明るい空間が広がっています。ここは文章を書くのが好きなキム・インチョルさんと、イラストレーターのリュ・ウンジさん夫婦が営む独立書店。そのお洒落な雰囲気と、センスが光る書籍セレクトで若い世代に人気があります。

  • (左)お洒落な海外書籍も多い
  • (右)夫婦で制作した独立出版物

この店の店名がゴーストブックスなのは、「手にした本の素晴らしさや著者の才能に触れた時、まるで幽霊に驚かされたように驚くことがあるから。」素晴らしい本を見つけた瞬間心躍り、ページを開いてみて嬉しくなる、そんな本との出会いがある場所です。

テーブルの上には、見ているだけでも飽きない美しい表紙の本がずらり。主にインチョルさんが社会・宇宙科学、人文書を、ウンジさんがデザインなど美術関連書を選んでいます。海外の珍しい絵本やアートブックもたくさん並んでいます。

見逃せないのは独立出版物のラインナップ。 二人が出版した本や雑誌をはじめ、独立出版界で話題の新作をたくさん取り揃えています。 一般の書店では絶対に手に入らない、個性ある本が多く、本好きにはたまりません。ハングルが読めなくても、イラストや写真だけで楽しめる本もあるので、ビビッとくる本があれば、自分へのプレゼントにいかがでしょう?

  • (左)ポスターや絵葉書なども販売
  •  (右)リトルルームの雑貨たち

このお店のもう一つの魅力は、ゴーストブックスの雑貨ブランド「リトルルーム」です。 ウンジさんが描くイラストがプリントされた絵葉書やポスター、シール、AirPodsケースなどはお土産にぴったり。可愛らしいこれらの雑貨をお目当てに遊びに行くのもいいですね。

さて、今日の独立書店巡りはここまでです。また地下鉄に乗って、今夜の宿「旅行者の本」へ戻りましょう。ベッドに横になって、買い集めた素敵な本をじっくり堪能する時間です。そして、明日の朝、また1階の書店スペースでステキな一冊と出会うことをお忘れなく!

More info

  • ゴーストブックス(고스트북스)
  • ☞所在地:大邱広域市中区慶尚監営キル212 3階(대구광역시 중구 경상감영길212 3층)
  • ☞最寄駅:大邱地下鉄1号線「中央路(チュンアンノ/중앙로)」駅3番出口から徒歩約5分
  • ☞営業時間:13:00~20:00
  • ☞定休日:火曜日、秋夕(チュソク)・ソルラル当日
  • ☞電話問合わせ:+82-53-256-2123(韓国語)
  • ☞公式ホームページ :http://www.ghostbooks.kr/(韓国語)
    インスタグラム:https://www.instagram.com/ghost__books
    ※カフェメニューとしてコーヒーがありますが、コロナ19感染防止対策の為2021年7月現在一時休止中。


  • 韓国観光案内電話 +82-2-1330 (日本語・韓国語・英語・中国語・ロシア語・ベトナム語・タイ語・マレー/インドネシア語)
    ※韓国観光公社VISITKOREAホームページ、外国語モバイルアプリ『VISITKOREA』、観光通訳案内電話1330専用アプリ『1330 Korea Travel Hotline』の画面下にある赤いアイコン「LIVE CHAT」をクリックすると、チャット形式(文字ベース)で韓国観光に関するお問い合わせも可能です。「LIVE CHAT」に関する詳しい内容はこちらをご覧ください。

※本コラムは執筆者の個人的見解であり、弊社・韓国観光公社の公式見解を示すものではありません。
※上記の内容は2021年7月現在の情報です。今後変更されることがありますのでお出かけ前に必ずご確認ください。

あなたにおすすめ 20 すべて表示
豊穣の秋 豊かなこころ交わす韓国の伝統名節・秋夕

旅行>トピックス

豊穣の秋 豊かなこころ交わす韓国の伝統名節・秋夕

もっと見る

ソウルのランドマーク、南山ソウルタワー

旅行>トピックス

ソウルのランドマーク、南山ソウルタワー

もっと見る

全州・ちょい住み感覚日帰りの旅!

旅行>トピックス

全州・ちょい住み感覚日帰りの旅!

もっと見る

秋夕に楽しむ伝統韓食レシピ

旅行>トピックス

秋夕に楽しむ伝統韓食レシピ

もっと見る

韓国の秋祭り~9月から11月まで

旅行>トピックス

韓国の秋祭り~9月から11月まで

もっと見る

人気K-ドラマ『女神降臨』ロケ地を巡る旅

旅行>トピックス

人気K-ドラマ『女神降臨』ロケ地を巡る旅

もっと見る

天然記念物センター(大田)(천연기념물센터(대전))

観光スポット>カテゴリー

天然記念物センター(大田)(천연기념물센터(대전))

もっと見る

国立中央博物館(국립중앙박물관)

観光スポット>カテゴリー

国立中央博物館(국립중앙박물관)

もっと見る

韓国南部に広がる多島海、慶尚南道・南海を行く

旅行>トピックス

韓国南部に広がる多島海、慶尚南道・南海を行く

もっと見る

南山ケーブルカー(남산 케이블카)

観光スポット>カテゴリー

南山ケーブルカー(남산 케이블카)

もっと見る

豊穣の秋 豊かなこころ交わす韓国の伝統名節・秋夕

旅行>トピックス

豊穣の秋 豊かなこころ交わす韓国の伝統名節・秋夕

もっと見る

全州・ちょい住み感覚日帰りの旅!

旅行>トピックス

全州・ちょい住み感覚日帰りの旅!

もっと見る

秋夕に楽しむ伝統韓食レシピ

旅行>トピックス

秋夕に楽しむ伝統韓食レシピ

もっと見る

韓国の秋祭り~9月から11月まで

旅行>トピックス

韓国の秋祭り~9月から11月まで

もっと見る

夏だ!遊ぼう!韓国のウォーターパーク!

旅行>トピックス

夏だ!遊ぼう!韓国のウォーターパーク!

もっと見る

人気K-ドラマ『女神降臨』ロケ地を巡る旅

旅行>トピックス

人気K-ドラマ『女神降臨』ロケ地を巡る旅

もっと見る

全ての瞬間が君だった。<br>人気ドラマ『キム秘書はいったい、なぜ?』ロケ地探訪

旅行>トピックス

全ての瞬間が君だった。
人気ドラマ『キム秘書はいったい、なぜ?』ロケ地探訪

もっと見る

景福宮(경복궁)

観光スポット>カテゴリー

景福宮(경복궁)

もっと見る

アート、文化、メルヘンの世界が広がる、坡州。

旅行>トピックス

アート、文化、メルヘンの世界が広がる、坡州。

もっと見る

「隠れた観光スポット」を巡る忠清北道・世宗市の旅・その1~清州編~

旅行>トピックス

「隠れた観光スポット」を巡る忠清北道・世宗市の旅・その1~清州編~

もっと見る

お問い合わせ

観光通訳案内電話1330・LIVE CHAT チャットで韓国観光に関するお問合せ、24時間対応!

KTOライブチャットを開く(インストール不要)

メッセンジャーアプリを開く(要インストール)
top