2022年1月22日 (土) 08:59 (KST +0900) 韓国 ソウル

imagine your korea

トピックス

トピックス

世界も注目!隠れた魅力を求めてソウルの中心・鐘路を歩く

  • Tag etc Food History Shopping Trend
  • 日付2021/12/03
  • Hit1416
鐘路・ 西巡邏(ソスルラ)キル

ソウルを東西に流れる漢江(ハンガン)の北・江北(カンブク)地域。その中心地で古の時代から栄えている街といえば、ソウルを旅した人なら一度や二度は訪れたことがある鐘路(チョンノ)。
そんな鐘路ですが近年、世界からも注目を集めるエリアとして再び脚光を浴びています。イギリスの雑誌『Time Out』では今年10月 『世界で最もクールな街49(The 49 coolest neighbourhoods in the world)』という記事を掲載、鐘路3街を49ある世界の魅力ある街の三番目として取り上げ、詳しく紹介しました。
世界が注目し様々な世代が集まる鐘路。ここ鐘路の魅力の秘密は一体何なんでしょうか。韓国の過去と現在、昔を懐かしむ世代と若い世代、レトロさと洗練された美しさが共存するソウルの中心・鐘路の中でも、今回は鐘路3街にスポットを当て、鐘路の隠れた魅力をご紹介したいと思います。

伝統市場の醍醐味が味わえる、広蔵市場

広蔵市場入口(上)、おいしいトッポッキ(左下)、寒い冬にピッタリなオムク(右下)

ソウル特別市鐘路区礼智洞(イェジドン)にある広蔵市場は韓国の人々の活気あふれる日常の風景が感じられるところ。
広蔵市場はおよそ100年前、韓国初の常設市場として誕生した市場で、韓服の生地やカーテン、寝具類など織物製品の卸売・小売店舗が軒を連ねる市場です。
近年では小さなキムパプ・コマキムパプや緑豆で作ったお焼き・ピンデトク、ユッケなどグルメで一躍有名になりました。市場中に漂うおいしそうな匂いに誘われ歩いていると、いつしか目の前には屋台が現れるはずです。

広蔵市場おすすめのグルメ

ユッケにぶつ切りのテナガダコの刺身を添えたユッケナクチタンタンイ

広蔵市場に足を踏み入れると、あちらこちらにユッケのお店があるのに気づきます。広蔵市場でユッケを味わおうという方には、ユッケにぶつ切りのナクチ・テナガダコの刺身が添えられたユッケナクチタンタンイがおすすめ。生の牛肉のたたき・ユッケの味わいに弾力あるテナガダコの食感が相まって、大変美味なユッケナクチタンタンイ。生きたままのテナガダコを「タンタン!」と音と立てて刻む、そんな様子もタンタンイという名前から思い浮かびます。

山盛りになったチャプチェ(上)、からしソースにつけて味わうコマキムパプ(下)

英『Time Out』誌で広蔵市場のおすすめグルメとして紹介されたのがこのミニキムパプ『コマキムパプ』。からしソースをつけて食べるコマキムパプは、やみつきになる味わいで、別名『麻薬キムパプ』とも呼ばれています。
この他にもサツマイモのでんぷんで作った麺・タンミョンに千切りの肉や様々な野菜を入れて炒めた『チャプチェ』もおすすめ。下ごしらえが面倒なだけあって韓国の家庭では特別な日によく料理するチャプチェですが、ここ広蔵市場では手ごろな料金でいつでも気軽に味わうことができます。

アルミ箔の皿に盛られたピンデトクと紙コップに入ったホットク

広蔵市場のおすすめグルメはこれだけではありません。緑豆で作ったピンデトクや日本でもメジャーになったホットクもイチオシです。
中に様々なナッツ類や蜜が入ったホットクはアツアツで冬のおやつに最高です。
また緑豆を挽いた作った生地にもやし、豚肉などを加え焼き上げるピンデトクは空腹を満たすおやつに、そしてマッコリとともに酒の肴として有名なグルメ。特にピンデトクは『ピンデトク紳士』という懐かしの韓国歌謡にも歌われるほど昔から庶民に馴染みの料理で、広蔵市場で一番人気のグルメです。

