2021年10月23日 (土) 21:16 (KST +0900) 韓国 ソウル

imagine your korea

地域ガイド

エリア検索

済州タンチョムル洞窟[ユネスコ世界遺産(自然遺産)](제주 당처물동굴 [유네스코 세계자연유산])

  • 済州タンチョムル洞窟[ユネスコ世界遺産(自然遺産)](제주 당처물동굴 [유네스코 세계자연유산])
  • お知らせ ※ 学術研究目的のみ出入り可能
    (要事前訪問申請/一般観光客見学不可)
  • 住所 済州特別自治道 済州市 旧左邑 月汀里
    제주특별자치도 제주시 구좌읍 월정리 1457외 4필
  • タイプ 湖/川/洞窟
  • お問い合わせ・案内 +82-1600-0064
  • ホームページ http://www.cha.go.kr
  • 概要
    概要
    タンチョムル洞窟は済州市(チェジュシ)から国道1132線で東におよそ27キロメートル進んだ場所にあります。
    タンチョムル洞窟は、火山活動により地下3キロメートルほどのところに形成された溶岩洞窟で、32万年前に作られたものと推定されています。
    洞窟は自然の入口がなく、外部に露出していないため、洞窟の姿がそのまま保存されています。
    タンチョムル洞窟は溶岩洞窟ですが、洞窟の上の地表面に堆積した貝砂の石灰成分により作られた二次生成物により、石灰洞窟を彷彿とさせる洞窟となっています。
    つららのような形をした鍾乳石や洞窟の床から突出し形成された石筍、そして鍾乳石と石筍が交わり柱となった石柱など、洞窟の生成物が非常に発達しており、特に細長い鍾乳石や柱状の石柱が洞窟全体に渡って大きく発達しています。
    タンチョムル洞窟は小規模の洞窟でありながら、洞窟内の二次生成物の種類が大変多種多様で、地質学的価値が高いため、天然記念物に指定し保護されています。

    面積:857平方メートル
    所有者:パク・スノク氏ほか5人

    ※拒文オルム溶岩洞窟系のうち世界自然遺産に指定された洞窟はペンディ窟、万丈(マンジャン)窟、金寧(キムニョン)窟、龍泉(ヨンチョン)洞窟、タンチョムル洞窟です。

    指定現況
    [済州タンチョムル洞窟]天然記念物第384号(1996年12月30日指定)

  • 観光地
  • 宿泊
  • レストラン
  • ショッピング
  • アクセス

Visit Koreaでは、ここで紹介した情報に関する直接的・間接的な損害について一切責任を負いかねます。

あなたにおすすめ すべて表示
お問い合わせ

観光通訳案内電話1330・LIVE CHAT チャットで韓国観光に関するお問合せ、24時間対応!

KTOライブチャットを開く(インストール不要)

メッセンジャーアプリを開く(要インストール)
top