2022年5月27日 (金) 08:58 (KST +0900) 韓国 ソウル

imagine your korea

地域ガイド

エリア検索

赤裳山史庫址(적상산사고지)

  • 赤裳山史庫址(적상산사고지)
  • 赤裳山史庫址(적상산사고지)
  • 赤裳山史庫址(적상산사고지)
  • 赤裳山史庫址(적상산사고지)
  • 赤裳山史庫址(적상산사고지)
  • 赤裳山史庫址(적상산사고지)
  • 住所 全羅北道 茂朱郡 赤裳面 山城路960
    전라북도 무주군 적상면 산성로 960
  • タイプ 遺跡/史跡
  • お問い合わせ・案内 茂朱郡観光案内+82-1899-8687
  • ホームページ 茂朱文化観光http://tour.muju.go.kr(韓国語)
    文化財庁http://www.cha.go.kr/(韓国語)
  • 概要
    概要
    1592年の壬辰倭乱(文禄・慶長の役)のときにソウルの春秋館をはじめとした全国の史庫が焼失し、春秋館を除いた鼎足山・太白山・妙香山・五台山などに新しい史庫を設置することになりました。1614年に天恵の要塞として知られた茂朱の赤裳(チョクサン)山に実録殿を建てて妙香山の実録を移し、1641年には璿源(ソンウォン)閣を建てて王室の族譜である『璿源録』を保管していました。後に日本により史庫が廃止されるまで、300年以上国家の貴重な国史を保存してきた韓国5大史庫の一つで、全羅北道記念物第88号に指定されています。
    この史庫跡は残念ながら赤裳揚水発電所ダムが建設されて水没し、安国寺とともにダムの上側に移転を余儀なくされました。赤裳山は四方が切り立った岸壁で、絶壁周辺にはカエデの木が多く、秋には山全体が赤いスカートを履いたように見えることから「赤裳山」という名前が付きました。

    指定現況
    赤裳山史庫址遺構:全羅北道記念物第88号(1995年6月20日指定)

  • 観光予報
  • 観光地
  • 宿泊
  • レストラン
  • ショッピング
  • アクセス

Visit Koreaでは、ここで紹介した情報に関する直接的・間接的な損害について一切責任を負いかねます。

あなたにおすすめ すべて表示
お問い合わせ

観光通訳案内電話1330・LIVE CHAT チャットで韓国観光に関するお問合せ、24時間対応!

KTOライブチャットを開く(インストール不要)

メッセンジャーアプリを開く(要インストール)
top