More info

  • 広蔵市場
  • ☞ 所在地: ソウル特別市 鐘路区 昌慶宮路 88 (서울특별시 종로구 창경궁로 88)
  • ☞ 最寄駅:
    ・ソウル地下鉄1号線鐘路5街駅下車、7・8番出口そば
    ・ソウル地下鉄2・5号線乙支路4街駅下車、4番出口から徒歩3分(210m)
  • ☞ 営業時間:
    ・市場: 9:00~18:00 (日曜日休業)
    ・古着市場(旧製市場):10:00~19:00 (日曜日休業)
    ・うまいもん通り(モクチャコルモク): 9:00~23:00(年中無休)
    ※市場の各店舗の営業時間についてはそれぞれ異なります。詳しくは各店舗にお問合せください。
  • ☞ 公式ホームページ: http://www.kwangjangmarket.co.kr(日本語あり)

散策コースとして人気急上昇!西巡邏キル

宗廟西側の塀伝いに続く西巡邏(ソスルラ)キル

広蔵市場で腹ごしらえをしたら、本格的に鐘路の隠れた魅力を探しに出かけましょう。
まずご紹介するのは世界文化遺産・宗廟の西側の塀伝いに続く道・西巡邏(ソスルラ)キル。
この西巡邏キルはこじんまりとした物静かな雰囲気が人気を呼び、今では散策コースとして人気急上昇の場所。
塀の向こう、宗廟の境内側には大きな古木があり、夏には緑の葉が生い茂り西巡邏キルの方へ格好の日陰を作り、そして秋には美しい紅葉の風景となるなど、一年を通じて西巡邏キルに彩りを与えています。
周囲の風景を楽しみながら西巡邏キルを歩んでいくと、通りの中ほど辺りに伝統工房やジュエリーのセレクトショップ、カフェやパブなど様々なお店が軒を連ねているのが見えてきます。個性豊かなお店がいっぱいなので、ちょっと覗いて気に入ったところで一息つくのもいいかもしれません。

K-工芸通りを歩く

ソウルジュエリー支援センター第2館・スペース42の外観 (上)、ソウルジュエリー支援センター第2館・スペース42の内部(左下)、韓国の美を表現したジュエリー工芸商品(右下)

K-ゾンビ旋風を巻き起こしたNetflixドラマ『キングダム』。そのドラマの中で小道具として使われた、現在の身分証のような役割を果たした号牌(ホペ)やかんざしが作られたのは、実はこの西巡邏キル沿いにある伝統工芸工房だったということをご存じでしょうか。ここ西巡邏キルはK-工芸通りと呼ばれるほど工芸工房が数多くあることで有名な場所です。
中でもジュエリー工芸作品を気軽に購入できるおすすめの場所が、ソウルジュエリー支援センター第2館『スペース42』。このスペース42は韓国の新進ジュエリーデザイナーらのさまざまな作品が展示・販売されている複合文化スペースで、1階にはジュエリーセレクトショップ、2階には休息スペースと訪問客自らジュエリーを制作できるコーナーもあります。

韓屋で味わうグルメ

  • CAFÉ SASAの外観(左上)
  • CAFÉ SASAの代表ドリンク・ヨモギラテと果物の蜜漬け・果片(クァピョン)(右上)
SEOUL GYPSY 店内(中) SEOUL GYPSYのクラフトビールとボルケーノポテトサラダ(下)>

西巡邏キルを散策し、ちょっと疲れたらお休みタイム。コーヒーやドリンクで憩いのひとときをお過ごしになりたい方には『CAFÉ SASA』、クラフトビールでのどの渇きを潤したい方には『SEOUL GYPSY』がおすすめです。
韓国の伝統建築・韓屋(ハノク)様式のCAFÉ SASAは、『Time Out』誌の記事の中の「完璧な一日」のコースの中のひとつに取り上げられ、特に 「ヨモギラテ」がおすすめと紹介しています。
また1950年代の韓屋をリモデリングし、独特な雰囲気を醸し出すSEOUL GYPSYでは挑戦的で実験的なクラフトビールのほか、ベトナム式チキンやタイ式サラダなど異国情緒あふれる各国の料理も味わえます。

韓国の伝統文化に触れる

韓国セクトン博物館展示室(上)、韓国伝統の色彩で原色鮮やかなセクトンの子ども用韓服(左下)、韓国の伝統装身具(右下)

西巡邏キル最後の訪問先は韓国の伝統文化に触れてみましょう。
伝統韓屋様式と現代的な室内インテリアが融合したスペース『韓国セクトン博物館』は韓国伝統の衣服文化を垣間見ることができるところ。
「セクトン」とは陰陽五行思想を基にした韓国伝統の原色鮮やかな色彩の縞模様のそで地のことで、韓国セクトン博物館ではこのセクトンを使った伝統婚礼服や満1歳の誕生日のときに子供に着せるトルボクなどを展示しています。またミュージアムショップではマグカップ、パウチなどセクトンを現代的にアレンジした様々なグッズも販売しています。

More info

  • ソウルジュエリー支援センター第2館『スペース42』
  • ☞ 所在地: ソウル特別市 鐘路区 西巡邏キル 83(서울특별시 종로구 서순라길 83)
  • ☞ 最寄駅: ソウル地下鉄1・3・5号線鐘路3街駅下車、8番出口から徒歩4分(250m)
    ※韓国観光公社日本語ホームページ「韓国地図」で「ソウルジュエリー 支援センター2館」と入力の上、位置をご確認ください。なお、地図上に表示される地番住所(ソウル特別市 鐘路区 勧農洞 190-2)と上記所在地は同一の場所です。
  • ☞ 営業時間: 10:00~19:00 (月曜日及び公休日休業)
  • ☞ 電話番号: +82-2-1670-1420 (韓国語)
  • ☞ 公式ホームページ: https://space42.or.kr/ (韓国語)
  • CAFÉ SASA(카페 사사)
  • ☞ 所在地: ソウル特別市 鐘路区 西巡邏キル 147 1・2階(서울특별시 종로구 서순라길 147 1・2층)
  • ☞ 最寄駅: ソウル地下鉄1・3・5号線鐘路3街駅下車、7 番出口から徒歩 8分(520m)
    ※韓国観光公社日本語ホームページ「韓国地図」で「CAFE SASA」と入力の上、位置をご確認ください。なお、地図上に表示される地番住所(ソウル特別市 鐘路区 勧農洞 144-1)と上記所在地は同一の場所です。
  • ☞ 営業時間: 月曜日~金曜日 12:00~21:00/土・日曜日 11:00~21:00
  • ☞ 電話番号: +82-2-762-7001 (韓国語)
  • ☞ 公式ホームページ: https://www.instagram.com/sasa_seoul/ (韓国語)
  • ☞ 主なメニュー:ヨモギラテ
  • SEOUL GYPSY(서울집시)
  • ☞ 所在地: ソウル特別市 鐘路区 西巡邏キル 107(서울특별시 종로구 서순라길 107)
  • ☞ 最寄駅: ソウル地下鉄1・3・5号線鐘路3街駅下車、7 番出口から徒歩 4分(300m)
    ※韓国観光公社日本語ホームページ「韓国地図」で「シャトーショコラ 昌徳宮店」(昌徳宮の前に半角スペース)と入力の上、位置をご確認ください。SEOUL GYPSYはシャトーショコラ昌徳宮店と表示される場所から直線距離で東に50mほど先にあります。
  • ☞ 営業時間: 火曜日~金曜日 17:00~24:00 /土・日曜日 15:00~23:00 (月曜休業)
  • ☞ 電話番号: +82-2-743-1212 (韓国語)
  • ☞ 公式ホームページ: https://www.instagram.com/seoulgypsy/ (韓国語)
  • ☞ 主なメニュー:クラフトビール
  • 韓国セクトン博物館(한국색동박물관)
  • ☞ 所在地: ソウル特別市 鐘路区 栗谷路10キル 85-7(서울특별시 종로구 율곡로10길 85-7)
  • ☞ 最寄駅: ソウル地下鉄1・3・5号線鐘路3街駅下車、8 番出口から徒歩 3分(180m)
    ※韓国観光公社日本語ホームページ「韓国地図」で「韓国セットン博物館」(検索時はセクトンではなくセットン)と入力の上、位置をご確認ください。なお、地図上に表示される地番住所(ソウル特別市 鐘路区 勧農洞 187-25)と上記所在地は同一の場所です。
  • ☞ 営業時間: 10:30~18:00 (日曜日・月曜日休館)
  • ☞ 入館料: 大人 6,000ウォン/子ども・青少年 5,000ウォン
  • ☞ 電話番号: +82-2-765-9286 (韓国語)
  • ☞ 公式ホームページ: https://www.saekdongmuseum.com/ (韓国語・英語)

新しさとレトロさが味わえる!ニュートロ旋風の中心地・うまいもん通り

鐘路3街駅6番出口すぐそばにある焼肉通り

鐘路といえば忘れてはならないのが様々なグルメ。焼肉通り、屋台通りなど長年営業を続ける店が集まる通りから、新しさとレトロさが感じられるいわゆる「ニュートロ」ブームの波に乗って登場した益善洞(イクソンドン)のカフェ通りまで、老いも若きも世代を超えて人気のグルメ店が軒を連ねるうまいもん通りがここ鐘路にはたくさんあります。

老舗の味を実感!焼肉通り

釜蓋の上で焼くサムギョプサル(上)、サンチュに包んで食べると最高!サムギョプサル(下)

鐘路3街駅6番出口そば、益善洞(イクソンドン)の南にある通称「焼肉通り(고기 골목)」にはサムギョプサル、カルメギサル(豚ハラミ)など主に豚の焼肉が食べられるお店が軒を連ねています。
長年営業を続ける老舗のお店であるほどその味わいに年季を感じる美味さを感じますが、 中でもサムギョプサルを大きな釜の蓋の上で焼いて食べる「トンテジチプ(통돼지 집)」がおすすめ。韓国の人々のソウルフードとも言うべきサムギョプサルは、いまでは世界の人々にも人気が高く、近年、オックスフォード英語辞典に掲載されたほど。アツアツの釜蓋の上でサムギョプサルとキムチをこんがりと焼き、サンチュやえごまの葉で包んで食べれば最高!さらに韓国の食文化を極めたい方には、締めに肉を焼いた釜蓋の上でキムチやチーズなどを加えてポックンパプ(焼き飯)をどうそ!

益善洞で味わう絶品デザート

益善洞の韓屋カフェ・清水堂(チョンスダン)入口(上)、清水堂の黒胡麻プロマージュケーキ(下)

若者たちのホットプレイスとして有名な益善洞のカフェ通りではユニークなデザートを味わうことができます。その中のひとつ、韓屋カフェ『清水堂(チョンスダン)』では注文を受けてから焼き上げる温かなスフレカステラ、黒胡麻で作るケーキ、そして珈琲豆を石臼で挽くドリップコーヒーなどがあり、人気を呼んでいます。また、清水堂はフォトスポットとしても有名なカフェで、東洋の美しさが感じられる竹灯篭や店の玄関まで続く飛び石、自然を模して配置された石や苔が印象的な庭の造景もまた、このカフェならではの自慢です。

夜更けは屋台で

夜の熱気を感じる鐘路の屋台通り  (上)、屋台で楽しむ韓国焼酎と酒の肴(下)

夜の帳が降りる頃、ソウル地下鉄1・3・5号線の乗換駅・鐘路3街駅の3番出口から楽器商店街として有名な楽園(ナグォン)商店街の方へ向かって歩いていくと、道沿いにはテントを張った屋台がずらりと並んでいる光景が見られます。そう、ここは鐘路名物の「屋台通り」。
温かなムール貝のスープ・ホンハプタン、鶏の足を甘辛ソースで炒めたタクパル、ヌタウナギの炒め物・コムジャンオクイ、パジョンなど、路上の屋台に置かれたテーブル席に座って韓国の屋台料理を思う存分味わうことができます。
屋台通りもまた焼肉通りとともに『Time Out』誌の記事の中で鐘路3街での「完璧な一日」のコースの締めに紹介されています。韓国の人々が楽しむアフター5を実感してみたい方はぜひ屋台通りでおいしい料理を囲みながら一杯いかがでしょうか。

More info

  • トンテジチプ(통돼지 집)
  • ☞ 所在地: ソウル特別市 鐘路区 水標路28キル 44(서울특별시 종로구 수표로28길 44)
  • ☞ 最寄駅: ソウル地下鉄1・3・5号線鐘路3街駅下車、6番出口から徒歩1分(110m)
    ※韓国観光公社日本語ホームページ「韓国地図」で「トンテジチッ」と入力の上、位置をご確認ください。なお、地図上に表示される地番住所(ソウル特別市 鐘路区 敦義洞 17-1)と上記所在地は同一の場所です。
  • ☞ 営業時間: 12:00~22:30(日曜日休業)
  • ☞ 電話番号: +82-2-743-0683 (韓国語)
  • ☞ 主なメニュー: トンテジサムギョプサル
  • 清水堂(청수당=チョンスダン)
  • ☞ 所在地: ソウル特別市 鐘路区 敦化門路11ナキル 31-9(서울특별시 종로구 돈화문로11나길 31-9)
  • ☞ 最寄駅: ソウル地下鉄1・3・5号線鐘路3街駅下車、6番出口から徒歩3分(250m)
    ※韓国観光公社日本語ホームページ「韓国地図」で「清水堂」と入力の上、位置をご確認ください。なお、地図上に表示される地番住所(ソウル特別市 鐘路区 益善洞 144)と上記所在地は同一の場所です。
  • ☞ 営業時間: 11:30~22:00
  • ☞ 電話番号: +82-507-1318-8215 (韓国語)
  • ☞ 公式ホームページ: http://www.glowseoul.co.kr (韓国語)
  • ☞ 主なメニュー:ストーンドリップコーヒー、オリジナルエッグスフレカステラ
  • 韓国観光案内電話: +82-2-1330 (日本語・韓国語・英語・中国語・ロシア語・ベトナム語・タイ語・マレー/インドネシア語)
    ※韓国観光公社VISITKOREAホームページ、外国語モバイルアプリ『VISITKOREA』、観光通訳案内電話1330専用アプリ『1330 Korea Travel Hotline』の画面下にある赤いアイコン「LIVE CHAT」をクリックすると、チャット形式(文字ベース)で韓国観光に関するお問い合わせも可能です。「LIVE CHAT」に関する詳しい内容はこちらをご覧ください。

※上記の内容は2021年11月現在の情報です。今後変更されることがありますのでお出かけ前に必ずご確認ください。

あなたにおすすめ すべて表示
お問い合わせ

観光通訳案内電話1330・LIVE CHAT チャットで韓国観光に関するお問合せ、24時間対応!

KTOライブチャットを開く(インストール不要)

メッセンジャーアプリを開く(要インストール)
top